小3の子供がプリントを出さない本当の理由は?どう対処すべき?

学級通信、学校行事のお知らせ、

PTA関係のお知らせ、教材の申込用紙、など

小学生はたくさんのプリントを持ち帰ります。

 

なかにはランドセルの中を

ひっくり返してみたら

プリントが入っていて、

支払いや各種申し込みの期限が過ぎていた!

なんてことも。

 

行事の前日にそのお知らせのプリントを発見!

なんて話も我が家では良くあることですよ。

 

そこで、子どもがプリント出さない理由と

そのときの効果的な対処方法について

私が行ったお話しをします。

 

今回は学校には慣れてきて

気が緩みがちになってる、

小3の子供の話ですが、

子供プリント出さないって小3らしい単純な理由でしたよ。

 

 

 

スポンサーリンク

小3の子供がプリントを出さない本当の理由とは?

 

授業参観で

教室の我が子の机を探ってみたら、

くしゃくしゃになったプリント

奥から何枚も出てきたなんてことも…

 

何度言っても

プリントを出してくれないと、

困ってしまいますよね。

 

 

子どもがプリント出さない

といっても

そこには様々な理由があります。

 

また忘れてる!

何回も言ったのに!

と怒りたくなる気持ちも分かります。

 

私も子どもについガミガミ言ってしまいます。

しかしまずは冷静になって、

その理由を探ると、理由って以外と簡単な事でした。

 

 

〇単純にすっかり忘れている

 

小3なら

単純なこの理由が多いのではないでしょうか。

 

悪気はないのですが、

まだ小さいうちは視野も狭く

ランドセルに入っているはずの

プリントすら見えていないことも!

 

見えてれば、必ず出すんですけどね。

 

〇プリントを大切なものだと思っていない

 

親は

大事な行事のプリント

必要な書類がすぐ分かります。

 

しかしそのプリントがどれだけ重要なものか

分かっていないのです。

 

大事だと思っていないから

今渡さなくてもいいや、

ということになるんだそうです(家の子によると)。

 

 

〇そもそも持ち帰っていない

 

教室で配られたら

そのまま机や棚の中に…

 

これは家で発見することができないので

手ごわいんですよね。

 

ちょっと机にしまっておくつもりが

教科書やノートに押されて

それで

引き出しの奥に入ってしまうから、もう見つからない。

 

一度や二度ではなく

何度も繰り返すようなら、

整理整頓の苦手さも原因かもしれませんよ。

 

 

〇プリントを親に見せたくない

 

小3ではあまり多くはないかもしれませんが、

プリントを見せて

親からあれこれ言われるのがイヤ。

 

行事に親が来るのが恥ずかしい。

 

過去にプリントを渡し忘れて

厳しく叱られたから

少しでも遅れたプリントは見せたくない、

という子どももなかにはいます。

 

これを聞いたときには、へえ~最近の子供ってませてるなあ~

と思いましたが、自分の子供も1回はこういう課程を踏むんだなって覚悟しました。

 

小3の子供がプリントを出さない時にどう対処すべき?

単純に出すのを忘れているなら

単純に親に渡すのを忘れてしまっている子には

まだまだ親が手を貸して下さいね。

 

小3にもなると

一人で荷物の管理もしてほしいところですが、

学校から帰ったら

まずランドセルを空っぽにするところまで

私は見ましたよ。

正直、やりすぎかなってくらい付きっきりで見ました。

出来そうなら親が見てあげましょうね。

もう小3です。2、3回目で一人でできるようになりますから。

 

忙しくてそこまで見れない、

という人は

『お便り箱』を用意して、

持ち帰ったプリント類は

全てそこに入れる、

というようにしてもいいですね。

 

これもルールを徹底するためには

毎日根気よく声をかけなければいけません。

 

 

そして自分からプリント

出すことができたときは

認めてあげることが大切です。

 

大げさに褒められると

照れくさくなる年齢ですが、

プリント出してくれたんだね。」の

さり気ない一言が効くんです。

 

プリントが大事だと思っていないなら

プリントの重要性が分かっていない子には、

一度しっかり目を見て話すことも効果的です。

 

プリントが見られないととても困るの。

あなたも学校で困ることがあるんだよ。

だから必ずプリントを渡してね。」

と、叱るのではなく、

落ち着いて伝えて下さい。

 

または、一度痛い目に合わせてみるのも手です。

あえて手出し口出しを我慢して、

プリントを渡さないと困る場面を

体験させることも考えてみてください。

 

家に持ち帰るのを忘れるなら

プリントを持ち帰らない子の場合は、

プリントを入れる専用のファイルを用意しましょう。

 

配られるプリント

全部そのファイルに入れるようにして、

まずは学校で行方不明になることを防ぎましょう。

 

それでもファイルが役に立たないなら、

学校の先生に協力をお願いしなければいけません。

 

机が整頓されているか

プリントやファイルをランドセルに入れたか、

一声かけてもらいたいところですが、

先生は何十人もの子どもを見ています。

 

ただ声をかけるだけでも

こちらが思うよりかなり負担になります。

 

ただ要求するのではなく、

子どもがここでつまずいている、という

相談をする中で良い支援の仕方を

いっしょに探っていけるといいですね。

 

プリントを見せたくない子供なら

プリントを見せたがらない子には

日ごろのコミュニケーションが大切です。

 

何がイヤなのか

親にはどういうことを言ってほしくないのか、

親はどんな気持ちで学校行事を見に行きたいのか、

普段から話ができるといいですね。

 

 

 

まとめ

 

小3はギャングエイジ

と呼ばれる年代に入ったところです。

 

親より友達同士の価値観を

大事にする時期でもあり、

親の言うことを聞かなくなってきたな、

と実感する時期でもあります。

 

逆に言えば、

親が望む生活習慣を身につける

最後のチャンスとも言える時期です。

 

言うことを聞かなくて

くじけそうにもなりますが、

ここで根気よくプリントを出す習慣をつけておくと、

思春期の入り口に立つ高学年で

きっと楽になります。

 

あきらめずに

いろいろな方法を試してみてください!