小5の息子が宿題ないと嘘をつくのはなぜ?対処法は?

 

小さい頃は素直でかわいかった息子も、

小学校高学年にもなれば

言うことは聞かないし

口答えもしてきます。

 

だんだん親から離れていくころですね。

 

子どもはなぜ宿題ないと嘘をつくのか、

そんなとき親はどんな対応をするべきなのか、

お伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

小5の息子が宿題ないと嘘をつくのはなぜ?

 

親と先生が話す機会があれば

宿題をしてこなかったことは

すぐバレますね。

 

それなのになぜ嘘をついてまで

宿題をしないのでしょう。

 

 

まず考えられるのはシンプルに、

宿題が嫌い、したくないから、

です。

 

自分のためにならなくても、

先生から怒られても、

嫌いなことはしたくないのです。

 

 

大人からしたら

まさかそんな理由で…!

と思いますが、

子どもには「なんとなくしたくない」

という理由だけでも十分なのです。

 

 

そしてもう一つ、

似たような理由があります。

他にしたいことがあるから、です。

 

友達と遊びたい、

ゲームがしたい、

やりたいことがいっぱいあって、

面倒な宿題どころではないのが

正直な気持ちでしょう。

 

 

そうは言っても

宿題をしていかないと困るだろう、

と思いますが、

実は子ども自身は

それほど困っている実感がない場合もあります。

 

 

または、

宿題の内容が難しくて

できないことが理由かもしれません。

 

小学生の問題とはいえ、

小5にもなると結構難しいです。

大人でも頭を抱えるような文章題、

とっさに出てこない漢字など…

 

さらに、

親が声をかけるタイミングが

合わなかったことが原因かもしれません。

 

宿題やった?」

に対して、とっさに誤魔化そうとして

「今日はないよ」

と言ってしまったから

後から修正できなくて、なんとなく

そのまましなかったかもしれませんね。

 

宿題ないと嘘をつく小5の息子にどう対応すべき?

様々な理由が考えられますが、

親の対応で大事なことは、

まず感情的にならないことです。

 

もちろん嘘をつかれて悲しい、

ということは感情的に訴えていいのです。

 

しかしそのまま宿題をさせようと

感情的に怒っても、

自主的に宿題をするようになる

期待はもてません。

 

 

冷静になったときに

子どもの意見も聞きながら

家庭内での学習のルールを決めては

いかがでしょうか。

 

宿題をして親がチェックしたら

ゲームなど好きなことをしてよい、

と約束することも有効なようです。

 

私の知人は

宿題だけでなく自主学習もチェックして

内容もOKだったらゲームOKという

ルールにしたところ、

ゲームがしたいという動機ではあるものの、

きちんと内容も濃い学習をするようになったそうです。

 

動機はどうあれ、

まずは家庭学習の習慣をつけられれば良い、

という考えですね。

 

さらに見せに来た宿題や学習を見て、

「丁寧に書けている。」「難しい問題も頑張った。」

と褒める機会になり、

高学年男子といえども満更ではないようです。

 

 

仕事や家事で忙しく

そこまで手をかけられない、

という人は、かける言葉を変えるだけでも

全然違いますよ。

 

宿題やったの?」

ではなく「宿題できたら見せてね。」

宿題できそうなときにしとこうね。」

と声をかけて、

あとは本人の自主性に任せるのも手です。

 

あえて口出ししすぎない、

でもあなたのことは気にかけているよ、

というメッセージを発信する

方法です。

 

 

そして宿題をしなかったときに、

たとえば先生から叱られた、とか

友達の前で恥ずかしい思いをした、

と困った状況に自分で気づくことができれば

自分で気をつけるようになるものです。

 

気にしていなかった周囲の状況や、

自分の立場、周りの人の気持ちも、

成長するにつれて

気になってくるようです。

 

成長を信じて「待つ」

というのも対応のひとつです。

 

小5の特徴

言うことは聞かないし

口答えもしてきます。

 

そんな小5の息子、

よく「宿題は今日ないよ。」と

遊んだりゲームをしたり。

 

ある日、担任の先生やママ友と

おしゃべりしていると、

実は宿題は出ていて

息子は提出していないことが判明!

 

子供の言葉を信じていたのに

とてもショックですよね。

 

 

高学年にもなれば

勉強の内容も難しくなるのに、

宿題をしないと学習内容が定着しないのではないか、

という心配もありますが、

何より嘘をつかれていたことが

ショックで悲しいですよね。

 

しかも叱っても同じことを繰り返す、

諭しても平然としている、

と我が子への対応に

困っている方もいるのではないでしょうか

 

こうやって子供からだんだん親離れしていくんでしょうね。

 

 

まとめ

 

子育てにおいて

「待つ」ってとても難しいですよね。

 

大事なことと分かっているけど、

私もまだ「待つ」ことは

修行中です。

 

つい口出ししたくなる気持ちは

よくわかります。

 

ただ、これだけは気を付けてほしいこと、

それは

人格を否定しない

ということです。

 

宿題をしなくても、

嘘をついても、

「あなたは嘘つき」

と人格を否定してしまっては、

今後の成長に悪い影響があります。

 

高学年の子どもの自主性は尊重しつつ、

しっかり見守っていきたいですね。