甘いいちごの見分け方!スーパーで買うときのコツと酸味を隠す食べ方!

赤いいちごなのに、食べたら酸っぱい。

 

いちごがおいしい季節でも、スーパーで買うと当たり外れが大きいんですよね。

 

おいしくて甘いいちご見分け方や、スーパーで買う時のコツ、そして、酸っぱかった場合のおいしい食べ方を

失敗続きで学んだ私のいちご愛とともにお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

甘いいちごの見分け方は、スーパーで並んだ色・形・へたのココ!

 

スーパーいちごをじっくり見て、よさそうなものを選んでも、食べたら酸っぱいものを買ってしまう場合もありますよね。

 

1パックのお値段がなかなかする果物です。

せっかく買うなら、失敗の無いように、甘くておいしいものを買いたいですよね。

 

甘いいちご、すなわち、おいしいいちご見分け方をご紹介します。

ヘタを見る。

ヘタを見ましょう。新鮮なものほど、反り返っています。

ヘタの色は、できるだけ濃い緑のものを選びましょう。

種とその周りを見る。

いちごのツブツブが、いちごの種です。

そのツブツブが埋まりそうなくらい、実のほうが盛り上がっていると、新鮮でおいしいと言われています。

色や光沢を見る。

色は、鮮やかで、濃い赤のものを選びましょう。赤い色が、できるだけヘタまであるものがベストです。

 

そして、光沢、ハリがあるものを選びましょう。

色が濃くても、なんとなく黒っぽかったり、ハリや光沢がなければ、入荷して日にちが経っている、新鮮ではないいちごです。

(この場合は特売されていることが多いはずです。ジャムなどにするのがおすすめです。)

形を見る。

形は、実は大きくていびつなくらいがおいしい、と言われています。

実る時に、最初に実り始めたものが、どんどん先に栄養を吸って大きくなり、いびつになってしまうそうです。

ということは、いびつなものは栄養をしっかり吸っている確率が高いのです。

大きく育っていびつになったのはおいしいいちご、と言えます。

 

上記4つのポイントを押さえて選べば、まず新鮮でおいしいいちごのはずですよ。

 

スーパーから持ち帰る時は、できるだけ荷物のトップに置き、他のものに接触しないように、そーっと持ち帰りましょう。

 

そして、寄り道せずまっすぐ帰る^^

 

 

いちごの見分け方失敗?スーパーで酸味のある苺を買ってしまったら!

そうはいっても、産地や種、その年の出来具合や、個体差などの要因で、おいしくないいちごをつかんでしまうことも、多々あります。

 

また、流通の事情もあります。

完熟して収穫すると、販売時に傷みやすくなるため、完熟させずに収穫し、赤くなる時間を置いて販売する方法を、スーパーが採っている場合があります。

そういういちごは、見た目が赤くても、酸っぱかったりするのです。

 

酸っぱい場合においしく食べる方法をご紹介します。

砂糖をまぶす。

砂糖をまぶして、しばらく置きます。

水分が出てくるまで待ちます。

表面が少し柔らかくなってきたら食べごろです。

 

私は、待てずにどんどん砂糖をつけて食べてしまう場合もあります。サトウキビ系の砂糖(きび糖)なら、ミネラルも豊富で、コクがあるので、さらにおいしく感じます。

 

子どもには、牛乳にひたしてあげるのもいいでしょう。適度に不要な砂糖が落ちるからです。

先のほうだけ食べて、あとは加工にまわす。

いちごの構造的に、先になるほど甘くなっています。

なので、いちごを半分に切り、先端側だけ食べ、(砂糖をまぶしながらでもいいでしょう)、あとは砂糖をまぶして冷蔵庫に保管し、次の日に食べるか、ジャムや砂糖煮にしてしまうかです。

 

以上、コンデンスミルク以外の方法をお伝えしました。

 

 

いちごを長持ちさせる保存方法は、冷蔵庫!?

いちごのぶよぶよは傷み具合が進んでる?傷んでる部分は除いて食べる?

 

さいごに

 

今回は、おいしくて甘いいちご見分け方と、酸っぱかった場合の食べ方についてお伝えしました。

 

スーパーなどは流通の事情で、熟れる前に収穫する場合があることを思うと、買うお店も選んだほうがいいのかな…と思います。

 

できれば、農家さんの直売所や、果物専門店で買うことができれば、おいしものに当たる確率も高くなると思います。

 

もし、酸っぱくても、おいしく食べる方法はありますから、ぜひ、試して食べてみてくださいね。