潮干狩り「貝毒」に注意!?アサリの毒で潜伏期間や症状は?子供が安全に食べるには!

 

いよいよゴールデンウィーク。だから、子供と暇を持て余すなら、食費の足しに「潮干狩り!」はちょうど良いんですよね~。

 

子どもが幼稚園や小学校3、4年生くらいまでだと、一緒に行ってくれるし!!

それが、こんなニュースで、意気消沈気味。

※ヤフーのニュースタイトル:「潮干狩り貝毒に注意を=10連休前に呼び掛け-消費者庁」

表示できません - Yahoo!ニュース

(時事通信 4/24(水) 15:57配信)

 

なんだか「毒」なんて怖いですね。

 

貝毒」って何?と気になりますよね。

 

貝毒」で症状は?「火を通したから大丈夫なんじゃないの?って不安になったので、調べたことをお伝えします。

 

スポンサーリンク

「貝毒」って何?貝毒は加熱すれば大丈夫?

自分が取ってきたアサリを食べる…普段はなかなかできない経験をさせてあげたいです。

 

しかし、潮干狩り関連で、時々聞く「貝毒」のニュースがあります。

 

アサリなどの二枚貝が、毒を持った植物プランクトンなどのエサを食べると、体にその毒がたまっていきます。

 

それが、人体に影響が出るほどの毒の量になると、「貝毒」と呼んで注意が呼びかけられます。

 

貝毒のある貝を食べてしまうと、次の症状が出ます。

 

手足のしびれや頭痛。

これを「まひ性貝毒」と言います。

食後30分ほどで、唇など顔面のしびれから症状が出てきます。

最悪の場合、死に至る怖い貝毒です。

しかし、特効的な治療法や薬は無く、安静にしてただ時間がすぎるのを待つしかありません。

12時間ほどで症状は消えるそうです。

 

しかし、こんな目にはあいたくないですよね。

 

嘔吐や下痢の症状。

「下痢性貝毒」と言います。

食後30分から4時間ほどで症状が出てきます。

こちらも対症療法しかなく、脱水に注意しながら、安静にして治すしか方法はないようです。3日ほどで治るそうですが、なりたくないですよね。

 

以上が、日本で多い貝毒の症状になります。

 

貝毒は、細菌やウイルス、寄生虫などではないので、加熱すれば解決する問題ではありません。

加熱しても、食べてしまうと具合は悪くなる、ということです。

 

「貝毒」の情報はどうやって得られるの?潮干狩りでの注意点は?

 

貝毒には人体に影響の出る値があり、それを考慮した基準値が、国の法律で決まっています。

 

市販のアサリですと、都道府県や生産者が貝の毒がどれくらいあるのか検査をします。

法律の基準を超えていなければ、出荷のOKが出ます。

 

そこで初めて販売できるわけですから、スーパーなどで買うアサリから貝毒の中毒者が出ることはまずありません。

 

しかし、一般の人が潮干狩りに出かけ、そこで採ってきた貝については、個人が調べることはできませんね。

 

なので、有料の潮干狩りスポットでは、そこの管理者が安全性を確認した上で情報を発信しています。

基準以上の貝毒が測定された場合は、潮干狩り場の中止もあり得ます。

 

情報を得る方法は、やはりネットがいちばんです。

 

例えば、「潮干狩り 貝毒 千葉県」など、最後のワードを自分が行く目的地の都道府県で検索すると、たいていはトップの方に、自治体の発信する貝毒情報が出ています。

 

かなり危険な状況ですと、「絶対に採って食べないでください!」など、強めの言葉で情報が出ていますので、その時は、もうあきらめるしかありません。

 

なお、情報の日付はちゃんと最新のものであるか、気を付けてください。

 

また、無料の潮干狩り場だったり、人の少ないレアなスポットに行くのも、最近の貝毒ニュースがある中、あまりおすすめできません。

 

どうしても行きたい場合は、そのスポットのある自治体の貝毒情報を必ず確認しましょう。

 

さいごに

 

今回は、潮干狩りの楽しい季節だからこそ注意していただきたい、「貝毒」についてお伝えしました。

 

貝毒自体は、本当は産卵期の夏に多いものです。

 

なので、有料潮干狩り場などは、貝毒を持ちやすい夏には営業を終了しています。

 

しかし、潮干狩りの全盛期である、春先にも発生する場合があるので、注意が必要です。

 

貝毒は、毒をもつプランクトンを食べることで貝に毒がたまることです。

ということは、環境がよくない証拠なのでは?という説もあります。

また、海水温が上がると貝毒が出やすい、という説もあります。

最近の貝毒は、環境問題とも深いつながりがあるようですね。

 

潮干狩りに出かける日が決まったら、潮の満ち引きを調べ、どの時間帯に行くかを決めますよね。

その時に、貝毒を調べるのも忘れないでください。

 

潮干狩りは情報収集が命」という人もいるくらいです。

 

ネットを駆使して、情報収集をし、無理そうなら断念する勇気も必要です。

 

安心安全を確保してこその潮干狩りです。

ぜひお気を付けください。

 

お子さんとの楽しい思い出ができるよう、貝毒が出ないことを祈っています!

 

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

暮らし
スポンサーリンク
主婦導