西武園ゆうえんち花火大会2019穴場スポット!子供がはしゃいでも安心して楽しめる場所・日程・駐車場・アクセスを徹底解説!

 

埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち」では毎年夏の一定の時期、週末に花火が打ち上げられます。

 

他の自治体などの花火とはちょっと違って、場合によってはゆったりと余裕を持って見られたりしますよ。

 

今年の日程、アクセス、駐車場、穴場スポットをご紹介します!

 

スポンサーリンク

「西武園ゆうえんち花火大会」2019の日程について!

 

2019年5月現在、まだ詳しい日程が発表されていません。

昨年は、7月28日29日の土日、8月4日5日の土日、8月11日12日の土日でした。

 

要するに、7月の最終週の土日、8月の第1第2週の土日に開催されるようです。

 

今年の正式な日程はまだ発表されていませんが、おそらく、上のような法則性で開催されると思います。

 

時間は、19時45分から20時10分。

1日あたり約2500発が打ち上げられます。

 

音楽に合わせて花火が打ちあがります。

フィナーレのワイドスターマインは迫力があります。

 

アクセス・駐車場情報

 

公共交通機関だと、西武鉄道「西武遊園地駅」すぐ、です。

車ですと、圏央道入間ICから車で20分、関越道所沢ICから車で30分になります。

 

駐車場は1500台分ありますが、駐車場の料金が1500円かかります。

その他、遊園地ですので入園料がかかります。(中学生以上1100円、3歳~小学生500円。)

 

花火そのものの有料席は2018年のデータでは以下の通りです。

 

S席:大人7500円、未成年者5500円、子供3500円。

A席:大人7000円、未成年者5000円、子供3000円。

ペアシート:大人7000円、未成年者5000円、子供3000円

小上がり席(6~8名):大人6500円、未成年者4500円、子供2500円など、各席1名料金。予約の受付開始は例年7月に入ってからです。

 

有料観覧席をとらなくても、園内にいれば、花火はよく見えますが、いちおう見やすい場所は、場所取りしている人も多いので、園内ならば早めに行動することをおすすめします。

 

このように、駐車場代がかかるかと思えば、園内に入るにも入園料がかかりますし、有料席など、まともに観覧しようとすると、非常にお金がかかってしまいますね。

 

でも地元民は、実はお金のかかる「園内」ではなく、「園外」で見る人が多いんですよ。

 

地元だから知っている!穴場スポット3選

 

地元だから知っている、穴場スポットをお伝えしますね。

 

多摩湖(村山貯水池)の堤防

いちばん有名な「無料スポット」ですので、若干混雑しています。

飲み物、食べ物、レジャーシートは準備していきましょう。虫よけスプレーも!

トイレはあります。

 

いなげや所沢西武園店の屋上駐車場(埼玉県所沢市荒幡1359-17)

 

大きめのスーパーですので、お子さん連れにはおすすめです。

仕掛け花火でも、一部見えるくらいの近場です。

 

駐車もできる穴場スポットです。

ただし、駐車場が無料の日と有料の日があります。

有料の日も、1000円以上の買い物で無料になりますので、お菓子や飲み物を買ってしまえばもう無料になりますね。

 

ウォータージャンプ場「S-Air」の駐車場

 

西武グループの施設で、ウォータージャンプ場「S-Air」が西武園遊園地のそばにあります。

駐車場は有料になりますが、徒歩や自転車の人は無料になります。

 

打ち上げの場所に非常に近く、駐車場代以外は無料で、こんなに迫力ある花火が見られるのか、というくらいの穴場です。

 

レジャーシート、飲食物は必須です。

ただし、トイレは近くの「西武遊園地駅」まで行かないといけないみたいです。

 

以上3つの穴場スポットをご紹介しましたが、小さい子連れなら、「いなげや」屋上駐車場がいちばんおすすめだと思います。

 

さいごに

今回は、「西武園ゆうえんち」の花火大会について日程やアクセス、駐車場、穴場スポット情報をお伝えしました。

 

他の花火大会と違い、6回も行われるので(荒天中止ですが)地元民の人も慣れてしまっています。

 

遊園地のあたりは閑静な住宅地なのですが、遊園地周囲に住む方たちは、毎年6回も花火が近隣で打ちあがるため、「花火に対してクール」と言われています。

 

こんなに花火が打ちあがる住宅地も他にないですものね。

 

あと、年に6回のメリットは、「見物客に余裕がある」というのもあります。

あまりみなさんせかせかしていません。

 

「S-Air」の駐車場も、子どもが多少騒いでも、花火の音のほうが迫力あるので、気兼ねがいらないと思われます。

 

有料観覧席は、ビアホールと化していますので、大人の観覧客には非常に人気があります。

ここで見たい!という方は公式HPをチェックして、早めの行動をしてくださいね。

 

しかし、小さい子連れには、周囲の無料で見られる「穴場スポット」がとてもおすすめです。

 

ちょっとした山の中ですので、虫が多いです。

虫よけ対策をしっかりとしていきましょう。

また、近隣は住宅街で、繁華街のようには明るくありません。暗い所も多いです。

必ず家族一緒に行動するようにしてくださいね。