35歳女性向け服とネックレスの色の合わせ方!おしゃれ度アップ!

暮らし

10代20代のときは、どんなネックレスでも、流行りのものをつけていれば、それなりに見えていたのに、

30代も半ばになるとしっくりこなくなった、と思う事ないですか?

それを恐れてネックレスを取り入れることを、ためらっている人も、いるのではないでしょうか。

そこで、服とネックレスの色の合わせ方や、全体的なコーディネートのポイントを、ご紹介したいと思います!

いつもより気分がぐっと華やかになりたい!
顔周りを華やかにしたい!
洋服とのバランスでおしゃれを楽しみたい!

おしゃれの楽しみ方が、変わりますよ。

 

スポンサーリンク

服とネックレスの色の合わせ方!おしゃれ度大幅アップ!

大事なのは、なりたい印象に合わせて、服とネックレスの色味を合わせる、ということです。

まずネックレスを選ぶときに気を付けたいのは、その日の服、なかでもトップスの色と、ネックレスの色素材の組み合わせです。

色の組み合わせの大原則としては、

白や黒のモノトーンのトップスには、シルバー系のネックレス
ベージュ系のトップスには、ゴールド系のネックレス

そこに気を付けると、大きな失敗は防ぎやすいです。

クールに着こなしたい場合

たとえばモノトーンコーデで、クールに着こなしたい場合、シルバーカラーを合わせると、スタイリッシュに決まります。

黒やネイビーの服であれば、パールもピッタリです。

こちらは華やかで上品なスタイルになるので、大人のコーデとして重宝します。

 

優し気で上品なスタイル

また、ベージュ系のトップスにゴールドカラーを合わせると、やわらかな印象になり、優し気で上品なスタイルが完成します。

 

白のトップスの場合

着る機会の多い白のトップスには、合わせるネックレスの種類も多様です。

白はクールなシルバーも、やわらかなゴールドも合うので、どちらかなりたい印象で選ぶのも良いでしょう。

シンプルな白のトップスの場合だと、程よくボリューム感のある、ガラスビーズや二連のロングネックレスなどで、ぐっと華やかな印象にしてもいいですね。

 

きれい色のトップスの場合

パステルカラーなどのきれい色のトップスの場合、せっかくのきれい色を邪魔しない、華奢なチェーンにモチーフアクセサリーのついた、ネックレスがぴったりです。

 

スポンサーリンク

注目するのは首元だけじゃない!トータルコーディネートが大事!

ネックレスを選ぶとき、トップスと合わせることは大切です。

でも、首元ばかり見ていると危険です!

ネックレスは目立つアクセサリーなので、全身のコーディネートで考えないと、ちぐはぐな印象になってしまうからです。

なりたい印象に向けて、トータルコーディネートしていくことで、まとまった洗練された雰囲気になるのです。

大人女子のおしゃれには、これはとても大切なことです!

服がシンプルで物足りない時

服がシンプルで物足りないときには、華やかな大ぶりのネックレスで、印象を変えることが出来ます。

服の主張が強い時

逆に、服の主張が強いときは、シンプルなネックレスを、とバランスを整えるコーディネートは、挑戦しやすいのではないでしょうか。

カジュアルな服

また、カジュアルな服だけだと、子どもっぽくなってしまいますが、華奢なネックレスを合わせると、女子っぽさを出すことができます。

たとえばダンガリーシャツの首元に、華奢なチェーンネックレスがのぞいていると、与える印象がまるで違ってきます

トータルコーディネートを考える

ネックレスとピアスの材質と色を、同一にしましょう。

ほかに、トータルコーディネートを考えるときは、アクセサリー同士のバランスにも気を付けましょう。

ネックレスが個性的なものなら、ほかのアクセサリーは控えめにする、といった基本的なことですが、好きなアイテムを使いたい気持ちがあると、見落としがちな点でもあります。

まとめ

35歳、大人の女性として、人に与える印象は特に重視したいものです。

仕事で責任ある立場の人、妻として、母としての立場のある人、さまざまですが、周りの人になるべく良い印象をもってもらいし、おしゃれでもいたいですよね。

ネックレスは目立つし、印象に残りやすいので、ぜひ活用して、なりたい自分を印象づけましょう。

■合わせて読みたい

>>スタージャンプはものすごい効果がある!?痩せ型お腹ぽっこり体型の主婦体験記

>>独身の友達と話が合わないのは当然なの?30歳主婦向け!

>>会社主催のバーベキュー!適度なオシャレでマナーも守る。いい大人のふさわしい服装とは