500ml ペットボトル洗い方【除菌・殺菌】重視なら洗剤・重曹?

暮らし

ペットボトル洗い方を、ただの水洗いですませていませんか?

せめて食器用洗剤で洗ってもらいたいところですが、重曹を使った洗い方がキレイになるのでご紹介します。

スポンサーリンク

簡単キレイなペットボトル洗い方

ペットボトルを洗うとき、重曹を使った洗い方が、簡単に汚れを取り除く力があるのでご紹介します。

重曹は弱アルカリ性ですので、殺菌できるほど強い力は持っていません。

しかし、菌の繁殖を抑える力や、こびりついた汚れがキレイになるので、汚れが気になるときは、使ってみてください。

重曹を使った洗い方

ペットボトルに7分目くらいまでぬるま湯をいれて、そこへ重曹を5~10g入れます。

ペットボトルをよくふって重曹を溶かしたら、さらに満タンになるまでぬるま湯を足して、数時間~1日つけ置きをします。

あとはよくすすぎます。

スポンサーリンク

重曹以外のペットボトルの洗い方

重曹以外でも、一番手軽なのは必ずどこのご家庭にもある、洗剤で洗う方法もありますよ。

食器用洗剤を使った洗い方

ペットボトルに水またはぬるま湯を半分以上いれて、そこに台所用洗剤を1~2滴いれます。

そうしたらペットボトルに蓋をして、大きく上下にふります!

20回ほどふったら中身を捨てて、あとはしっかりすすぎます。

すすぎは大事なので、水を何回か替えてしっかりふってすすいでください。


こびりついた汚れには卵

特に気になることがなければこの洗剤洗いでも十分なのですが、

ときどき、前に入っていた飲料の臭いが残っていたり、目に見える汚れがあったりしますよね。

おすすめは、重曹洗いがですが、卵の殻が使えますよ

卵の殻は、細かく砕いて使えば、隅に残った汚れをとる、研磨剤の役割をしてくれます。

卵の殻を使った洗い方

ゆで卵の殻を(生卵の殻はNGです!)できるだけ細かく砕きます。

ペットボトルに少量の水と、卵の殻を入れます。

キャップをしめてよーくふります。

カシャカシャと音を出しながら、しっかりふって汚れが落ちたら、卵の殻を捨てて、最後はきれいな水でよくすすぎましょう。

殺菌には漂白剤

何度か使ったペットボトルなら酸素系漂白剤を使うのも、おすすめです。

漂白剤なら、しっかり殺菌できるので安心ですよね。

酸素系漂白剤を使った殺菌

ペットボトルに水を入れて酸素系漂白剤を少量いれます。

ゆっくりとふって溶かしたら、そのまま10分ほどつけ置きをします。

中身を捨ててよく水ですすぎます。

ペットボトル洗浄グッズ5選

ペットボトルは口がせまいので、手を入れて洗うことが出来ずに、ついイライラしてしまいます。

イライラを解消出来るグッズをご紹介しますね。

洗剤等を使うのもいいですが、ほかにも便利なグッズを使うと、簡単に、スッキリ、汚れを落とすことができます!

ペットボトルスポンジ

長い柄の先にスポンジがついた、ペットボトル専用スポンジです。

細い口でも入れやすく、底の汚れはもちろん、飲み口あたりのカーブした部分にも、ブラシがあたり洗えます。

スポンジなので、小傷がつく心配もありません。

500ミリリットルから、2リットルのサイズまで対応で、いずれも問題なく洗えて、とてもきれいになりますよ。

水筒洗い用ブラシ

安心の日本製で、ピンクと緑のセットです。

色がめちゃめちゃかわいいく、汚れても、替えのブラシがあるのもありがたいです。

ブラシ部分が取れるので、ブラシ単品も洗って清潔にしておけるのが良いです。

入れてふるだけのペットボトル洗い

小さなスポンジの中におもりをいれた、シャカシャカふるだけのペットボトル洗いです。

ブラシは邪魔になるし、これならコンパクトなので収納に困りません。

出す時は?と心配ですが、軽く引っ張って簡単に取り出せます。

毎日の水筒洗いにも、苦になりません。

ミルトン

赤ちゃんの哺乳瓶をつけ置きして、消毒するミルトン、哺乳瓶専用のようなイメージがありますが、食器やペットボトルにも使えます。

きちんと消毒できるので、安心ですよね。

わざわざ購入するのは大変ですが、子どもが赤ちゃんのときに使っていたものが、まだ残っていたら、きっと重宝するでしょう。

ポンプタイプなら、さらに使いやすいですよ。

ペットボトルスタンド

洗浄の道具ではありませんが、洗ったペットボトルを乾かすのに、スタンドがあると便利です。

これならボトルだけでなく、キャップの置き場にも困りません。

ペットボトルの乾燥に悩んでいるなら、これを使うと、すっきり綺麗に乾燥するので、重宝しますよ。

 

まとめ

どの洗い方のときでも、しっかり乾燥させることで雑菌が増えにくくなります。

できる限り、乾燥させるようにしましょう。

キレイに洗えてる!と思うことができれば、気兼ねなくペットボトルを再利用できますよね。

身近なところでできる、エコにもなります。

ただ捨てるだけでは、もったいないな、と思われたら、ぜひここで紹介した洗い方を、実践してみてください!

■ペットボトル関連記事

>>ペットボトルを「繰り返し使用」してはいけない3つの理由とは?

■合わせて読みたい

>>熱中症予防になる子供向けのおやつは?飲み物を持たせるなら何が良い?

>>熱中症予防になる子供の朝ごはん、朝起きてスグの対策が予防のカギ!

>>子育ての臭い解消便利グッズ!これは助かる10選!