子供の名前で良いの?お宮参りの初穂料の祝い袋の名前の書き方!

お宮参りの準備始めていますか?

 

思っている以上に、お宮参りの時期は
すぐにやってきますよ。

 

お宮参りの際には初穂料を納めます。

 

封筒には「初穂料」の文字と「名前」を書きます。

 

その名前誰の名前を書くのかご存じでしょうか?

 

お宮参りの際の気になる
封筒のマナーをお伝えします。

 

スポンサーリンク

お宮参りの不安、封筒の名前誰にする?

子どもが無事産まれてホッとしたのもつかの間
数時間おきの授乳やオムツ変えに奮闘しているママ。

 

1ヶ月が近づこうとしたあたりで
お宮参りに行かないと…と
気になることと思います。

 

お宮参りは神社にお参りするのですが
なんとなくイメージはできても
さて具体的にはどうするのだろう?と
疑問が湧きますよね。

 

しきたりが多そうで
なんか間違えたら失礼になって
怒られてしまいそう…と
心配になってしまいますよね。

 

不安なことは
親御さんや近所の方
経験ある友人などに聞いたり
直接神社に聞いてしまってもいいのですが
ひとまず
ネットで調べる方も多いと思います。

 

お宮参りの様々なしきたりやマナーの中でも
今回は、
神社に納める「初穂料」についてお伝えします。

 

初穂料とは、お宮参りの際に、神社へ納めるお金です。

初穂料は祝い袋に入れて納めるのが一般的ですが
表書きの上部は「御初穂料」でよいとして
下部の名前は誰を書いたらよいのでしょうか?

 

主役は産まれたばかりの子どもだから
子どもの名前でしょうか?
世帯主である、パパさんの名前でしょうか?

 

初めてのことだと、分からないですよね。

 

 

お宮参りのマナーまとめ!初穂料の名前の書き方と渡し方

お宮参りの際
参拝するのは氏神様(産土神、うぶすなかみ)や
安産のご利益がある神社などが一般的です。

 

地域によっては
安産祈願をした同じ神社にお礼参りを兼ねて
お宮参りを行う慣習もあります。

 

このような神社が近所にあれば簡単ですし
逆にぜひお参りして
神様にご報告・御礼したいですね。

 

初穂料にしぼって述べていきます。

 

まず、お宮参りの具体的な日程を
神社に電話して
予約が必要かの確認をして
予約が必要ならば、予約します。

 

その際
初穂料はみなさんおいくらくらいになりますか?と伺ってみましょう。

 

具体的な金額を教えてくれる神社もありますが
「お気持ちで」と言われた場合は
5000円から1万円が一般的です。

 

当日、社務所に行き
お宮参りに来た旨を話し
「御初穂料」と書いたのし袋をお渡しします。

 

下のスペースに書く名前
産まれた本人
つまり、赤ちゃんの名前です。

 

地域によっては
赤ちゃんのお父さんの名前を書いて
左側に赤ちゃんの名前を書く地域もあるそうです。

 

社務所にてお渡しした初穂料
そのままご祈祷の際に
神主が祭壇へお供えしてくれます。
(お供えしない神社もあります。)

 

お宮参りの初穂料!場所によってはお金を白い封筒に…

地域によっては
わざわざ祝儀袋は使わないで
財布から出してしまうところもあるそうです。

 

地域差は考え方の違いですから
かなり合理的に考えている地域もあるのですね。

 

祝儀袋を必ず使う地域から
そういった地域へ嫁いだりして
いきなりハダカのままお金を渡すことに
抵抗がある、という方もいるかもしれません。

 

そういう時はせめて
封筒ならやりやすいですね。

 

また、
祝儀袋自体を購入するのが大変な場合もあります。

 

近くで手に入るとは限らない地域なら
なおさらですね。

 

どんな神社でも白封筒で失礼にはなりません。

 

表書きは上に記した通りの書き方で大丈夫です。

 

また、受け取る神社側の都合により
祝儀袋が必要ない場合もあります。

 

袋から出してお願いします、という神社もあります。

 

なので、お宮参りを申し込む電話の際に
聞いてみるのもいいかもしれません。

 

社務所で納めてしまう神社の場合は
せっかく準備しても無駄になる場合があります。

 

さいごに

せっかくのお宮参り
きちんと失礼のないようにしたい
という気持ちで調べる方も多いでしょう。

 

でも産後のお母さんの仕事は
産後の身体の回復と
赤ちゃんに母乳やミルクをあげることです。

 

しきたり面は、パパにやってもらったり
実家やパパの実家に上手に頼ってしまいましょう。

 

ネット上にもたくさん情報が乗っていますし
神社もこころよく質問には答えてもらえますので
遠慮なく聞いてしまうのも早いかもしれません。

 

お宮参りはお祝い事なので
楽しくできるといいですね。