初節句の内祝いはいつ送ればいい?恥をかかないマナーとは?

子どもの初節句には
親戚の方々からお祝いをいただくことが多いですよね。

 

物だったり、お金だったりと
その形も様々でしょう。

 

気になるのはいつお返しするのか
方法や時期ですよね。

 

マナーなどもきちんと知っておくことで
相手の方にも好印象に移りますよ。

 

初節句内祝い
失礼にならないマナー人気の定番お返しを
詳しく知っておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

初節句の内祝いを送る時の守りたいマナーは?

ほとんどの方はお祝いの時に
親戚で寄って食事をし
一緒にお祝いをするかと思います。

 

基本的には、
初節句のお祝いに対してのお返しは
しなくてよいとされています。

 

初節句をお祝いしに来てくれた方には
食事をふるまいましょう。

 

それでお返しということにしてOKです。

 

お祝いはいただいたのに、食事には参加できなかった
という人にはお返しをします。

 

私の場合は祖父母と一緒に食事をして
お祝いをしましたが
食事の場に来れなかった叔母が
お祝いをくれたので
叔母に内祝いを用意しました。

 

 

いつまでに渡したらいいのか

お返しが遅すぎると
相手の方に失礼になってしまいます。

 

なるべく早く渡すようにしましょう。

 

初節句のお祝いの席から一週間~二週間以内
遅くても一ヶ月以内に予定を調節して
渡しに行きましょう。

 

直接渡せない場合は
郵送でもいいですが
そのときは一本電話をして
直接お礼を言うと気持ちが伝わります。

 

メッセージカードを添えてもいいですが
やはり直接声を聞く方が嬉しいと思いますよ。

 

 

 

失礼にならない内祝いの値段

値段はお祝いにいただいた金額の
半分~三分の一くらいが一般的です。

 

気を遣ってお祝いより高い物を送ると
それは逆に失礼に当たりますので
注意しましょう。

 

 

あともう一つ気になる点が…

 

例えば祖父母が
ひな人形をプレゼントしてくれた場合
金額的に高くなりますよね。

 

お返しも高額なものを
渡すべきなのか迷いますが…

 

この場合は例外だと思います。

 

基本的に祖父母からの贈り物は
子どものためを思っての物なので
上記に書いたように
一緒に食事をしてお祝いをすることで
いいと思います。

 

それでも何かお返しがしたいということでしたら
ちょこちょこ孫の顔を見せる
というのも喜ばれるんではないでしょうか。

 

のし書きの基本

初節句の「のし」紙の表書きは
内祝」もしくは
初節句内祝」と書きます。

 

文字は毛筆で書きます。

 

ボールペンやサインペンなどはやめましょう。

 

のし紙は「紅白蝶結び」の物を選びます。

 

名前の所は、子どもの名前です。

 

子どもがもらったお祝いのお返しなので。

 

名字は書かず
名前だけという点に注意しましょう。

 

「内のし」「外のし」も悩みがちですよね。

 

ちなみに「内のし」とは
のし紙を品物に先に巻き
その上から包装紙で包むことです。

 

逆に外のしは、先に包装紙で包み
その後、のし紙を巻くことです。

 

もし郵送で送るなら
破れてしまわないように内のしでいいです。

 

手渡しなら、見てわかりやすい
「外のし」にしましょう。

 

 

内祝いに選ばれる定番人気の5品

ではいざ内祝いは何が喜ばれるのでしょうか。

 

私の実際の例ですが、みんな同じではなく
それぞれの方の好きな物を考えて選びました。

 

コーヒーをよく飲む方には
コーヒー専門店で豆を買ったり
あまりお菓子は好きではない方には
肌ざわりの良いタオルなど、様々です。

 

高価な物よりも
相手のことを思ってその人に合った物を
送る方が喜ばれると思います。

 

それでも何を送るか迷うという人のために
人気の内祝いを紹介したいと思います。

 

 

 

タオル

タオルは誰もが使う物なので人気です。

 

今治のような有名な物を送られる方が多いですよ。

 

 

お酒

意外に人気のお酒。

 

私も曾祖父がお祝いをくれたので
お返しに選びました。

 

お菓子もあまり食べず
お酒が大好きな人だったので
すごく喜んでくれました。

 

 

お吸い物最中

とてもおしゃれな一品です。

 

見た目は最中なのですが
中に具が入っていてお湯を注ぐと
お吸い物になります。

 

ちょっと上品な物を送りたいな
というときに最適です。

 

 

ジュース

お子さんがいる方に送るにはとても良いです。

 

お菓子だと好みがありますが
100%ジュースならほとんどのお子さんが
飲めるので嬉しいです。

 

暑い時期ならこれが1番嬉しかったりします。

 

 

スイーツ

選ぶならケーキなどの生の物より
バームクーヘンなどの焼き菓子などが
おすすめです。

 

カステラなどは年齢層が幅広く人気ですよ。

 

好みを調べて選ぶようにしましょう。

 

 

 

などなど、調べるといろんな物があることが
わかります。

 

これを送るだけでも十分ですが
オリジナリティが欲しい方は
子どもの写真を写真立てに入れて送ったりも
するそうです。

 

他にもギフトのカタログなんかを見ると
子どもの名前をタオルなどに書いてくれる
サービスもあります。

 

そうすると世界で一つのものになって
素敵ですね。

 

 

まとめ

マナーを間違えると
恥をかいてしまうかもしれません。

 

きちんチェックをしてくださいね。

 

内祝いはお祝いをいただいた
お礼の気持ちを伝えることが大前提です。

 

物に縛られず
気持ちを言葉で伝えることも
忘れないようにしたいですね。