初節句のひな祭り!まだ赤ちゃんだけど食事メニューは?

女の子が生まれて初めての初節句である
ひな祭り」。

 

毎年お祝いする女の子の日だけど
生まれて初めての一生に一度の
初節句
は特に大切なお祝いですよね。

 

ひな祭りの日には
ひな人形を用意することまでは
わかっているけれど
その他に何かしておいた方が
いいことってあるの?

 

服装は?
ルールやマナーもあるのかな?

 

そもそもひな人形の由来って
何なんだろう・・・

 

知らいない人も少なくないと思います。

 

そこで今回はひな祭りの由来や
初節句で出すお祝いの食事について
お伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

女の子の初節句って?意味やお祝いの仕方は?

女の子の赤ちゃんだった場合
初めて迎える節句のことを
初節句
と一般的に言います。

 

今でも女の子の節句は
3月3日の桃の節句にしますよね。

 

この時期になるとスーパーなんかでも
ひな祭り
にちなんだものが
たくさん置いてあるのもよく見かけません?

 

この桃の節句は
かつての古代中国で行われていた
「曲水の宴」
が由来とされているのです。

 

3月初めの巳の日には
自分の身代わりとなる
紙の人形を水に流す
「流しびな」
で、穢れを祓ったとされる行事なのです。

 

日本では、
平安時代から取り入れられたとされています。

 

桃の節句が中国から日本に伝わると
紙でできた
「ひいな」
と呼ばれる人形で遊ぶ
「ひいな遊び」が子供たちの間で大流行。

 

「ひいな遊び」の
「ひいな」は小さくてかわいいもの
という意味があるんですって。

 

そしてこの
「ひいな」は
「巳の日祓い」
に使われる人形が合わさったもので
これが現代のひな人形の原型です!

 

女の子が健やかに成長するために
その厄を背負ってくれる
ひな人形は女の子のお守りとされています。

 

ひな祭りという日は
ひな人形を飾ることで
女の子の無病息災を願う現在のお祭りなのです。

 

 

初節句の女の子のお祝いメニュー!赤ちゃんの食事はどうするの?

生まれて初めて迎える初節句
皆で盛大にお祝いしてあげたいですよね。

 

でもお祝いするとなると
当日どんな食事を出してあげたらいいの?
と集まる人数によっても悩みますよね。

 

桃の節句の代表的な行事食として
住んでいる地域によっても
メニューに多少違いはあるかと思いますが
『ちらし寿司』と
『蛤のお吸い物』、『菱餅』に
『ひなあられ』『白酒』
が定番なようです。

 

『ちらし寿司』には
エビ(背中が曲がるくらい長生きする)
豆(まめに働いて生きる)
レンコン(将来を見通す穴が開いている)の
具材を入れると縁起が良いと
言われているものを使います。

 

『蛤のお吸い物』は
対でないとぴったり合わないことから
仲の良い夫婦を表し
「良い結婚相手に巡り合えますように」
という願いが込められています。

 

『菱餅』とは
3色のお餅を重ねてひし形に切ったもので
緑には長寿や健康
白には清浄や純白
ピンクには桃の花や魔除けの意味しています。

 

『ひなあられ』は
昔雛人形を持って野山に行き
春の景色を見せる
「ひなの国見せ」という風習がありました。

 

そのときに
ごちそうと一緒に
ひなあられを持って行ったと言われています。

 

ひなあられは
菱餅を外で食べられるように
砕いて作ったことから
菱餅と同じ色をしていると言われているそうです。

 

もちろん
これら全部手作りである必要はないですよ!

 

赤ちゃんを抱えて
これだけの料理を手作りするって結構大変です。

 

大人は上記のメニューでもよいですが
せっかくの可愛い娘の初節句

 

もし離乳食期に入っていれば
同じようにアレンジした
ひな祭りメニューを上げたいですよね。

 

生後5ヶ月を過ぎていれば
すでに試せている食材で
色合いをひな祭りっぽくしたものを
用意してあげるのも
一緒に食べられて赤ちゃんも楽しめそうです。

 

離乳食初期であれば
ほうれん草やトマト
白粥(ごはん)などの組み合わせもいいですし
3色おにぎりをお団子風にしてみるなど
見た目も可愛くアレンジしてもいいですね。

 

 

まとめ

一生に一度の大切な日。

 

しっかり思い出に残してあげたいですよね。

 

初節句の季節になったら
可愛い綺麗な桃の木を飾って楽しく過ごしましょうね。