幼稚園にはいつからいくの?早生まれでも悩まない入園年齢や入園月の基本!

ふと

「うちの子もそろそろ
幼稚園のことを考えなくちゃ」
と思うときがあると思います。

 

でもいつから入れるのかな?

 

はじめてのパパママには
わからない事、たくさんありますよね。

 

そこで、幼稚園の入園年齢について
まとめてみました。

 

特に
早生まれの子供の場合は
記事を読んで、しっかり参考にして下さいね。

 

 

スポンサーリンク

幼稚園に通い出せるのは何歳?早生まれの場合は?

子供との公園遊び、お買い物など
子育ては毎日が忙しいですよね。

 

日々を懸命にこなしていくだけで
精一杯です。

 

そんなとき、
ふと

 

「うちの子もそろそろ
幼稚園のことを考えなくちゃ」

 

と思い立ったら気になりますよね。

 

幼稚園に通えるのは、いつからなの?」

 

と疑問をお持ちの方って実際多いです。

 

答えを先に言いますが
通い出せる年齢は

 

「満3歳」です。

 

「満」というのがまた難しい言葉ですね。

 

満3歳とは
3歳の誕生日を過ぎている
3歳~3歳11ヶ月をさします。

 

ですので、幼稚園に入園する時点で
3歳の誕生日を過ぎている子が
入園できます。

 

幼稚園に入園するのは
年度初め4月からです。

 

その前月の3月に
3歳になっていれば良い
ということになります。

 

ただし、4月1日生まれの子供は注意が必要です。

 

4月1日生まれの場合は
前年度の早生まれのほうに入ります。

 

つまり

 

4月2日~翌年4月1日までの子が
同じ学年になるわけです。

 

私の知り合いにも
4月1日生まれで早生まれの方がいますが、

 

「ぎりぎり前の学年に入っちゃうのよね~」

 

と言っていました。

 

ぎりぎり早生まれに入り
早く入園できることが嬉しい
と感じる方もいれば不安な方もいるでしょう。

 

学年の中でいちばん誕生日が遅い
ということは
いちばん幼いわけで
特に幼稚園時代には
まわりの子との差が激しいです。

 

1日の違いで・・・と思うかもしれませんが
早生まれ(1~3月)の子も居るので
個人的には

 

「早く入園できてよかった!」

 

と良い方に考えています。

 

幼稚園によっては

 

4月~7月生まれ
8月~11月生まれ
12月から~4月1日生まれ

 

と年少のクラスを生まれ月によって
3つにわけているところがあります。

 

これは早生まれの子を持つ親としては
安心ですね。

 

幼児の頃の1~2ヶ月の成長の差というのは
とても大きいです。

 

3月生まれの子と
前年の4月生まれの子とでは、
1年違うのですから
体の大きさもちがうし
出来ることも違います。

 

もうすぐ4歳を迎える子は
やはりしっかりしているように見えます。

 

しかしまだ3歳になったばかりの
早生まれの子は
小さく幼さが残っています。

 

親としては
幼稚園でまわりの子についていけるのか
心配ですよね。

 

でもそこは幼稚園の先生たちもプロです。

 

ちゃんとみてくれるので大丈夫です。

 

まだトイレトレーニング中のお子さんや
ひとりでトイレに行ったことがないお子さんも
いるでしょう。

 

心配なことは
考えだしたらたくさんありますが
先生たちは
毎年同じ年齢の子たちを見ていますから
一人一人に合った対応してくれますよ。

 

我が子の場合は
早生まれでまだ体が小さく
トイレにもいつも私が一緒に行って
座らせていたので
幼稚園では大丈夫かな・・・と不安でした。

 

安心して下さい。

 

そういうお話も
入園前に園長先生に聞かれますので
今、家庭で行っている事を
正直に伝えて下さい。

 

「はじめは一人一人ちゃんとみますから、大丈夫ですよ」

 

と園長先生から言われ
安心したのを覚えています。

 

その他の事でも
不安なことは抱え込まずに
どんどん聞くほうがいいですよ。

 

幼稚園の就園年齢未満児を通わせるには?プレ保育について

最近はメディアでも
「プレ保育(幼稚園)」
という言葉をよく聞くようになりましたね。

 

プレ保育(幼稚園)とは

 

いつから?」
「何をするの?」

 

と思われている方のために
お話させていただきますね。

 

プレ保育(幼稚園)とは
満3歳で幼稚園に入園する前に
お試し感覚で通うことをいいます。

 

最近では、
「4年保育」と名付ける園もあるそうです。

 

プレ保育(幼稚園)では

主に遊びを中心に
幼稚園に慣れていくための活動をしています。

 

メリットは
園に早く慣れることができる
ママの時間が持てる
人気のある幼稚園に優先で入れる
などがあります。

 

我が子を思えば

 

「早く幼稚園になれさせてあげたい」

 

という気持ち
少なからずみんなありますよね。

 

また、まわりの子たちが
「うちの子通っているよ」と聞けば
「うちの子も行っておかないと」
焦る気持ちになるでしょう。

 

でも、まずはお子さん第一で考えて
無理のないように楽しく通えるのか
検討してみてくださいね。

 

デメリットとして
いつも泣いてばかりだったり
ママとの時間が減ってしまう
ということもあります。

 

初めはお試しで行ってみて
子供の様子をみたり
子供自身がどう思ったかなど
お子さんの気持ちを聞いてあげることも
大切ではないかと思います。

 

通い始める時期や期間
回数は幼稚園によって様々なので、

 

ママと子供のペースにあったところがよいです。

 

送り迎え等も考えて
ママにも無理のない範囲で考えましょう。

 

まとめ

我が子にはよい教育を受けさせたい
親たちみんなが思っていることですよね。

 

幼稚園によって
それぞれ違う個性を持っているので
「どんな園が我が子にあっているのか」
まずはイメージしてみてください。

 

例えば人数の多い大きな幼稚園
こじんまりとした小さな幼稚園

 

これだけでも
「うちの子はこっちかしら」
と考えがまとまってくると思います。

 

我が子が笑顔で過ごせるように
焦らずじっくりと
幼稚園選びをしてくださいね。