バレンタインのお返しを幼稚園・保育園児のママが選ぶ時の注意事項!

 

 

 

最近は、幼稚園でもバレンタインデーに

チョコを交換する姿を見かけたり

当たり前のイベントとなっています。

 

幼稚園児の息子がバレンタイン

チョコをもらったことは嬉しいけれど

お母さんが思うのは

 

お返しどうすれば良いの?

 

ということではないかと思います。

 

実際にみんなどんな物を返すのでしょうか。

 

私が実際幼稚園で働いていた頃の目撃談から

ホワイトデーのお返しが複数人なら

差が付く品物はダメですよ!

とお伝えしたいです。

 

実際に幼稚園ではこんな事が起こったからです。

 

参考にして下さいね。

 

 

スポンサーリンク

幼稚園児のホワイトデーのお返しの相場は?どんな物が喜ばれるの?

幼稚園児と思うでしょうが、女の子は小さくてもイベント好きです。

 

バレンタインはどういうイベントなのか

知っています。

 

と言いましても

子供達はお母さんが関わらなければ

何にも出来ません。

 

渡す側ももらう側も

結局はお母さん同士でのやり取りだ

と言うことです。

 

お母さんは、幼稚園児の息子が

バレンタインにプレゼントをもらったら

お返しを考えなければいけませんよね。

 

相手の女の子が喜んでくれて

相手の女の子のお母さんにも

失礼にならない物。

 

悩みますよね。

 

実際には

この辺りの金額でおさめるようですよ。

 

もらった物にもよりますが

だいたい相場は500円くらいのようです。

 

私が実際に渡していた子の親御さんたちから

興味本位でいろいろ聞きました(笑)

 

バレンタインに高価な物を送ってくる子は

さすがにほとんどいないようですよ。

 

手作りのクッキーやチョコが多いそうです。

 

余談ですが

バレンタインに渡すクッキーやチョコは

幼稚園児でも手作りが当たり前みたいですね

 

私は地味にそこにも驚きました。

 

ホワイトデーのお返しは?

 

と考えたときに

パッと思いつくのはマシュマロですが

それ以外で物を送ることもあるようです。

 

人それぞれですが

可愛い雑貨系が割と多いみたいです。

 

普段にも使えますしね。

 

幼稚園児のお母さんが

ホワイトデーのお返しのプレゼントに

マシュマロ以外で喜ばれた

お返しをいくつかピックアップしてみました。

 

ハンカチ

幼稚園にも持って行けますし

可愛い物が多く

単価も高くないと

プレゼントに選ばれやすいです。

 

柄も多いので

その子にあったハンカチを

それぞれ選んであげるのだそうです。

 

髪留め、ヘアゴム

女の子は身だしなみが大事。

 

可愛い物をもらうと

さっそくつけてみたくなります。

 

最近はかわいらしい物より

大人びている物の方が喜ばれる傾向にある

のだとか

 

リボンでも子どもらしいデザインよりも

大人がつけるような物の方が

いいのですって!

 

キーホルダー

その子の好きなキャラクターの

人形がついたキーホルダーも人気です。

 

鞄につけるとそれだけで可愛くなりますよね。

 

文房具

鉛筆やメモ帳など

文房具を好きな女の子は多いです。

 

これもキャラクターの物だと可愛いですね。

 

女の子受けの良さそうな物を

選んでみてはどうでしょうか。

 

お菓子

物だと選ぶのに悩むので

お返しもお菓子でという人も結構います。

 

最近は男の子でも手作りで返すことが

増えているのですよ!

 

簡単な物をお子さんと一緒に作っても

良い思い出になるかもしれません。

 

 

 

どのプレゼントを選ぶにしても

ラッピングを可愛く工夫するとさらに良いですよ。

 

 

幼稚園児でも修羅場!?お返しに違いを付けてはダメ?

お返しを渡す際に

気をつけないといけないこともあります。

 

複数の子にお返しをするときは

違いをつけてはいけないということです。

 

お母さんはその女の子に似合った物を考えて

選んでいるのですが

幼稚園児同士ではこういうことが起こります。

 

私が実際に経験したお話をさせていただきます。

 

ホワイトデーの日

自由に遊ぶ時間の時に

年長さんの女の子同士でケンカが勃発

 

聞いてみると、A君にお返しをもらった

BちゃんとCちゃん。

 

開けてみるとそこにはプレゼントの髪留めが。

 

Bちゃんはピンクの物が

Cちゃんにはブルーの物が入っていました。

 

同じ髪留めの色違いです。

 

B「それ私がA君にもらったやつより大きい!」

C「可愛いでしょ?私もA君にもらった!」

B「私はA君と結婚する約束をしてるんだから!

Cちゃんのことなんか好きじゃないで!」

C「違うで!前はそうやったけど、

今は私の方が好きって言ってくれたもん!」

 

おいおい、どこの昼ドラですか

(これは全てノンフィクションです)

 

お母さんがその髪留めを選んだ理由は

それぞれに似合いそうな色だったから

という純粋な気持ちからです。

 

同じ髪留めなのですが
色が違うということが

こんなトラブルになるとは

夢にも思っていなかったです。

(先生の立場からです)

 

その後なんとか二人をなだめて

それぞれのプレゼントのいいところを言い

その場は丸く収まりました。

(かなり省略しましたが

このようなゴタゴタは結構時間がかかるのです。)

 

特に女の子はこういうことにとても敏感です。

 

相手との差に引っかかったのですね。

 

 

キャラクターを変える、色を変えるなどの

違いは、まだ良い方ですが

物自体が変わってしまうと

そこからトラブルが起きてしまうかも

しれませんから気をつけてくださいね!

 

あともう一つ!

 

幼稚園教諭の経験から言わせてもらいますと

幼稚園での渡し合いは

是非やめていただきたいです。

 

幼稚園ですると

他の子の目にさらされることになりますから

当然何かしらのトラブルは

起こってくるわけです。

 

帰り道に渡す

一度帰ってから家に出向くなど

違う方法をとってくださいね。

 

 

まとめ

幼稚園児のホワイトデーの実態は

私としてはなかなかの衝撃でした。

 

この話も参考にしていただいた上で

是非ともトラブルを回避し

いい思い出にしてくださいね。