入学式のスーツは礼服でも良いの平凡な父親をカッコよく見せる着こなしとは?

子どもの入学式

父親もお休みを取って出席される方

も昔より増えました。

 

父親だからって

いつもの通勤のスーツでいいのかな?

いうこともありますよね。

 

最低限のマナーを守って

なおかつオシャレ感も出し

「かっこいい父親」を目指しましょう!

 

スポンサーリンク

入学式の父親のスーツの色は?ネクタイの色や合わせ方のマナーも!

入学式父親スーツって悩みませんか?

 

母親の場合は、スーツやワンピース
着物、と選択肢が複数ありますね。

 

でも父親は何を着ればいいでしょう

 

父親の入学式の服装として

着物は現代では着ることはふさわしくありません。

 

では、礼服はいいのでしょうか?

スーツを着るとしたら

どんな感じにしたらいいのでしょうか?

 

父親の場合、スーツの色は

とにかく目立たない、黒や紺、グレーが

基本になります。

 

ベージュ系などは

式典には難しいのでおすすめしません。

 

スーツの模様は、無しが基本です。

 

無地のものにしてください。

 

かろうじて、目立たないス

トライプでもいいですが

基本は無地であることを念頭に置いてください。

 

冠婚葬祭で着るスーツ

入学式で着るのは特に問題はありません。

(黒の上下スーツ、いわゆる「礼服」)

 

しかし、この場合は

ネクタイに注意を払ってください。

 

結婚式と同じ白のネクタイはダメです。

 

入学式で白のネクタイをするのは

学校の教職員と来賓だけ、という

暗黙のルールのようなものがあるそうですよ。

 

礼服の場合は、父親方は

色の入ったネクタイを着用しましょう。

 

入学式の場合は、シルバー辺りがよいでしょう。

 

胸ポケットにチーフを入れるなど

さりげなく華やかになる工夫をするのも

おすすめです。

 

礼服ではない、紺やダークカラーのスーツなら

シルバーだけでなく

派手すぎる柄物でなければ

華やかな色でもいいでしょう。

 

シャツも、淡い色なら、カラーでもいいですね。

 

その場合は

ネクタイの色とのコーディネートも

きちんと考えれば

父親も華やかさを演出でき

オシャレな感じになります。

 

その際、ネクタイよりも、シャツのほうを

明るい色にするのがポイントです。

 

入学式のスーツはノーブランドでも充分カッコイイ?着回し術で黒やグレーも上品に!

スーツはブランド物であれば

仕立てや生地もいいので利用しやすいですが

普段スーツを着ない仕事をされていると

ちょっともったいない気もしますよね。

 

ノーブランドでも、形をきちんと選び

試着もして体型に合わせるだけで

式典にも充分ふさわしくなります。

 

ここ数年は、細身のスーツが流行していますね。

 

体にフィットした形で

洗練されたスマートな印象を与えてくれます。

 

スーツの形は、ジャケットの襟は細め

丈はお尻が半分~ギリギリ全部隠れるくらい。

 

パンツの裾は靴下がチラっと見える程度の

長さ。

 

以上、この3点の基準を参考にしていただくと

スーツキリした印象になります。

 

他には、上記にもありますが

シャツやネクタイのコーディネート次第で

十分にオシャレを演出できます。

 

ポケットに淡いカラーのチーフを入れると

より一層オシャレです。

 

靴も大事です。

 

スーツの場合には、革靴が最適です。

 

ヒモのついているタイプだと

よりフォーマルになり

式典にはふさわしくなります。

 

色味はスーツの色と合わせてください。

 

黒やグレー系、濃紺のスーツですから

茶色の革靴では合いません。

 

黒い靴で足元を落ち着いた雰囲気に

しましょう。

 

明るい紺やベージュのスーツの場合には

茶色の革靴のほうが

全体的によりしっくりきます。

 

こうして、スーツの形から

シャツ、ネクタイ、靴まで

全身できちんとコーディネートすれば

決して高いものでなくても

かっこよくなれますよ。

 

さいごに

子どもの入学式

父親もマナーを守りつつ

かっこよく演出できるスーツの選び方

についてお伝えしてきました。

 

いつも通勤用スーツしか着ていない父親でも

普段スーツは着ていない父親

この日はビシッとかっこよくなるよう

コーディネートをお伝えしてきたつもりです。

 

入学式は母親も華やかになりますが

父親も春らしく、かっこよく、さわやかな感じ

で決めますと

子どもたちもきっと喜ぶでしょう。

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

学校行事
スポンサーリンク
主婦導