入学式にふさわしい着物の種類と選び方で恥をかかないポイントは?

 

 

子どもの入学式

スーツもいいですが

この機会、華やかな着物もいいですよね。

 

スーツよりも

体型を気にすることがありませんし

肌寒い桜の季節に

あまり寒い思いもすることもありません。

 

何よりも

お母さんたちの着物姿は華やかですから

入学式に彩りをそえます。

 

思い出にもなりますので

この記事を読んで

ぜひ着物にもチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

入学式の着物選びに間違えない種類と格式

着物はなんだか決まり事が多そうで

ちょっと大変かもと

気おくれしてしまいませんか?

 

着物には様々な種類がありますし

帯の合わせ方もわからないし

なんだか難しそうに感じますよね。

 

入学式だし

下手に何かふさわしくないことをして

恥を書いたら嫌だな…と

心配にもなるかもしれません。

 

そうなると、やっぱり面倒だから

スーツにしようかな、と迷ってしまいます。

 

しかし、着物

その「決まり事」さえ学んでしまえば

自分に似合ったスーツを探すより

むしろ簡単なくらいなのですよ。

 

現在は、レンタルの着物店や

着付けができる美容院におまかせすることも

多いし、基本的な知識さえあれば

想像よりも意外とラクです。

 

着物には、種類と格式があります。

 

TPOに合わせて

適切に選ばないといけません。

 

入学式」ですので

「正装」とされる着物を着ます。

 

入学式にふさわしい正装とされる種類には

「訪問着」「付下げ」「色無地」

の3種類があります。

 

その中でも格式は、「訪問着」が一番上です。

 

「訪問着」の見分け方

「訪問着」の見分け方は

肩から裾に流れるような模様が描かれている

ことで判断できます。

 

「訪問着」は既婚でも未婚でも

着ることができる着物です。

 

場面も、結婚式やパーティー、入学式や卒業式

などと幅広く着ることができます。

 

次は「付け下げ」です。

 

反物(仕立てる前の生地の状態)に

模様を付けてから仕立てるので

模様はつながっていません。

 

紋をつければ訪問着と同格になります。

 

そして「色無地」です。

 

その名の通り、模様はなく一色の無地の着物です。

 

紋を入れますと、格式は訪問着と同じになります。

 

ただ、入学式には紋を入れなくても大丈夫です。

入学式には

明るく可愛い色合いを選び

帯で華やかにするのがおすすめです。

 

 

入学式に着物を着ていく場合、帯結びは定番の結び方で良い?

帯については

「袋帯」か「名古屋帯」が一般的です。

 

選び方のポイントとしては

いずれも金糸や銀糸で古典柄を描いたものや

光沢あるものなど

 

控えめながらも華やかさがある上品な帯

を選ぶとよいでしょう。

 

結び方は、定番の「お太鼓」か

お祝い事で結ぶ「二重太鼓」でよいでしょう。

袋帯の場合:

袋帯とは、幅約31㎝(八寸幅)、長さ約4m20cm以上の帯で、表と裏に別の生地が使われており、袋状のつくりをしています。結婚式や成人式など礼装で使う、格式の高い帯です。

入学式はお祝いの席ですので

慶びが二重になるよう

という意味を込めて二重太鼓で結びます。

二重太鼓とはお太鼓結びの太鼓の部分を二重に結んでいるものです。

丸帯や袋帯などを結ぶときに用います。

一重太鼓より格が高いとされています。

 

名古屋帯の場合:

名古屋帯は、袋帯の次に格の高い、準礼装から普段着向きの帯です。

幅約30㎝(八寸幅)、長さ約3m60cm程度で

袋帯より軽く扱いやすいように作られています。

 

帯の長さが短い分

太鼓結びは一重太鼓しかできません。

 

入学式には、金銀の色彩や刺繍の入った

格式が高いとされるものを

合わせると良いでしょう。

 

さいごに

子どもの入学式を控えた

30代から40代のお母さんに向けて

入学式にふさわしい着物の選び方を

お伝えしてきました。

 

また、着物の世界には

さまざまな帯の結び方がありますが

その中で入学式にふさわしい

帯の結び方についてもお伝えしました。

 

子どもの入学式

あくまでも主役は子どもですが

お母さん方が着物を着て

出席されているのを見るのは

 

華やかでとてもいいと思います。

 

普段では見られないきれいなお母さんに

子どももうれしく

誇らしくなることでしょう。

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

学校行事
スポンサーリンク
主婦導