入学式に着物なら色無地使いの小物選びが、あなたのセンスを光らせる!

 

子どもの入学式

お母さんの上品で晴れやかな着物姿の光景は

とても素敵ですよね。

 

女性の憧れるシーンの

ひとつではないかと思います。

 

入学式着物

色無地」を着る方が多いです。

 

母親らしく

上品でやさしげな雰囲気になります。

 

「無地なんて、逆に難しそう…」と思いますか?

 

着物は、ある程度のパターンを知り

マナーを守りさえすれば

難しいことはありませんよ。

 

特に「色無地」は小物使いにより

個性を出しつつ、美しく装うことが

可能な着物です。

 

この記事を読んで、あまり難しく考えすぎず

気をラクにして

 

ぜひ今回の入学式着物で出席してくださいね。

 

スポンサーリンク

色無地のきものに華やかさアップ!入学式の着物に合う帯の選び方!

色無地」はきれいな色合いで

模様がなく

シンプルな着物になりますので

入学式という春の式典にふさわしいものです。

 

ただし、無地のため、帯や小物でアクセントを

つけることが重要になります。

 

まずは帯がポイントになります。

 

帯と着物を合わせることが大切です。

 

合わせ方は、洋服とはまた違った法則があります。

 

一般的には、

濃い色の着物の場合は淡色の帯を合わせます。

 

逆に、明るい色合いの着物の場合は

濃い色の帯を合わせます。

 

要するに、着物と帯は違うタイプを

組み合わせるのが基本ということになります。

 

着物の良いコーディネートとは

「対比の関係でのバランスが取れていること」

なのです。

 

では、具体的に

どのような帯を選べばよいのでしょうか?

 

入学式は「略式正装」です。

 

帯は普段着の着物に使う名古屋帯ではなくて

袋帯になります。

 

おめでたい式なので

銀地や薄い金地の吉祥柄の袋帯を合わせます。

 

留め袖に合わせるような豪華な金地の帯だと

帯が目立ちすぎになり

バランスが崩れますので要注意です。

 

結び方は、「二重太鼓」にします。

 

着物は、TPOに合わせた

バランスのパターンを知ることが大切で

このバランスに常に気を配ってください。

 

結び方もTPOに合わせてくださいね。

 

入学式に着物だとバッグと草履はどうする?こだわり過ぎると、普段使い出来ない?

履物である「草履(ぞうり)」

またバッグの準備もお忘れなく!

 

まず草履は、フォーマルの場では

「淡い色合い」を選びます。

 

入学式などの式典に出席する場合の

マナーとしては

草履の色が「全体的に同じ色味」であることは

守りましょう。

 

ただし、金糸や銀糸織りの草履は

フォーマル用ではあるのですが

どちらかというと結婚式向けになります。

 

エナメル素材等で色が淡く

着物に近い色合いのものを

合わせられるといいです。

(ピンク系なら薄ピンク、黄色系ならごく淡いクリーム等)

 

バッグは洋服向けのものでもOKなのでしょうか?

 

着物をめったに着ないライフスタイルで

いかにも着物にしか使えないバッグを

準備するのはためらわれますよね。

 

結婚式の場合だと

「皮革製品は避けて、布製の礼装バッグを」

といったマナーが指摘されることも多いです。

 

しかし、入学式等の式典の場合には

バッグは革製品でもOKです。

 

またスタイルが合っていれば

洋服向けのものでも合わせることができます。

 

フォーマル着物に合わせるバッグの

基本的な考え方は以下の通りです。

 

  • 布製もしくはエナメル製、スムース革等であること。
  • 無地であること。
  • フォーマル向けのデザインであること(ビジネス用バッグ等は不向き)
  • 容量が大きすぎないこと。肩掛けになるほどの大きさはNGです。

 

でも、小さな下の子がいたりしたら

礼装バッグでは荷物が入り切らないですよね。

 

このような場合には

レース素材等の礼装用サブバッグを

準備しておくと安心です。

 

他のフォーマルシーンにも使えそうなバッグなら

今後も使えるので安心ですね。

 

さいごに

入学式色無地を着るにあたって

帯の合わせ方や結び方

草履やバッグの選び方について

お知らせしました。

 

式典に着物で出席する

ということだけでも

チャレンジなことですよね。

 

でも、着物に詳しい方や着物店の方

ネットなどで早めに情報を収集して

余裕をもって準備を進めれば

何も怖いことはありません。

 

着物は今ブームになっているほど

発見の多い奥の深い世界です。

 

今回をきっかけに

着物の世界を楽しみながら

準備できるといいですね。

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

学校行事
スポンサーリンク
主婦導