送迎ができないときにはシッターさん?どんな時、誰でも利用出来る?

 

幼稚園の送迎って働くママにとって

とてもネックになる所がありませんか?

 

あなたが同調してるのがわかりますよ!

 

毎日ことだし本当に大変ですよね。

 

もう雨なんて降られた日にや

荷物も増え傘をさし雨をしのぐも

びちょびちょになっての送り迎えに

続いて夕飯の買い物と

最悪パターンもあったり。

 

シッターさんは利用してますか?

どんなこと頼めるのか

知っていて損はないですよ。

 

スポンサーリンク

 ゆとりある子育ての裏にはシッターさん?

まぁ家庭には、うちは私立だから

バスが出ているの~。

 

だから時間には、まだゆとりがあるかな

と陽気なママの発言にイラっ、

同調してほしいつもりはないけど

なんだかなぁ。と心の中では思いながらも

(あっ!気が小さくてすみません。)

それはよろしいですねー。

と返事は返すものの、本心は…うらやましい。

 

自分が望んで今の所に入園させたので

前から知っていた事ですけど

 

公立幼稚園や保育所のように

バスがない幼稚園って結構ありますよね。

 

就業時刻終了…定刻になると

急いで目の前の仕事を切り上げて

自転車のペダルフル回転でこぎながら

慌ててのお迎え。

 

頑張ってもいつもギリギリ

帰宅後は一気に疲れが出て

しばらく放心状態ではないですか?

 

なんとかなるだろう!

と思ってやってきたけど

これから毎日こんな生活が続くと思うと

ぞっとしますよね、体力も気力も。

 

まだまだ、これから色々と

家事が溜まっているのに、動きたくない

少しでいいから一息入れさせてー。

って叫びたくなりませんか?

 

やろうやろうと思っても、

なかなか身体の

やる気スイッチが入らないって人…

私のことだと思っているのではないですか

 

いきなりですが、

こんな言葉を耳にしたことありませんか??

 

送迎シッター

 

名前からなんとなく

その意味がくみ取れると思いますが、

 

毎日、毎日、時間に追われて

戦場の様な朝の時間、

自分の支度もままならないまま

子供のお世話、

 

帰宅してからは夕飯の下準備に、

自分でやればいいのにと思いながら

毎回ぐっと我慢して

旦那の食事に後片付けまで

 

一分一秒も無駄には出来ない

殺伐とした時間に

少しでもいいからゆとりが欲しい。

 

そんな切なる気持ちを叶えられる。

 

ゆとりをもたらす光が…あるのです!!

 

それは

子供の準備を済ませて家で待機しているだけです。

 

頃合いの時刻になると、

ピンポーンとチャイムが鳴り

颯爽と子供を幼稚園に

送り届けてくれるのです。

 

そして夕方、

仕事がなかなか終わらず

このままではお迎えに間に合わない!!

と慌ててメイク直しもせず幼稚園に向かう

何てことともおさらば出来ます

 

ある程度メドが経つまで仕事をし、

きちんとメイク直しをして

帰りにスーパーに立ち寄ることも大丈夫です

 

また早めに仕事が上がったときも

先に家路に着いて

一息入れることだって可能なのです。

 

時間になるとまたもやピンポーン、

とチャイムが鳴り、

無事に子供を送り届けてくれる。

 

まさに痒い所に手が届く存在

それこそが送迎シッターさんなのです。

 

 

先輩ママもおすすめしたい送迎シッター

ではでは実際に活用しているママさんに

お話を聞いてみますと、

 

何とそれ以外にも応対可能で、

送迎プラス

様々なオプションがあるみたいです。

 

例えば残業で仕事が長引いてしまった!

ってときも安心♪

 

サポート送迎後のオプションで

みまもりシッターとして

子供の夕食からなんとお風呂まで

全てをシッターがしてくれるのです。

 

また、流石に時間が推して

お稽古させてあげれないなぁ。

 

子供には我慢させて

諦めさせてしまっていた

お稽古などの送迎シッター

お願いすればやってくれます。

 

さいごに

送迎シッターさんを

お願いするほどの事でも
と思っているかも知れませんが

 

毎日、仕事に育児に家事と

お疲れのワーママさんも

一息できるブレイクタイムが出来ますよ。

 

まさに救世主だと思っています。

 

送迎シッター活用を

考えてみてはいかがでしょうか。