子育てが辛い、自分の限界を超えてしまいそうなときの乗り越え方

 

赤ちゃんを授かり 喜びのなか出産を迎え、

育児も楽しみにしていたことでしょう。

 

育児用品を買いそろえ、

可愛い我が子との生活がはじまる。

 

しかし、いざ始まってみると

育児は想像していたより大変ですよね。

 

子供と一緒にこんな風に過ごしたい、などの

思いがあったと思いますが

なかなかそのようにはいかない現実。

 

常に時間に追われ

心に余裕がなくなってしまうことも

あると思います。

 

夜中の授乳や夜泣きにより、ママの身体は

常に疲れが溜まっていることでしょう。

 

そんなとき、

「誰に相談したらいいのかな・・・」

「こんなこと話したら、どう思われるだろう」

と考えてしまうこともありますよね。

 

そこで、先輩ママたちの経験を知り、

「自分だけではない!」と心強くなれる

子育てコラムをご紹介しますので、

読んでみてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

まずは先輩ママの経験を知ろう!ためになる子育てコラム3選

 

ままなび

しつけ、子育て、子供の病気やケガなど

日々の子供との生活に密着したコラムです。

 

特に、子供の褒め方や叱り方については

難しいですよね。

 

自分の叱り方は正しいのか・・・

叱ったあとでママたちは

自分を責める気持ちになることが多いです。

 

他のママはどんな風にしているのかな、と

知ることができれば、

自分の気持ちも少し楽になるのでは

ないでしょうか。

 

褒め方、叱り方については年齢にもよるので、

常にママ達が悩むことだと思います。

 

それぞれの家庭によって違うのですが、

他のママもこんな風に悩みながら

子育てを頑張っているのだなと知るだけでも、

心が落ち着くかもしれません。

 

ひとりでは気づけないことを、

先輩ママたちの言葉で参考にできることが

見つかるでしょう。

 

ママと子ども舎

看護師さんと保育士さんによる子育てコラム。

 

主に子どもと楽しく過ごすためのアイディアが

たくさん紹介されています。

 

毎日の育児で、

時間も心もいっぱいいっぱいな時に

子どもと楽しく過ごす方法なんて

なかなか考えられませんよね。

 

そんな余裕はないわ・・・って、

以前は私も思っていました。

 

とにかく休みたいし、

余計に面倒なことが増えてしまう、

と思うかもしれません。

 

でも、少しだけ出来る範囲で

子どもと一緒に楽しめることをやってみると、

子どもの笑顔が想像以上に

心にしみることがあります。

 

育児は辛いと思ってばかりいたのに、

我が子と一緒にちょっとした楽しみを見つけられたときは、嬉しいですよ。

 

また、看護師さんからは

家庭内の事故や病気の対処法などが

アドバイスされています。

 

子どもって、大人が想像していないようなことを

突然やったりするのですよね。

 

乳幼児期はいつも目が離せないし、

少し大きくなってからでも

子どもは想像力豊かといいますか、

いろいろなことをします。

 

こんなこともあるのだなと、

経験談を知っておくだけでも

日頃の生活に役立つのではないかと思います。

 

パルシステム 子育て123

子育てに役立つ情報全般を、

小児科の先生や歯科医師、助産師さん

などの専門家がアドバイスをしています。

 

健康、トイレトレーニング、歯磨き、

病院など

キーワードが出ているので、

自分の知りたい情報を

見つけやすいです。

 

月齢別にも分かれているため、

今すぐ知りたい情報を

得ることができます。

 

特に、子どもが体調を崩したときは

心配でなりませんよね。

 

小児科の先生がアドバイスされているので、

安心ですね。

 

またリアルなママ体験談を読んで、

共感できること、発見できることが

あるでしょう。

 

 

どうしても解決しないときは資格を持った子育てカウンセラー?

それでも自分の気持ちを解決できない時は、

子育て心理カウンセラーに

話を聞いてもらいましょう。

 

いま抱えている悩みを

誰かに聞いてもらうことは、

気持ちが楽になる第一歩です。

 

子育ては、すべてのママが

多かれ少なかれストレスを

感じているのです。

 

家族やママ友には相談しにくい時は、

資格をもったカウンセラーと

話すことによって

気持ちの整理がついてくるでしょう。

 

ママがストレスを抱え込んだままだと、

子どもとの生活を

楽しく過ごせなくなってしまうかも

しれません。

 

私が以前住んでいた地域では、

子育てカウンセラーが

訪問してくれるサービスがありました。

 

生後何ヶ月までなどの決まりがありましたが、

お住いの地域でそのようなサービスがあるか、

まずは調べてみるといいですね。

 

話を聞いて共感してもらえることは、

子育てに必要だと思います。

 

 

まとめ

子育ては、

思い通りにいかないことの連続です。

 

育児書や周りのお子さんと比較して、

不安になることがあるでしょう。

 

でも大切なのは、

我が子が健康で元気に育ってくれること。

 

ママ自身も健康で、

子どもとの楽しい時間を過ごしてくださいね。

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

子育て
スポンサーリンク
主婦導