仕事中の差し入れは実は迷惑⁉50歳男性上司の場合!

仕事が繁忙期に入り、全員が忙しくなる時期に何か差し入れをしたいと思う時があります。

 

特にあなたが若い場合、50歳代の男性に何を差し入れたらよいのか分からないことも多いかと思います。

 

普段、本人が「私はこれを食べると忙しい時元気になるんだ」とか
「もう何も食わないでいたほうがいいんだから、気を使わないで!」
みたいなことを言ってくれていればよいのですが、そうでもなかったら分かりませんよね?

 

今回は、50歳男性上司に仕事中差し入れをすることについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

仕事中の差し入れが迷惑ではなく気持ちはとても嬉しい!

 仕事中どんなに忙しくても、状況が良くて張り合いのある雰囲気なら差し入れもしやすいかもしれません。

 

逆に、忙しく上司から「もう帰りなさい」と言われるような悪い状況であれば
差し入れ迷惑と感じるかもしれません。

 

思い切って差し入れても、なんだか反応が鈍かったり、黙って食べないで置いてあるのを見たらモヤモヤしてしまいますね。

 

はっきりと「いいよ、いらないよ」と言われてもこれも若干ショックですね。

 

50歳というのは、あんまり食欲がわかない人も多いです。

 

あと、お酒が好きな場合はおいしくお酒を飲むために、やたら間食をしない人も少なくはありません。

 

歳を重ねることで、食べたいもの・食べたくないものも実は多くなってきます。

 

そして、何よりも大なり小なり「健康問題」を抱えている方が多いです。

 

健康診断の結果で控えているものがある人が多いのです。

その場合、この時間帯は食べられない、ということもあります。

 

また、自分の後輩や部下には本当に早く帰宅してほしい、と思っている人も多いです。

 

若い人にお金と気と時間をつかわせないようにしている人が多いのも確かです。

 

「ありがとう、気持ちだけで充分だから」と言ってくれるのであれば
そのままの意味で受け取ってこちらも差し入れは無理にしないでよいと思います。

 

仕事中の差し入れが迷惑にならないようタイミングは大事!

差し入れのタイミングですが、状況は千差万別なので一概には言えません。

 

まず、どんな仕事をしているのかをよく見ていることが大事ではないかな…と思います。

 

この時間帯ならば、どんな食品がいいのか。

普段、どんな飲み物を飲んでいるのか。

普段からのリサーチも大切です。

 

いざ差し入れしようと思った時、普段の観察がモノを言います。

 

状況をみて、今どんな感じなのか
忙しすぎて話しかけないほうがよいのか
もうすぐ終わりそうなのか
想像力を働かせて、精いっぱいの思いやりを持ってタイミングを計ってみてください。

 

そこで、思いっきりずれてしまったとしてもそれがまた「勉強」になります。

 

「こんなことしてくれなくてもいいのに」
みたいな雰囲気になったとしても、次回はそうでないタイミングが図れるようになるのですから、落ち込まないことです。

 

差し入れでもして職場の人を助けたい
と思っているのであれば、あなたがやることは何も悪いことではないので
考えすぎずにやってみてください。

 

それでも心配な時は、他の同僚や先輩にタイミングを聞いておくのもおすすめです。

 

差し入れのうまいタイミングなんていうものは、経験がモノをいう世界です。

 

あとは普段からの観察や先輩や職場の人に意見を聞いておく、などの「リサーチ力」が効いてくるでしょう。

 

差し入れ」ってほんとに難しいのです(笑)
失敗は怖いかもしれませんが、差し入れしたいという気持ちそのものが素晴らしいことです。

上司はきっと喜ぶと思いますので是非やってみてください。

 

さいごに

今回は「仕事中差し入れ」について、50歳男性上司に対してどのようにすればよいのかについて考えてみました。

 

若い人が一生懸命考えて気遣いをしてくれるのは
それがどんなにタイミングや差し入れたものがずれていたとしても、年長者にとっては非常にうれしいものです。

 

差し入れされては業務上本当にマズい場合は叱られるかもしれませんが
これも上司としては指導しなくてはいけないことなのです。

 

タイミングも経験を積み重ねれば次第に分かってくるものです。

考えすぎないで、行動してみてください。

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

暮らし
スポンサーリンク
主婦導