ホテルで洗濯物を干す最適な場所と誰でもできる一晩で乾かすワザ!

暮らし

連休で帰省するなどで、家族でホテルを宿泊先に選んだら、毎度困るのが、ホテルの部屋に洗濯物を干す場所がないことと、乾かないこと。

手洗いして、ホテルのバスタブに干して、換気扇を一晩中かけてても、翌朝までに、乾いてない事って多くないですか?

ホントに困るんですよね。

そこでホテルの室内において

・ホテルで洗濯物を干す最適な場所
・一晩で洗濯物を乾かすことができるおすすめの方法
・万一乾かなかったときの最終手段

についてご紹介します。

スポンサーリンク

ホテルで洗濯物を干す最適な場所!

絶対朝まで乾かすためには、干す場所はお風呂が最適です。

バスタブには、仕切りカーテンのためのパイプがあり、干す場所として使えます。

換気扇を動かしたままにしておけば、寝ている間に乾いていますよ。

ドアを開けたままで換気扇を動かし、部屋の中にエアコンをかけておけば、ほぼほぼ、大丈夫と言えます。

渇き具合ですが、ドアは閉めたままでも、しっかり絞って干せば、翌日には乾いていますよ。

汗だってかくし、汚れたものはもちろん、下着やその他の衣類も、洗えるのであれば洗ってしまいたいです。

それも、ホテルのコインランドリーなど使わず、使用料はタダで。

だって、ホテル洗濯物を洗って一晩で乾かしてしまえば、帰ってからの大量の洗濯物にうんざりしなくて済むし、いいこと尽くめですからね。

干す場所はお風呂で、換気扇を回しドアを開けたままです。一回、試して見て下さい。

スポンサーリンク

ホテルの浴室の湿気が気になるなら

気をつけたいことは、お風呂上がりは湿気が多いことです。

ちょっと良いホテルならしっかり換気や除湿対策がしてあるので、お風呂上がりに、換気扇を10分程度回しておけば、湿気は気にならなくなります。

湿気がこもりやすいと、カビの原因にもなりますからね、ホテル側も湿気対策は配慮しているでしょう。

湿気がなさすぎて、乾燥の方が心配になるほどです。

浴室以外の場所

浴室だけでは、干しきれない量の洗濯物なら、こんな場所も使えます。

クローゼットを利用

そんな時にはクローゼットを利用します。

クローゼットには、備え付けのハンガーが中にあります。

そのハンガーに洗濯物をかけて、クローゼトを明けたままにしておけば、干す場所にも困らない。

洗濯物が乾く上に、お肌の加湿にもなります。

エアコンの吹き出し口

エアコンの吹き出し口を使う人も多いんじゃないでしょうか

エアコンに直接ハンガーを引っ掛けてるんじゃないでしょうか?確かに一番早い方法ですよね。

下着くらいなら1~2時間で乾きますしね。

エアコンの吹き出し口なら乾きやすいとは思いますが、ホテルによっては、埋め込み式エアコンだったりしませんか?

埋め込み式のエアコンに干すのは難しいですよね。

エアコンの形状によっては、引っ掛ける場所がないこともあります。

それに、暖房時期ならいけるかもしれませんが、夏場の冷房なんかだと厳しいこともありますので、ご注意を。

早く乾くための干す前の一手間

ですが、確実に全部乾いているかと言うと、半乾きの状態もあったりします。

ホテルで翌日までに乾いていなかったら、困りますよね。

そこで確実に乾かすための、ひと手間ポイントをご紹介します。

 

バスタオルで脱水

洗濯物をしっかりと固く絞ったあと、バスタオルで脱水する方法です!

ホテルに備え付けのバスタオルでも何でもいいのですが、洗ってしっかり固く絞ったあと、バスタオルに洗濯物を海苔巻きのように包みクルクルっと巻いて、足で踏み水気をとります。

すこし手間ですが、これが速乾に繋がるワンポイントです。

その後はしっかりとシワを伸ばして干しましょう。

お部屋や空調の噴き出し口も乾くようなので試してみることをお勧めします。

ホテルで洗濯物が乾いてない時の最終手段は!

最後の手段としてドライヤーを使います。

朝になってもまだかすかに湿気が残ってるなあと思ったら、ドライヤーの温風で乾かせば一発です。

これはもうテクニックでも何でもないのですが、でも確実です。

厚手の洋服だと、袖口、ワキなど渇きが不十分だったりします。

ドライヤーを使いことが、最も早く確実に乾かせる方法と言ってよいでしょう。

まだ宿泊する予定の場合には、そのまま干していれば、問題無く乾いているんですが、そうも行かない時には、最終手段はドライヤーです。

なかなか見かけない、シンプルなモノトーンの洗濯ネットですが便利なんです。

汚い洗濯物ときれいな服が区別でき、旅行のパッキングにも役に立ってます。

ホテルで洗濯物を干しては行けない場所

電気スタンドには絶対に干さないで下さいね。

あと、ソファに濡れたものをかけるのもダメです。

電気スタンドに干すと、しみが出来たり、他には、熱がこもってしまってシェードの変形などにつながるし、かなり危険です。

ランドリーロープが一つあると、梅雨時期の、室内干し用途にも転用できて、重宝しますよ。

まとめ

ホテルで手洗いした洗濯物を干す場所について、ご紹介しました。

着替えも泊まる日数に合わせて必要最低限でもいいですが、乾きやすそうな素材の物を選ぶなど、事前に選んで、着ていったり持っていくことをおすすめします。

例えばジーンズやセーターなどを洗って干しても一晩では流石に無理です・・・。

インナーや薄手のTシャツなどは、手洗いしてしっかりしぼって干せば、翌日には乾いてます。

なるべく、厚手のより薄着を意識して、荷造りすることも大切ですね。

 

■関連記事

>>ホテルで洗濯物を干す場所が解決する7選!コインランドリーを使いたくない人必見です

■合わせて読みたい

>>【帰省のマナー】滞在費を渡すってホント?義実家に1泊した体験談

>>大型連休の夫が子供と遊ばずイライラする!もし仕返しするなら方法は?