子供の紙おむつはどうやって収納する?サイズアップに対応できるおすすめ収納術!

生まれてくる赤ちゃんの紙おむつを買ったけど
すっと袋のまま置きっぱなしにしてる、
そんな事ありませんか?

 

どこに収納しようかな、と悩みますね。

 

おむつは、買ってきてそのまま置いておくと
部屋の中でかなり場所を取ります。

 

リビング、寝室、どこに置いてもしっくりこない
どうやって収納するのがいいのでしょうか。

 

成長に合わせて紙おむつ収納できる
そんな収納探しました!

 

子育てを楽しく過ごせるといいですね。

 

スポンサーリンク

おむつはサイズアップする!子供の成長もカバーできるおむつ収納5選

「おむつ収納」として
便利で効率のよい収納術を5つご紹介します。

 

ワゴンタイプ

2段、3段など収納力抜群のワゴン。

 

おむつ、おしりふき、テッシュペーパー
ビニール袋、除菌スプレーなど
様々なおむつ替えグッズを収納することができます。

 

タイヤがついているタイプなら
お掃除もしやすいですね。

 

赤ちゃんとの生活にホコリは気になりますから
移動できるタイプはいいでしょう。

 

小分けできるように、いくつか大きさのちがう箱を置き
整頓しておけば使いやすさアップです。

 

おむつのサイズが変わったら
箱のサイズもアップすれば大丈夫。

 

おむつを卒業したら
おもちゃ入れにも使えますよ。

 

 

ふた付きバスケット

収納箱にふたが付いている、おしゃれなバスケット。

 

おむつって、かさばりますよね
だとすると
深さのあるものが良いです。

 

お部屋のインテリアに合わせて
おしゃれなバスケットを置くのもいいですよ。

 

家に来客があった時でも
おむつが丸見えにならずに済みます。

 

おむつがサイズアップすると入る枚数は少なくなりますが
おむつ交換の回数も減ってきますから
必要枚数分だけ補充すればよいです。

 

おむつ収納として役目を終えたら
子供の絵本入れにすると、ちょうど良いですよ。

 

布製バスケット

ふた付きバスケットよりサイズもいろいろ選べる
布製のバスケット。

 

色々な大きさがあるので、サイズ変化にも
すぐに対応できるのが良いです。

 

持ち運びも楽なので
お部屋を移動するときに楽なアイテムです。

 

もう使わなくなったときには
たたんで収納できますしね。

 

 

ベビーベッドの柵にフックでつり下げ

 

ベビーベッドの柵にフックをつけて
バッグに入れたおむつおしり拭きをつりさげれば
お部屋はすっきり、場所を取りません。

 

忙しいママは、買ってきたおむつをそのまま
フックにかけてもよいと思います。

 

我が家のかかりつけの小児科で
このようにおむつを収納しているのを見て
真似しました。

 

あれこれ収納に悩まず、手間もかかりません。

 

 

100均のプラスチックケース

これがいちばんお手軽な収納法ですね。

 

おむつのサイズアップにもすぐに買い換えできますし
コストもかかりません。

 

おむつサイズにぴったりのケースは
たくさんありますよ。

 

おむつおしり拭きのみのセット
リビング、寝室などの各部屋に置いておけば
どこでもすぐにおむつ替えができます。

 

私もいろいろ収納をやってみましたが
やっぱりこのシンプルな方法が一番便利かなと
思いましたね。

 

手作りもカワイイ!おむつ用ポーチで外出にも備えよう!

赤ちゃんとの生活に慣れてきて
家族のおでかけも段々増えていくでしょう。

 

おむつは必ず必要な持ち物の一つですよね。

 

お気に入りのポーチでおでかけできれば
おむつ替えの大変さを軽減できるかもしれません。

 

おむつポーチとして必要なのは
新しいおむつとおしり拭きなどを入れるものと
使用済みおむつが捨てられなかった時のためのポーチ。

 

新しいおむつをいれるものは
外出の時間に合わせて何枚持っていくのか変わるので
いくつか大きさのちがうポーチを用意しておくと
便利です。

 

使用後のおむつを入れるポーチは
防水性の布だと安心ですね。

 

未使用時は小さく畳めたほうがいいです。

 

ママの荷物は何かとかさばってしまいますからね。

 

自分の気に入った布で手作りをするのも
いいですよ。

 

おむつポーチ用の型紙も色々無料であるので
トライしてみて下さい。

 

難しく考えず、自分のオリジナルでも
よいのです。

 

まとめ

おむつ収納は、自分の使いやすさを第一に
便利な方法を見つけてみてくださいね。

 

コストをかけずに、再利用できる方法も
色々あるかと思います。

 

実際に子育てが始まると
自分なりの便利なスタイルがわかってくるので
パパとママ、一緒にベストな収納
見つけていって下さい。