保活の始める時期とやり方!4月入園を望むなら、前年9月スタート?

子供が生まれると
仕事復帰を考えている産休中のママや
これから新しく仕事をしたいと
考えているママにとって重要なのが
保活問題!

 

保活問題についていつから始めるのか
色々行動したり、やり方
情報集めをするなど本当に大変なのです。

 

新米ママならなおさら
保活って何からしたらよいの?」
と疑問に思いますよね。

 

入園に関する手続きは自治体(市役所)
見学申込み等は希望する保育園
やり取りするって、ご存じでしたか?

 

全部保育園で手続きするわけではないのです!

 

そこで
今回は私の周りのママ友から聞いた
保活の話やインターネットの情報を元に

 

保活「いつから」「何をするのか」
「問い合わせ先」を「スケジュール」としてまとめました。

 

ぜひ参考にしていただき行動してくれたらなと思います♪

 

 

 

スポンサーリンク

保活はいつから何をするの?やり方とスケジュールを表にまとめ!

保活ってすごく難しいですよね。

 

悩みに悩んで
結局育休期間を延長したなんて話も
結構聞きますが
延長しても保育園に入れないこともしばしば。

 

また、
そのどのタイミングで入園させたいか
にもよります。

 

保活を始めるタイミングについては
かなり早い事をご存じの方も多いはず。

 

出産後、仕事復帰を考えていたけど
保育園に入れないために
退職をするママさんも多いです。

 

保活は早いほうが良いと聞くけど
実際にはいつからのタイミングで始めたら良いのか
どことやり取りすれば良いのか
人に聞いても意見はバラバラ。

 

結論から言いますと

  • 入園に関する手続きは自治体
  • 見学申込み、園に関する問い合わせ等は保育園

なのです。

 

そして
保活をいつから始めたら良いのかというと
妊娠する前にはだいたいの計画を立てて
妊娠中に活動を始めるのが理想らしいですよ。

 

絶対仕事復帰を考えているママさんは
妊娠中にしっかり活動しているようです。

 

もちろん、産後からでも遅くないですよ。

 

ただ、産後すぐって
慣れない赤ちゃんのお世話だけでも
かなり大変で
時間もうまく取れないのが現実なんですよね。

 

ここからは大まかなやり方とスケジュールをご紹介しますね。

 

保活のやり方

保活に対して漠然とした不安ばかりで
そもそも何からはじめていいかわからない!

 

というママも結構多いですよね。

 

では
保活をしたママたちが
まず何をしていたのかというと
次のことをしていました。

 

  • 保育園の種類について確認する
  • 自治体の窓口に問い合わせる
  • ネットでの情報収集
  • 保育園見学
  • 保険としての認可外保育園の申し込み

 

多くのママがこの中でも特に
「自治体の窓口に問い合わせる」
「ネットでの情報収集」
をしていました!

 

もちろん妊娠中からですよ。

 

やはり自分の住んでいる自治体の
保活の現状を把握する必要があるみたいです。

 

きちんと調べて把握してから
効率よくスムーズに進めたい!
というママが多いですね。

 

その次に情報収集が必要なわけなのですが
住んでいる地域で
子育て広場や支援センターなど
乳幼児が遊べる施設って必ずありますよね。

 

このような子育て支援施設に出向き
保活仲間を作って情報収集をしていましたよ。

 

ただ、
赤ちゃんを連れて遊べる場ですので
これだとどうしても出産後になってしまいますが
そういう対策もあります。

 

それから、保育してもらう環境も
ママにとっては気になるところですよね。

 

自分の子供が通うことを前提にして
早めに保育園説明会や見学に行きましょう。

 

1日に2~3件詰めて行っているママも多いです。

 

第一志望に落ちてしまった時のことも考えて
行けるだけ行って見るのがベストです。

実際に第一志望の保育園に入れる可能性は
本当に低いので
第二志望、第三志望と
見学することをおすすめします。

 

また認可保育園じゃないと入れない!
と考えているママは
万一認可が全部ダメだった時のことも考えて
認可以外も検討しておきましょう。

 

実際に見学すると
先生方も含め園の雰囲気が良くわかります。

 

親目線ですが
自分に合う合わないを感じ取って
親目線の「合う」と思う保育園に
入園させることはとても大事ですからね。

 

 

スケジュールについて

4月入園を目標に
保活をする際のスケジュールを
おおまかに表にしてみました。

 

年間の流れとして参考にしてくださいね。

 

時期 やること
 

妊娠前

妊娠中

・職場復帰時期を決める。

・子供を育てる地域を決めておく。

・住んでいる地域の待機児童数や保育園数、補助金等確認

・候補となりうる認証保育所の見学

・認可、無認可保育所の見学

・選考基準の調査

・保育園入所申請をする

 

 

6月~8月

・情報収集&見学

・自治体の支給申請方法、入園申請方法確認

・保育指数のチェック

・通える範囲の保育施設のチェック

・認可外施設と見学、入園予約の申し込み

 

9月~12月

・支給認定を受けて入園申請をする

・申請書類の不備、申請に必要な書類の確認

・認可外施設の予約

・申請する園の希望順位を決める

1月末~2月 ・選考結果がわかる
2月~4月 ・入園準備~入園

 

自治体によって
スケジュール自体も変わってくるので
必ず住んでいる自治体の窓口やHPを
確認するようにしましょう。

 

あとは保育園の園長さんと仲良くなると
いろんな保育園の情報を教えてくれた
という話も聞いたことがあります。

 

妊娠中から動ける範囲で無理のない程度に
できることをしておくのがよさそうです。

 

早すぎる気もしますが
保活自体、年々早まっているそうなので
まだな人はすぐにでも行動したほうが
いいかもしれませんね。

 

 

保育園の見学予約の電話!迷惑にならない時間帯は?

保活をする上で
保育園見学は外せませんよね。

 

問題はその電話をかける時間帯です。

 

避けたほうがいい時間帯はあるのかも
気になります。

 

なぜかと言いますと
多くの保育園には事務員さんが居ません。
園長先生が全ての対応をしています。

 

まれに事務員さんが居る園もあるようですが^^

 

現役の保育士さんの話では
お昼寝の時間帯である
「13時~15時あたりが一番いいよ」
と言っていました!

 

その時間は園の子供達はお昼寝の時間

 

寝る体制
もしくはもう寝ているので落ち着いて対応が
できるそうですよ。

 

ただ、これはあくまで参考の時間帯であって
必ずこの時間内にと言うわけではありません。

 

自分の都合のつく時間
ゆっくり見学させてもらって下さいね。

 

事務員さんがいる園であれば
何時でも大丈夫だそうです。

 

見学する場合には参考にしてみてくださいね。

 

 

 

まとめ

保活時期やその方法
スケジュール一覧などを
まとめてご紹介しました。

 

お仕事をしているママたちにとって
保活は死活問題です。

 

保活にはパートナーの協力も必要なので
周囲の協力をお願いすることも必ず伝えて
スムーズに動けるようにしましょう。