認定こども園の1号2号の併願について、復職やパートを考えている人必見!

保育園・幼稚園

こども園に通わせたい、と考えているなら、1認定か2号認定か選ばなければいけませんよね。

今はまだ働いていないから2号認定はダメ?

でも働く時間もまだ分からないし…

1認定も2号認定もどちらも希望することはできないの?

など、疑問や不安が出てくることでしょう。

そこで、ここではこども園の1認定と2号認定について、くわしくお話ししていき、少しでも不安が取り除けたらと思います!

スポンサーリンク

1号認定と2号認定を併願出来るのはどんな状態の時?

1でも2号でもいいから、この「幼稚園」(または「こども園」)に通わせたい!

というときは、どちらも申請する「併願」もできます。

その場合ももちろん、「保育の必要性」がないと2号認定の方は認められません。

あらためて説明しますと、1認定はこども園の幼稚園部分、2号認定は保育所部分にあたります。

ですので2号認定を申請するには、保育園と同じように、共働き、介護、妊娠・出産、求職活動などの「保育の必要性」が認められなければいけません。

さっきも言ったように、その施設に魅力があり、どうしても通わせたい人が併願を希望することが多いようです。

2号で認定されなくても、1で入れる可能性があるからです。

また、子ども園Aの2号認定がダメなら、違う子ども園Bの1の認定がいい、という場合も、自治体によっては併願が認められることがあるようです。

選択の幅が広がっていいですね。

スポンサーリンク

今働いてないのなら…1号認定と2号認定を併願出来る?

母親が働いていないなど、「保育の必要性」が認められない家庭は、1認定のみで併願はできません。

ただし、「保育の必要性」が認められる場合もあるので、自治体に確認しましょう。

妊娠・出産などが重なるなどの場合が多いようです。

併願が認められなくて1認定で入園していても、まだあきらめないでください!

働いていなかったり、短い時間のパート勤務だけだった人も、途中で余裕が出てきて働き始めたり、働く時間を増やすことがあると思います。

そのときは年度途中でも1から2号へ、変更することは可能なのです。

認定こども園 1号から2号へ変更は簡単?

1認定から2号認定に変更は簡単にできますよ。

「働き始めた」などで長い時間、子供を見て欲しい、必要があることが前提です。

1認定から2号認定に変更するには、「保育の必要性」があれば出来ますが、号数変更になってもそのまま同じ「園」に通わせたいなら

今、変更できる余裕はあるのか、まずはこども園に確認した方が良いでしょう。

他の「こども園」や「保育所」に移る手もありますが、親にとっても、子どもにとっても、通いなれた園の方が負担は少ないですよね。

号数変更はココに注意して!

2号認定を申請する先は、住んでいる自治体になります。

子ども園の2号認定枠の人数に、余裕がないといけません。

1で通い始めた「認定こども園」(または「幼稚園」)なら、先生たちに確認もしやすいと思います。

現時点では園からは、正式な返事はできなくても、号数変更ができる可能性くらいは、なんとなく分かるものです。

2号に余裕がありそうならば、まずは役所にいって「保育の必要性」の認定を受けましょう。

それから園と役所で協議して、設備や人員が基準を満たしていれば、号数変更が決定されます。

2号認定は園に空きがあること、役所で認定を受けなければいけないことに、気を付けてくださいね。

また、様々な事情で2号認定から1認定へ、変更したい場合もあるかと思います。

その場合だと、比較的簡単に号数変更できるようですよ。

まとめ

子ども園は、親の働き方や家庭の事情が変わっても、子どもが過ごす環境を極力変えずにすむ、というのが利用者として、最大のメリットです。

併願や途中での号数変更もできるので、現在の状況だけにこだわらずに、入園後に働き方等を考えてみるのも、良いかもしれません。

また、住んでいる自治体や園によっても、決まりややり方が違うことがあります。

積極的に話を聞きにいってみて、疑問を解決されることも大切です。

エネルギーを使いますが、わが子の大事な数年間のためです。

がんばってみて下さい!

 

■認定こども園関連記事

>>認定こども園とは?わかりやすくメリットorデメリットを大公開!

>>認定こども園は1号と2号どっちが良い?保育内容や保育料の違いを徹底解説!