認定こども園とは?わかりやすくメリットorデメリットを大公開!

 

待機児童や保育士・保育園不足が嘆かれ、

日々何かと話題に上がる今、

認定こども園

という言葉を聞いたことのある方は

多いかと思います。

 

しかし、実際に

認定こども園が何かと聞かれたとき、

即答できる人は少ないのではないでしょうか?

 

この“認定こども園”とは一体何なのか、

認定こども園のメリットやデメリットは何なのか、

保育園や幼稚園とは一体どう違うのか、

わかりやすくご説明します。

 

 

 

スポンサーリンク

幼稚園や保育園となにが違う?認定こども園の基礎知識

認定こども園を知る前に知っておきたいのは幼稚園と保育園違いです。

 

まず、幼稚園と保育園は管轄が異なります。

 

幼稚園は文部科学省の管轄で、保育園は厚生労働省の管轄になります。

 

・幼稚園の先生は教員免許
・保育園の先生は保育士免許

が必要となります。

 

幼稚園は小学校就学前の教育の基礎を培うことが目的となります。

 

一方で保育園は、

仕事などで保育ができない両親に代わって、保育をするための施設となります。

 

教育そのものを目的としている幼稚園とは、目的が異なるのです。

 

以前は共働き夫婦は保育園で、専業主婦家庭は幼稚園…

という選択が殆どだったかと思いますが、認定こども園ができてからは、選択肢が広がりました。

 

では、その認定こども園とはどのような施設なのでしょうか?

 

ずばり認定こども園とは、教育と保育を一体的に行う施設のことを指し示します。

 

要するに、幼稚園と保育園の両方の良さを併せ持っているということになります。

 

こども園は現在、以下の4つのタイプに分かれています。

 

認定こども園は4つのタイプ

 

・幼保連携型保育園

認定こども園として独立している施設

 

・幼稚園型

認可幼稚園が保育園の機能を追加した施設

 

・保育所型

認可保育園が幼稚園の機能を追加した施設

 

・地方裁量型

主に認可外だった保育園などがもととなっており、待機児童解消のため都道府県より認定された施設。

 

この中で一番多いのは、幼稚園型で次に多いのが幼保連携型です。

 

保育園は待機児童が多いので認定こども園への転換は、かなり難しいようですよ。

 

認定こども園のメリット

そして、認定こども園の一番のメリットは教育と保育を一体的に行うということ。

 

幼稚園ママは時間的な面で長時間就労ができなく、保育園ママは幼稚園に比べ教育面で劣るのではないかと悩む、ということがよく嘆かれていました。

 

しかし、こども園の登場により、両者の悩みが解消できるようになりました。

 

幼稚園ママも延長保育を利用することにより、パートなどに出ることもできるようになりましたし

 

保育園ママも保育園にはなかった、教育面の充実を感じることができるでしょう。

 

こう見ると一見メリットしかないように感じますよね?

 

では、認定こども園デメリットはあるのでしょうか?

 

認定こども園のデメリット

実際によく挙げられているのが、園児の混在によるための運営側や園児の混乱です。

 

そして、家庭環境の違いによる保護者の温度差は、ネットの掲示板などでもよく見かけます。

 

例えば、保育園組は週5で給食なのに対し、幼稚園組は何日かお弁当の日がある。

 

当然、幼稚園組には夏休みなどの長期のお休みがあるのに対し、保育園組にはないため、仲の良いお友達に会えなくなる…

 

幼稚園組の早いお迎えを羨む、保育園組の子どもたちもたくさんいます。

 

ベースが幼稚園のところは行事なども非常に多く、役員や係決めなどでは幼稚園ママの負担が大きくなってしまうというケースも多々あるようです。

 

言わずとも確執ができてしまう構図になりやすいですね。

 

子ども園を視野に入れている方は、メリットとデメリット、どちらも頭に入れておくことが重要ですね。

 

 

 

共働きの子育て家庭が優先?認定こども園を利用するには

認定こども園では、

・1号認定 従来の幼稚園に該当する子ども

・2号認定 従来の保育園に該当する子ども 満3歳以上

・3号認定 従来の保育園に該当する子ども 満3歳未満

と子どもたちを3つに分けます。

 

入園方法は1号認定の枠は従来の幼稚園と同じで、直接園に願書を提出します。

 

2・3号認定に関しては保育園と同じで幼稚園ではなく役所に願書を提出します。そして、それぞれで定員も決まっています。

共働き子育て家庭が優先というわけではありません。

 

人気のあるこども園は幼稚園と一緒で朝早くから並んで願書を出したり、面接も行われていたりと園によって様々です。(1号認定の場合です)

 

保育園では仕事を辞めて再就職しないと退園になってしまいますが、

 

こども園では2号認定→1号認定に変わるだけで退園などの措置がないのも魅力ですね。

 

様々な家庭環境への対応が柔軟だということです。

・1号認定と2号認定はどっちが得?保育内容や保育料の違いを徹底解説!

さいごに

当初認定こども園は数が思ったように増えず、認知度も低い状態でした。しかし近年は軒並み順調に数を増やしています。

 

平成23年は762園だったのに対し、平成28年には4001園と、これは圧倒な増加数だと言えるでしょう。

 

それだけこども園の需要が増えているということですね。大切な我が子の預け先となる園です。

 

何となくではなく、是非しっかりとした情報を持って選んであげてくださいね。