子供靴のサイズアウト目安3ヶ月を間違えてはいけない理由、お下がりダメって?

子供の靴ってすぐサイズアウトしちゃうからと思って、1㎝(センチ)大きめを買ってしまっていた私ですが、サイズアウトの目安を知って、やってはダメな買い方を知りました。

子供の靴のサイズアウトの目安の3ヶ月をまもった方が良い事や
子供が将来おじさんおばさんになったときに
ヒザが痛いの、足が上がらないのって騒がないために

靴選びのヒントになる、
・やってはダメな買い方
・サイズアウトの目安や変えるタイミングについて、お伝えしますね。

スポンサーリンク

子供の靴のサイズアウト目安は3ヶ月

子供の靴のサイズアウト目安は3ヶ月がベストなタイミングです。

よちよち歩きをはじめた0歳頃、靴を履くようになり、1歳から2歳にかけては歩き方が変わって、とことこ歩くようになります。
そして、3歳になると走り出すまでに成長します。

この3歳までの間の子供の足って、じつはとっても柔らかです。
まだ骨が軟らかいんですね。
だから、子供って足より小さなでも平気で履けてしまうんです。

気がつくと、がちっさくなってて足の指先を丸めて履いてたって事も多いでしょう。

大人だと、靴のサイズが合っている、合っていないの判断って出来ますよね。
3歳くらいの子供では、本人が言ってくれないから、いつ替えれば良いのかわからないし、
もっと小さな1歳2歳では、特に注意が必要ですね。

子供の靴のサイズアウト目安は3ヶ月がベストなタイミングです。
この3ヶ月を必ず守って欲しいのには、こんな理由があります。

子供の足は発育が早い、年間1㎝伸びる

一番の理由は、子供の足は発育が早いからです。

3歳くらいだと年間に1㎝は伸びるんですよ。

また、4月生まれと早生まれの子供では体の成長でも個人差が大きく、身長や体重でも差があります。
子供の体だけじゃなく足も同じで、子供の足は個人差が大きいってことにもなります。

甲高の足の子供や、足幅の細い子供などの特徴の違いもありますよね。
同じ靴でも甲高の子は脱げにくかったりするし、キツいかもしれません。
逆に足幅の細い子なんかはゆるくて脱ぎやすい。

意外なほど、子供の足は個人差が大きいことも、サイズアウトの目安は3ヶ月にしてねって理由だと思います。

でもね、正直なところ子供の靴が3ヶ月でサイズアウトしてしまうと勿体ないっておもっちゃいませんか。

まだ新品同様の状態なら、な・お・さ・ら です。
誰か使ってくれないかなあ~~って思いますけど、譲るのはダメなんです。

もちろん、もらうのもダメなんです。

子供の靴がサイズアウト、お下がりはダメ

子供の靴がサイズアウトしたからって貰うのも、譲るのもダメです。

それは、前に履いてた子供のがついているからです。

子供の靴って目安が3ヶ月で、サイズアウトしてしまうと、もったいないって思っちゃいます。まだ新品同様の状態なんだけど、誰か使ってくれないかなあ~~って。

子供の靴に詳しいお店の人からの情報ですが、
「前に試着している人の癖がついている」と正しい発達を妨げてしまうんですって。

それに、
そんなに履いていなかったとしても、クッション効果は少しづつ減ってしまっているから危険だとのこと。

はじめに子供の足は柔らかいとお伝えしました。

子供の靴は、0歳、1歳、2歳、3歳と成長によって歩き方や動き方がかわります。子供の発達に合わせたの機能を考えてあるんだそうです。

え~洗っちゃえば大丈夫なんじゃないの?って思いましたが、についたクセって、洗ったくらいでは取れないそうですよ。

あと、中敷きで調整するのもダメだとの事ですよ。

子供の靴は、大人と違い、かかとに合わせた丸い形に作られていて、

中敷きを入れてしまうと履き口が浅くなって、かかとをきちんとキャッチできずに脱げやすくなってしまうからとの理由です。

子供の履いてるって、中敷きが取れるようになってるがほとんどですよね。これは、中敷きだけを取り出して洗えるようになっているからだそうですよ。

なるほどと思い
それを聞いてからは、夏場は週1で中敷きを洗濯機に突っ込んでいます。

子供の靴を買う目安は年齢に合わせる

子供の靴は成長に合わせて機能を考えてあります。

靴選びの目安として年齢別にご紹介します。

0歳よちよち歩きの頃

やわらかい素材で作ってあり、立った姿勢になったとき足になじむもの。
底がやわらかくクネクネ曲がるものを選びましょう。
他には
・シューズを足に固定するマジックテープ式ベルト
・つま先が巻上底
かかと部分が硬い素材
などを目安にして下さい。

 

1、2歳とことこ歩きの頃

運動量が増え汗をかきやすくなるため、通気性の良い素材を選びましょう。
また、きちんとフィットして脱げにくいものにして下さい。
他には
・つま先に7~10ミリのゆとりがある
・サイズは靴にかかとを合わせて履く
・靴底がクッションで滑りにくいゴム底

 

2,3歳走り出した頃

何でも自分でやってみたい時期です。それに合わせても自分で着脱しやすいものを選びましょう。
運動量が増え靴内がムレると、雑菌が繁殖しやすくなります。
素材は通気性のよいもので換気孔があいている靴を選ぶなど、雑菌の繁殖を押さえた加工をしたもありますので選ぶ時の参考にしてください。
他には
・激しい運動量にも耐える靴底
・つま先の余裕
・激しい運動をしても足がズレないヒモ、またはマジックテープ

年齢や発達にあってないを履かせてると、やっぱり良くないみたいですよ。

子供の靴を間違えて選びぶとどうなる?

年齢別で子供の靴を買うときの目安にしてほしい事をお伝えしました。
じゃあ、お下がりの靴で済ませたり、サイズアウトに気がつかず履かせてしまってるとどうなるのか?

それは、足の変形につながったりします。

子供の靴を間違った選び方をしてしまうと、足の変形(O脚、X脚、へん平足)などの原因になったりします。

つま先の部分が広く、指が靴の中で自由に動くものを選ぶのは
子供の足の成長時期に指十分動かすことで、筋肉が正しく発達し、転びにくい、疲れにくくなるからです。

かかとのおさえがしっかりしているものを選ぶのは
かかとの骨をしっかり成長させて、足の変形(O脚、X脚、へん平足)の原因を防ぐからです。

底が指の付け根部分でしっかり曲がるものを選ぶのは
靴底が硬いと、一歩踏み出す足の運び(ケリだし)がうまくできなくなるからです。

甲の部分が足にフィットしているものを選ぶのは
の甲をしっかり締めぐらつくのを防ぐと自然な歩行をすることが出来るようになるからです。

子供の靴って、一歩間違えると足の変形に繋がって、将来おばさんおじさんになったときに、ヒザが・・・、足が・・・って言って騒ぐことになるんですね。
気をつけましょうね。

さいごに

子供の靴を選ぶ時に押さえておきたいポイントをお伝えしました。

子供の靴のサイズアップの目安は3か月
子供の靴は大きい靴を買ってはダメ
お下がりもダメ中敷きもダメ
だと言うことです。

どんな靴を選んだら良いのかは、
1
つま先の部分が広く、指が靴の中で自由に動くもの
2
かかとのまわりがしっかりしているもの
3
靴底が指の付け根部分でしっかり曲がるもの
4
甲の部分が足にフィットしているもの

と成長段階での靴選びを参考にして、
子供の足にフィットしたを選んで下さいね。