幼稚園での持ち物は?髪型や服装は?身支度スペース設置でママも楽?

はじめての幼稚園
入園準備もワクワクしますね。

 

でも持ち物は何を準備したらいいのかな?
手作りが多くて大変そう…

 

そんな不安もきっとあると思います。

 

園によって準備するものは違いますが、
入園準備によく挙げられるものをチェックして不足がないかの確認や、園での生活に合った服装、髪型をお伝えします。

 

そして、お支度が一人で出来るようになる身支度スペースをお見せします。

 

自分のことが自分で出来るようになると、子供も嬉しい、ママも嬉しいですよね。

自立への第一歩を上手に導きましょう。

 

 

スポンサーリンク

幼稚園入園に最低限必要な準備品

 

入園に必要な物は大きく分けて3つあります。

服装関係、生活用品、最後は保育活動に必要な一般的な物です。

 

服装関係

まず「服装関係」です。

  • 制服、制帽
  • 名札
  • スモッグ
  • 靴下
  • 上靴
  • 上靴入れ
  • 運動靴
  • 肌着、下着

 

制服やスモッグはない園もあります。
肌着や下着は、着替え用も必要な場合は
多めに用意しておきましょう

 

生活用品

次に園で使う「生活用品」です。

  • お弁当箱、はし、はしケース、スプーン、フォークなど
  • ランチョンマット
  • お弁当袋
  • 歯ブラシ、コップ
  • 歯磨きセット袋
  • タオル(紐付きの場合も)
  • 水筒

 

指定はあまりないようですが
キャラクター禁止ではないか?
サイズ指定はないか?
確認しておきましょう。

 

保育活動

それから保育活動に必要な一般的な物です。

  • 体操服
  • 体操服袋
  • はさみ、のり、クレヨンなどの文具
  • お道具箱
  • 鍵盤ハーモニカ

 

入園後に申し込みをしたり
文具などは園で用意することもあるようです。

 

 

園で指定されているもの
手作りの指定があるもの
サイズや素材の指定などよく確認しましょう。

 

 

 

幼稚園児の髪形・服装!かわいいヘアスタイルや園児服

幼稚園では楽しく元気に過ごしてほしいと、親なら誰でも思います。

同時に、できれば見た目もかわいらしくしてあげたい!特に女の子のママは強く思いますよね。

それが親心です。

 

かわいくて、園での活動を制限しない髪型、服装にしなければ行けません。

どのように取り入れればいいのでしょう。

 

 

まず安全対策として
固いチャームのついたゴムやピンは
避けた方がいいです。

 

激しく動いたり、ぶつかったりすることもあるので、
自分やお友達がケガをしてしまいます
園によっては
禁止されているところもあります。

 

そうなるとゴムを中心とした
ヘアアレンジになりますが、
カラフルなゴムや
布製のチャームがついたゴムならかわいくて安心ですね。

 

 

また、顔に髪がかからないように、
ブロック分けして三つ編みや編込みにしたり、
ブロック分けした髪を、上から結んでいくだけでも
きっちり結ぶことができて、崩れにくいです。

 

活発に動いても、帽子をかぶっても崩れにくくて
園児にはおすすめのかわいいヘアアレンジです。

 

 

服装には園でのきまりがあるところが
多いようです。

 

安全第一で、遊具にひっかかるおそれのある
パーカーやひものついた服はNG
といったものです。

 

スカートNGの園もありますが、
スカッツならOKの場合もあるようなので、
スカート好きな女の子には
スカッツはおすすめです。

 

まずは安全第一、活動のしやすさ、
園でのきまり、という範囲の中で、
かわいさを取り入れる工夫をしていきましょう。

 

 

ひとりでできる!幼稚園児向け身支度スペースの作り方

入園したら自分のことはなるべく自分で
してほしところ。

 

また、入園は「幼稚園に入るから」と
子供に
身支度を自分でするように促すきっかけ
になりますよね。

 

子供は環境を整えると思いのほか
いろいろなことを自分でできます。
身支度のスペースを作って自立への
第一歩にしてみませんか。

 

スペース作りの1つ目のポイントは
着替えや持ち物を一カ所に集めることです。
大人でも一カ所で身支度が済んだほうが
楽ですよね。

 

 

2つ目のポイントは
子供の手が届く範囲に置くだけ、入れるだけ
にするということです。

 

手が届くといっても、
背伸びをしなければ届かないような場所は
子供にとって使いづらいのです。

 

そしてフックにかけるだけでも面倒がるのが子供です。
(できる子もいますが!)
通園バッグは置くだけか、ケース等に入れるだけ、
にしておくとハードルがぐっと下がります。

 

 

3つ目のポイントは
親の目の届きやすいところにスペースを作るです。

 

まだまだ親のチェックが必要な時期です。
家事をしながら子供の様子や準備物が
目に入ると、わざわざチェックしにいく手間が
省けるので、余裕をもって見守ることができます。

 

 

もちろん個人差はあるので
我が子に合わせたスペースづくりが必要です。

 

わが家も第一子が6月、
第二子が2月生まれだったので、
第二子ははじめハードルを下げていました。

 

それでも毎日繰り返していくうちに、
上の子より年齢的には早く、
自分でできるようになりましたよ。

 

 

まとめ

親も子供も楽しみでちょっと不安な幼稚園生活。

 

スムーズなスタートがきれるように
できる準備は早めにしておきたいものですね。

 

園生活が始まったら、持ち物や身支度の仕方など、
思ってたのと違った!ということもあると思います。

 

そのときはまた、子供の使いやすさや
過ごしやすさを優先に、
柔軟に対応していきましょう。