バレンタインのお菓子には実は意味があった?!ケーキやチョコの意味って?!

バレンタイン=チョコ
ではないので他のものでも大丈夫なのですが

 

その前に

 

お菓子自体に意味があるって
知っていますか?

 

あげるお菓子によって意味があるので
そのことを分かった上で渡すのも粋ですよ。

 

そこでバレンタインにあげる
チョコ以外のお菓子に
含まれる意味

 

片思い中の相手が
もしもチョコが苦手だった場合に
何を渡したら好印象なのかをご紹介します

 

 

スポンサーリンク

バレンタインにあげるチョコレート以外の意味って?

年に一度のバレンタインデー

 

意中の相手がいる人にとってはワクワク
ドキドキするイベントですよね。

 

でも片思い中に人にとっては
何をあげたらいいのか悩んじゃいますよね。

 

何だったら喜ばれるのか
いつあげたらいいの?

 

など、彼のリサーチもしないといけないし
楽しい反面そわそわしちゃいます。

 

チョコを渡したい相手がまさかの
チョコ苦手だった!
なんて場合も何を渡したらいいのか
困りますよね。

 

女性であれば
早い人で物心がついたころから
好きな人や友達
または、家族にバレンタインチョコや
そのほかのお菓子を
あげたことがある経験があると思います。

 

チョコレート以外だと
クッキーやマカロン
マシュマロなど
色々なお菓子がありますが
これらのお菓子の種類に
意味があると知っていますか?

 

このことを知っていて
渡している人もいれば
全く意識せず渡している人もいますよね。

 

もちろんお菓子の意味ばかり
過剰に考えなくても良いのですが

 

お菓子の種類別に
意味を知っているうえで渡す際には
相手の方に
「本命」や「義理」
などきちんと伝えておく方が
誤解しなくて済みますよ。

 

また、あげるチョコの種類は近年だと
「本命チョコ」
「義理チョコ」
「友チョコ」
「自己チョコ」
「逆チョコ」
の5種類がありますが
相手によって
もちろんチョコの単価を上げたり
包装が違ったりと
各々で贈る相手や気持ちが異なります。

 

一言添えるか
渡すときにきちんとどれなのか
勘違いや誤解を招きそうな場合には
伝えるのがベストです。

 

ではここからチョコ以外
お菓子の意味合いをご紹介しますね。

 

 

クッキー

「友達でいようね」といった意味合い。

 

そのため片思い中に
本命の人へ渡すのはNGかもしれません。

 

ただ大量生産できる楽なお菓子なので
夫婦間やすでに恋人であれば
問題なさそうですね。

 

マシュマロ

「あなたが嫌いです」
というちょっとショッキングな意味合い。

 

ただし!

 

このマシュマロに
チョコが入っている場合には
「純白の愛で包む」
という意味合いに代わるそうです。

 

ちょっとややこしいですよね。

 

でもこちらも
本命には避けたほうが無難かもしれません。

 

キャンディ

「あなたが好き」という意味合い。

 

飴って
ホワイトデーに男性が女性へ
お返しするときのイメージですよね。

 

ということは^^

 

本命の相手にチョコを渡して
飴が返ってきたら
脈ありかもしれませんね!

 

 

キャラメル

「一緒にいると安心する存在」の意味合い。

 

口に含んで
溶けていったあとも残る存在感から
来ているそうです。

 

「好き」の意味合いも含みそうですね。

 

 

マカロン

「特別な存在」「あなたは特別な人」を表しています。

 

どこのお店でも
見かけるようになってきた
可愛らしいお菓子ですが
他のお菓子よりちょっぴり
「高級感」が漂うイメージがあるため
「特別」という
意味合いが含まれているのだそうです。

 

 

どうでしょう?

 

ここまでの意味があるって
知らなかったのではないでしょうか?

 

こうしてみると面白いですね。

 

ただ、お菓子の意味云々よりも
相手のことを思って選んで渡すのであれば
関係なさそうです。

 

 

片思いの彼にあげたいチョコ以外の食べ物!

せっかくのバレンタイン

 

気になる意中の相手に勇気を出して
本命チョコを渡したいですよね。

 

でも男性の中にチョコが苦手だったり
渡すまでに溶けちゃわないか心配!
なんてこともあります。

 

かといって片思い中の身
付き合ってもない彼に物を贈るのは
少し重たくなってしまうので
無難にお菓子がよいでしょう。

 

そこでチョコ以外のもので
喜んでくれそうなものを
渡したいという人におすすめなものを
ご紹介します。

 

・手づくりクッキー(市販でももちろん可!)

・マカロン

 

やはりこの辺りが無難でしょう。

 

先の項目で
お菓子自体の意味もご紹介しましたが

 

クッキーであれば
失敗も少なく包装だけ特別感を出したり
マカロンに関して言えば
「特別な存在」
という意味があるので
こちらもいいですね。

 

お菓子自体が苦手だという彼であれば
リーズナブルで
そこまで重たい印象を受けないハンカチや
乾燥する季節でもあるので
ハンドクリームなんかも良さそうですね。

 

 

まとめ

バレンタインに贈るお菓子には
実は意味があり
チョコ以外にも
何を贈ればいいのかが見えてきましたが
どんなものでも正直いいのです。

 

あなたが素敵だな、渡したいな
と思える相手の方が
負担に思わないものを贈りましょうね。