生後1ヶ月、夜、鼻水で寝ない、そんな時はこんな方法試してみては?

産まれてすぐは
お母さんからもらった免疫のおかげで
風邪をひいたりすることがほとんどない赤ちゃん。

 

でも生後1か月くらいすると
毎晩鼻水がズルズルと
鼻の奥で溜まっているようで苦しそうにして
寝ないことありませんか?

 

風邪ではないとは思いつつも
あまりに苦しそうだと
ママも不安と焦りがでますよね。

 

私も娘がそのくらいの頃
わざわざ小児科に問合せしてしまったほどです。

 

そこで今回は
ママを悩ませる生後1か月の赤ちゃんが
鼻水がグズグズしてなかなか寝ない悩み
について私が経験して
ママも赤ちゃんも楽になった対処法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

生後1ヶ月の赤ちゃんは鼻の穴も小さく詰まりやすい?!

生後1か月の赤ちゃんって
夜寝ているときでも
足をバタバタさせたりしますよね。

 

新米のママでまだ経験がないと
そういったことだけでも何?どうしたの?と
敏感になりますよね。

それが
寝ない理由が鼻水で苦しそうだったら
軽いパニックになります。

 

私も経験がありますが
夜になり「今日は寝ないな~」
と思いのぞき込むと

鼻水で
苦しそうにしている事に気がつき
どうしたら良いのかすごく困りました。

 

でも赤ちゃんは鼻も自分でかめないし
ふき取ってあげるにもまだ鼻も小さく
グイっと強くふくこともできないし
対処にも困ります。

 

外に連れ出したわけでもなく
体調にはかなり気を付けていたはずなのに
なんで??と心配になります。

 

これは風邪なの?
と悩んだこといっぱいあります。

 

この時は不安に駆られすぎて
翌朝朝一で小児科へ駆け込んだのですが
風邪を引いたのではなかったのです。

 

実はこの時期の赤ちゃん
鼻の穴が小さくてどうしても詰まりやすい
とのこと。

 

ちょっとした気温の変化でも
鼻水は出てくるようです。

 

かなりゴフゴフして
溺れるのではないかってくらい
苦しそうにしているのを見たら
風邪ひかせちゃった!?
と焦ります。

 

本当の所は、そうではなく
赤ちゃんにはよくあることなんだと
小児科の先生に言われました。

 

ただ、もちろん風邪の場合もあるので
一度小児科や耳鼻科で見てもらうのも大事です。

 

赤ちゃんは
まだ免疫機能が未熟で
風邪や感染症になりやすいのは事実です。

 

自己判断はせずに
念のため診てもらってくださいね。

 

 

 

生後1か月の赤ちゃんの鼻水はママの吸引で楽になります

一般的に赤ちゃんの鼻水は、あまり心配のない
むしろ、外気に慣れて成長していくためのもの
とも言えます。

 

しかし
あまりにも詰まりがひどかったり
鼻くそが何らかの理由でしつこく付いてて
取り除けなかったりと
困ってしまうこともあります。

 

家庭で
ママが赤ちゃんの鼻水を対処するには
次の方法があります。

 

・お風呂上りに鼻をベビー綿棒でケアする
・蒸しタオルを使う
・鼻吸い器を使う

私の娘が生まれた季節がちょうど真冬
インフルエンザなどもピークな時期で
部屋の加湿や空気清浄機などは1日中。

 

リビングも寝室でもフル稼働して対応していました。

 

乾燥を防ぐことで
鼻の通りも良くなり、呼吸も楽になりますよ。

 

またお風呂上りは温まっていることを利用し
綿棒やガーゼで
やさしく鼻の粘膜を傷つけないよう
ふき取るなどしてケアしてあげてください。

 

綿棒を入り口あたりにそっと入れて
うまく取り出す
小鼻をマッサージしてムニュムニュと出してしまう
などもあります。

 

でも
赤ちゃんは何かしらしょっちゅう泣くので
その時の新たな鼻水
プッと出てしまうこともよくあります。

 

気楽に構えてしまって大丈夫です。

 

そしてこれが一番の対処法ですが
鼻水を吸ってあげること!

安心してください。

ちゃんと、便利な道具があります。

 

病院でも子供が鼻水出ていると
電動鼻水吸引器を使って鼻水を吸いますよね。

 

これを自宅で行います。

 

赤ちゃんの鼻づまりはよく起きることです。

 

病院のような吸引の為の設備は
家庭では無理ですが、
鼻水を吸引するためのケア用品が
1個あるととても便利です。

 

私は先輩ママさんに教えてもらった
鼻水吸い取り用のケア用品を使っています。

どこにでもある、ありふれた物ですが
本当にあってよかったと思いました。

 

ママが簡単にできて
手入れもしやすいので夜中の鼻づまりには
あってよかったな~と思ったものです。

 

耳鼻科には
お医者さんが考案したシンプルな形状で
ママの口の吸引力で
赤ちゃんの鼻を傷つけないよう設計され
やさしく確実に奥までケアできる
ケア用品も置いてあります。

 

コスパがかなりよいので十分で
長く使えますよ。

 

使用後の洗浄も可能なので
鼻水が気になるけど
そのためだけに病院へ行き
逆にもらってきたりもしたくないし
夜間の苦しそうな時もどうにかしてあげたい
と思うママには直接鼻吸いしてあげること
をおすすめします。

 

鼻水もすっきりとれて
赤ちゃんもママも楽になりますよ。

 

 

まとめ

ママを悩ませる
生後1か月の赤ちゃんの鼻水
について対処法をご紹介しました。

 

鼻水原因として
病気の他にも、赤ちゃんはもともと
鼻の穴が小さいので詰まりやすいこと
が関係していることがわかりました。

 

また、その際の対処法としては

 

・お風呂上りに鼻をベビー綿棒でケアする
・蒸しタオルを使う
・鼻吸い器を使う

赤ちゃんが眠寝ているとき苦しそうであれば
ママが鼻吸い器で対処するのが
一番早くて赤ちゃんも楽になりますよ。

 

もし鼻水で寝苦しそうであれば
ぜひ試してみてください。

 

赤ちゃん本人が快適に
ご機嫌でいてもらうのが一番ですよね。

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

子育て
スポンサーリンク
主婦導