幼稚園の説明会に行くときの恥をかかない服装と準備

 

幼稚園受験を考え始めたとき

受験までどんなスケジュールなのか
説明会での服装は?
どんな準備が必要かなど
知りたいことがたくさんあります。

 

初めての事であれば
わからなくて恥ずかしい思いをしないように
準備が必要です。

 

大学付属の名門と言われる幼稚園
大学付属ではないけれどとても
評価の高い幼稚園など
幼稚園なのに受験が必要な園があります。

 

各幼稚園の募集人数に対しての受験者数は
毎年だいたい10~15倍になっています。

 

前もって、塾やお教室などで
受験準備を始める方も多くなっています。

 

必ずというわけではありません。

 

受験の1年前の秋頃から1年間準備します。

 

受験1年前の夏頃までに、親は受験するか
お教室はどうするか等の
考えをまとめておきましょう。

 

幼稚園説明会や、公開行事の見学の際に
恥をかかない服装
準備やスケジュールの立て方
をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

幼稚園受験するためのスケジュール

お受験を考えはじめたら、
最低限できるようにして
おかなければならない事があります。

 

  • トイレをできるように
  • 自己紹介はフルネームでいう
  • 「ぼく」「わたし」の一人称を使うようにする
  • 歯磨き、お着替え、ハンカチ畳み
  • 靴の脱ぎ履きと靴の揃え。

 

日常の中で常に行えば
自然にできるようになりますよね。

 

幼稚園細かな違いはありますが、
全国的に受験日程は秋頃になります。

 

受験までの流れ

大まかな流れは次のようになります。

入園説明会(春と秋)

募集要項、願書の配布(秋)

考査、および、面接

入園手続き

 

 

説明会は春と秋に行われる事が多いです。

 

幼稚園受験をしようと
早い段階から決めているご家庭であれば
前年度の説明会から出席すると
余裕を持って幼稚園選びができます。

 

幼稚園によっては
公開行事の見学や
未就学児が参加できるイベントを
企画する場合があります。

 

幼稚園選びの参考になるので
参加してみましょう。

 

 

願書配布、選考、合格発表は10月~11月に行われます。

翌年4月の入園が基本的な流れになります。

 

 

考査

幼稚園、具体的な内容は発表されていませんが、

子供同士だったり、先生との対話
親との遊び等から
次のような事がチェックされます。

 

  • 運動能力(身体能力)
  • 知力
  • 表現力
  • コミュニケーション能力(社会性)
  • しつけ(家庭環境)

 

 

面接

  • 親だけの面接
  • 親と子供一緒に揃って面接
  • 親と子供別々に面接

 

面接の方法は
幼稚園によってスタイルが違います。

 

親子一緒の面接なら問題ありませんが
親と離れてしまった時
子供がどういう傾向にあるのか
把握しておく必要が有ります。

 

平気な子供もいれば、不安に思う子供もいます
親が子供のいつもの様子を
正直に伝えることが大切です。

 

面接では親が受ける一般的な質問は
下記のようなものがあります。

 

  • 志望動機
  • 家庭の教育環境や教育方針
  • しつけについての考え
  • 両親の仕事
  • 普段の生活
  • 兄弟姉妹との関係
  • 保護者会の出席の可否

 

などですので、考えをまとめておきましょう。

 

幼稚園受験の常識!説明会の服装など

説明会に行くとき

 

一般の幼稚園では
きれいめの普段着で十分ですが
受験校に関しては
受験の流れの中のスタート地点という感覚です。

 

説明会での服装

受験当日や面接を行うときと同じ服装
しましょう。

 

基本、濃紺のフォーマルな服装

 

印象が大事なので
良き父親良き母親のイメージです。

 

お母様はワンピースやスカートに
長袖のジャケットが基本になります。

 

スーツとはいえ
リクルート風やキャリアウーマン風は
母親のイメージとして少し離れてしまいます。

 

お父様はシングルのダークスーツに
シャツは白が一般的です。

 

爽やかさと誠実さが感じられる
紺色が人気のようです。

 

ボタンダウンシャツはカジュアルなので
避けましょう。

 

 

持ち物

  • スリッパ(ネイビーか黒のもの)
  • 黒の貴重品バック
    (本革のものがおすすめです。
    ブランド物はフォーマルな場に
    ふさわしくないので避けましょう)
  • サブバック
    (資料など配布物もあるので
    小さく折り畳めるもので良いので持参しましょう)
  • 手帳と筆記用具
  • レインコートや雨具
  • 扇子(夏の時期は便利です)

 

さいごに

幼稚園受験するということは合格
不合格があるもので、
やはり厳しくなってしまう事も多くなると思います。

 

普段の教育やしつけが
受験の日に発揮されて初めて合格へ近づきます。

 

ただ、子供はまだ幼く、たっぷりの愛情を
感じた中の教育じゃないと
なかなか身につきません。

 

幼稚園合格までの教育が
苦痛になってしまっては残念です。

 

出来なかったときには厳しく叱るのではなく
失敗しても次に出来ることを
とても期待しているような、
暖かい雰囲気が必要です。

 

日頃からお手伝いをすることも
とても大切です。

 

お手伝いが出来たら、褒めるのではなく
「ありがとう」
と感謝しましょう。

 

満足感から
もっとお手伝いしたいと感じるはずです。

 

受験を控えると
どうしても家族みんなが堅くなりがちですが
子供らしく楽しく遊ぶ事も忘れずに
笑顔で合格に向かってがんばってください!