家庭内での家事分担!共働きで子育て真っ最中の夫婦の役割分担は?

共働き夫婦で育児中の家庭の皆さん。

 

家庭内での家事はできていますか?

 

女性の社会進出により
近年共働き世帯が増えたことによって
子供が小さい家ほど、どうしても女性の方に
家事育児両方の負担の割合が
多くなってしまっています。

 

夫婦で話し合い
または色々な事情から共働きを選択したはずが
中々ハードな毎日の中で
喧嘩になったりすることもありますよね。

 

でも、ほんの少しの些細なことでも気づけると
グッと楽にります。

 

そこで今回は
共働きで、子育て真っ最中の夫婦の
家事育児の役割分担
やって欲しいことの決め方についてまとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

共働きだからこそ!育児に家事に役割分担ルール!

育児中で仕事も復帰しているママは
家事育児の両立って中々難しいですよね。

 

特に、子供が小さいうちは

 

そこで問題になるのが「分担」でしょう。

 

ただし
現実問題育児に関しては
ママにしかできないことが多いこともあり
難しいところもありますよね。

 

特に子供が乳幼児期だと
ママじゃないとダメな時期が存在するので
ここはハードルが上がります。

 

我が家にも娘がいますが
主人は仕事で普段は家にいないため
娘からずれば

 

たまに家にいる”おじさん”扱い。

 

遊ぶのも、食事も、お風呂も、寝かしつけも
おむつも全てママじゃないとダメ!な子なので
主人がいくら協力しようと思っても
できないのです。

 

ただこれは専業で
毎日私が娘と二人っきりであるからで
夫婦共働きだと状況が違ってきますよね。

 

夫婦で働いていれば
お互いに出勤の準備やその他色々あると思います。

 

でも、そこで女性の方に育児がのっかってくると
「どうして私ばっかり!」と
不満に思うことだって増えていきます。

 

よく共働きママの愚痴で

「ケータイいじってゲームばかりしてて
子供と遊ぶこともないし、手伝うそぶりもない」

というのを高頻度で聞きます。

 

男性からすれば

「やってるじゃん!」

と反論する人もいるでしょうが
これは互いの分担に対しての認識が
不一致だからです。

 

お互いが仕事をもっていて
子供がいるなら尚更話し合って
分担を見直すことをおすすめします。

 

家事を例に言えば、料理!

 

料理ってどこまでが料理なのでしょうか。

 

材料を準備し、調理して、食卓へ出す。

 

その後の片づけや食器洗いまでが料理なのか
本当に作るだけなのかの互いの認識も必要です。

 

その時には、家事一つとっても
細かく細分化すると、後々お互い

「やった」「出来てない」

などのストレスが減ります。

 

まずは夫婦二人で
お互いのスケジュールや得意不得意なども含め
分担について今一度話し合ってみましょう!

 

その時は細分化も忘れないようにしてくださいね。

 

 

 

夫もできる!家事育児分担でやってほしいこと

共働きをしていて
なおかつ子どもがいる場合には
お互い協力は必要不可欠です。

 

そこで大事なのが
家事育児分担になってきますが
育児のことに関しては特に乳幼児期は
そうだと思うのですが
子供にとってママの力は偉大ですよね。

 

パパっこであれば問題はないのですが
そうではない場合パパにしかできないこと残念ながら・・・全くない・・・。

 

イヤイヤ期なんかに突入していた場合

「絶対にママじゃないといや!パパはダメ!」

な状況になっていることもあるからです。

また
生活する中で子供と遊んでいるから

「自分は育児してるよ!」

と思っている男性は要注意です。

 

なぜなら
「育児」=「遊んであげる」だけではないから。

 

子供と遊んであげるのは
もちろん本当に大事なことなので
続けてほしいと思います。

 

ただし注意がいるのは
「育児」=「遊んであげる」だけではないということ。

 

家族が全員そろって遊んでいる時間って
実は少なくて
パパが子供と遊んでいるとき
ママは家事をしていることが多くありませんか?

 

子供が泣き出し、パパの手に負えなくなった時
最後はママが何かやっている手を止めて
子供の相手をするのです。

 

そこで男性の出番!

 

実は育児の参加もうれしいけど
家事を少しでもやってくれるほうが
助かることが多いんのです。

 

ママでさえストレスを感じるということは
慣れていないパパがやれば
もっとストレスを感じてしまうので
それが原因でケンカが増えたら
全く意味がないと思います。

 

育児は全部ではないけど多めに
パパに任せてみましょう。

 

ママにしかできないことがあるのは事実です。

 

その分、家事はパパが多めにやりましょう。

 

育児はそんなに多くは手伝えないけど
家事はやれることがたくさんあります!

・掃除機をかける

・食器を洗う

・洗濯物を畳む

・ごみを出し

 

小さなことでも
気づいたときにサッと動いてくれるだけで
ものすごく負担も減って
家庭内も平和になります。

 

そこで先ずはパパとママが
役割を話し合い確認し合うことから始めましょう。

 

・できること
・できないこと
・やってあげたいこと
・やってほしいこと
を、1週間のタイムスケジュールを考えて
決めていくことが大事です。

 

このことでお互いのストレスを減らし
男性の方も育児・家事で力を発揮できるように
なると思います。

「どっちかがやる」よりも
「2人でやる」がベストなこともあるでしょう。

ママが料理をしたらパパがお皿を洗う。

ママが洗濯を干したら
パパが洗濯物を取り込みアイロンをかける。

パパが子供を風呂へ入れてくれたら
ママが子供を受け取り着替えさせる。

 

育児においては「ママの領域」が
間違いなく存在するので
「パパができること」と「ママの領域」を
二人で話し合って
共働きでも分担すれば
家事育児もお互いストレスは軽減されて
お互いの大変さも理解でき
協力的にもっとなれるはずですよ。

 

 

まとめ

共働きで育児真っ最中の夫婦の
家事や育児の役割分担について
ご紹介しました。

 

共働きフルタイムで働いているご家庭も
たくさんあると思いますが
・できること
・できないこと
・やってあげたいこと
・やってほしいこと
を、1週間のタイムスケジュールを考えて
決めていくことが大事だということがわかりました。

 

今、まさに分担について不満があり
上手くいっていない場合には
上記のことを参考に
夫婦で今一度話し合ってみて下さいね!

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

子育て
スポンサーリンク
主婦導