子育て期間だからこそ楽したい!手抜きがバレないリビング収納法

子育ての毎日は時間内追われて

色々なことが後回しになってしまいがちですよね。

 

物は増えて溢れ返るし

片付ける時間もないし

苦手だし・・・。

 

どうしても部屋が雑然としてしまう

そんな悩みを持つママも

少なくないと思います。

 

できれば多くの時間を過ごすリビング

キレイに保ちたいし

日々の子育てで時間は無いし掃除もに済ませたい

 

かといって

手抜きと思われたくもない

と感じている人もいるのではないでしょうか?

 

今回はそんなママに

子育て期間を楽に過ごしてもらうために

私がやってきた

 

子育てになるリビング収納ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

子育てが楽になる!リビングの収納方法!

乳幼児期には子供部屋が存在しません。

 

ほとんど一日の大半を過ごすリビングが

生活兼子供部屋になってしまっていますよね。

 

こまごました玩具から、本まで

その辺に出しっぱなしだったり

色んなところに隠してみたり

雑然としてしまいませんか。

 

片付けは

ほとんどママがすることになってしまいがちですが

片づけが苦手なママにとっては

悩んでしまいますよね。

 

ここではそんなリビング収納について

少しでもママが楽になるポイント

ご紹介します。

 

 

 

ママ楽ポイント1 とにかくモノは少なく!を意識

これは私が実践している方法なのですが

子供がいるとどうしても

こまごました玩具や衣類、小物で

結構場所をとるんですよね。

 

なので、私の場合ですが

子供が寝たあとに

定期的に要る要らないを選別し

処分してしまいます。

 

普段収納している箱であったり

場所に入りきらなくなった時が

選別の目安時期と考えています。

 

捨ててもいいし

思い入れの強い物なら、譲ったりして

物が減れば収納になるし

掃除もし易く見た感じもすっきりしてみえますよ。

 

 

ママ楽ポイント2 子供専用の収納スペースを確保する

リビングが片付かない原因のひとつが

子供の玩具です。

 

玩具が片付かないことで

イライラしたりすることだって

あると思います。

 

ここで、ママがになるために

子供専用の収納スペースの作り方を教えます。

 

小さいうちは仕分けが難しいので

放り込むだけで片付けられる箱

なんかがおすすめです。

 

遊んだあとは

「ないないしようね」など

一緒に片付ける場所を覚えさせれば

子供もどこにしまえばいいのか学習します。

 

習慣づけにも役に立つので

お子さん専用収納スペースを

確保してくださいね。

 

お部屋に余裕があれば

キッズスペースを確保して

見せる収納をするのもありです。

 

ちなみに我が家は

本棚と収納が一体になった家具と

木製のおままごとキッチンを

リビングと同じ色合いで揃え統一し

見せる収納をしていますよ。

 

子供も自分のスペースであることを

認識しているので

片付けも自分で行いますし

部屋もそこまで散らからないので

片付けもです。

 

 

まとめ

子供も自分のスペースであることを

認識したリビング収納について

ご紹介しました。

 

収納リビングに合わせた

見せる収納

箱などに投げ込むだけの片付けにすれば

仕分けしたりする手間も省けて

ママもです。

 

子供にとっても片づけがし易く

モノを分別して減らせば、更に楽になり

部屋全体もすっきりしますよ。

 

リビング収納

毎日育児に家事に頑張っているママ

ぜひ参考にしてみてくださいね。