オムツポーチは手作りが一番!臭いも漏れない使用後のオムツも収納

 

とにかく
取り出し易いおむつ一式セットポーチ
欲しい!と思ったことありませんか?

 

ハンドメイドなら
好きな柄やサイズでオリジナルの可愛いもの
が出来ます。

 

今回は外出時に役立つ
手作りおむつポーチ
リビングでついついその辺に置いてしまいがちな
おむつがオムツストッカー使いで
手早いオムツ替えでイライラが減る方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

簡単なのに機能的!オムツポーチが手作りできる!臭い漏れもなし

子供が生まれると必ず必要になってくる
おむつ

 

特に乳幼児のうちは
おむつを替える回数も多いので
ついつい手の届き易いところに置いてしまいがちですよね。

 

外出のときなんかも
おむつって結構かさばるし
カバンの中でぐちゃぐちゃ!っとなったり

 

オムツポーチってご存知ですか?

 

その名の通り
おむつやお尻拭き、ポリ袋やちょっとしたものを
入れるのにとても便利です。

 

ハンドメイドが好きなママなんかだと
出産前の時間がある時に作ったりも
するそうです。

 

手作りのよいところは
生地から形から自分好みに作れるところ。

 

作っている最中も楽しいし
出来上がったときも嬉しいですよね。

 

でもママの中には
作りたいけど手芸や裁縫は苦手・・・。

 

ミシンも家にないし
中々時間が上手く取れなかったりしますよね。

 

そこで!

 

ここでは簡単に出来る
「機能的なオムツポーチ
の作り方をご紹介します。

 

簡単に!安くて時短のオムツポーチ作り方

手作りと聞くと
なんだか一から作らなければならない
気がしますが
ミシンもない、手芸もそこまで・・・
というママには
こちらが作り易いかもしれません。

 

まず作るにあたって必要なものを
ご紹介しますね。

 

 

[材料]

  • 接着剤
  • ビタット(おしりふきのフタ)
  • ポーチ(お尻拭きが入るサイズでビニール製)
  • 本体になるポーチやバッグ(ミニトートなんかでもいいですね)
  • マジックテープ(元々ポーチにファスナーがついていれば不要)
  • 糸と針

 

これだけで作れます!

 

生地から裁縫するわけではなく
元々の既製品から少し手を加えて作ります。

 

もちろん
糸と針や接着剤は100均で十分です。

 

本体になるオムツやお尻拭きを入れる
バッグやポーチは100均で充分です。

 

安くて可愛い雑貨屋さんなんかのポーチを使うと
より、お洒落に作れます。

 

これなら材料費も安くて済みますよ。

 

 

[作り方]

次に作り方についてご紹介しますね。

 

①お尻拭きを入れるポーチにビタットを取り付ける

 

ビタットは200~300円のもので売っている
のでそれでよいでしょう。

 

ポーチにお尻拭きを入れて
ビタットを取り付ける位置を確認します。

 

確認できたら取り出し口に印をつけてカット
します。

 

オムツポーチ本体にも穴を開けます。

 

先でカットしたお尻拭きポーチ
本体に合わせてみて印をつけてカットします。

 

本体を裏返して、お尻拭きポーチを重ねて
ズラさないようカットします。

 

二つの穴が重なるようにしてくださいね。

 

オムツポーチ本体とお尻拭き用ポーチをくっつける

 

これは接着剤でも構いませんし
しっかりつけたい人は
糸と針で縫い合わせましょう。

 

取り出し部分だけしっかり針と糸で補強して
そのあと全体に接着剤を塗ってくっつけると
なおよいです。

 

オムツポーチ本体にビタットを取り付ける。

 

ビタットに接着剤を塗り
オムツポーチ本体(表)に取り付けます。

 

オムツポーチの表からは中を開けなくとも
ビタットからお尻拭きを取り出せるように
出来ているはずです。

 

⑤カバンにファスナーがついてない場合には
カバンの開け口にマジックテープを
取り付けましょう。

 

100均に縫い合わせるタイプと
接着するだけのタイプとあるので
お好きなほうで貼り付けてください。

 

これで完成です!

 

 

他にも
既製のポーチやカバンを使わずに
生地から選んで作ることも出来ます。

 

ミシンがなくても
巾着型であれば手縫いでも簡単に出来ますよ。

 

本格的に収納ポケットや、形、機能を
搭載するとなるとやはりミシンが必要です。

 

時間も掛かるでしょう。

 

育児中の隙間時間に、簡単に安く
でも手作りをしたいママは
料理と同じで既製品も上手に使いながら
作ってみるとよいですね。

 

 

 

 

サイズを変えるだけ!リビングに置いてもかわいい手作りのオムツ収納!

育児をしていると
頻繁におむつを替えますよね。

 

基本的に日中は
リビングで過ごされるママが多いと思うのですが
おむつどこに置いていますか?

 

手の届くところに置いておくのが
取り出し易いしママも便利なのですが
何に収納していますか?

 

その辺に積んだり
むき出しのまま置いていたりしませんか?

 

おむつの置き場所や収納って
結構困りますよね。

 

できれば
リビングのインテリアの邪魔をしない収納を
したいものです。

 

ここではおむつを収納する
オムツストッカー」
の作り方をお伝えします。

 

簡単オムツストッカーの作り方

色々な種類がありますが
大きく分けると
「置くタイプ」と「吊り下げるタイプ」
があります。

 

使い勝手と言う意味では
「置くタイプ」のほうが良さそうですが
ベビーベッドなどを活用している人は
ベッドに「吊り下げるタイプ」の方が
使い勝手は良さそうです。

 

最近では100均や雑貨屋さんなどで
可愛いバスケットや
移動できるワゴンなど
少し自分でアレンジして
収納ケースとして利用するママが多いですよね。

 

私も雑貨屋で買ったバスケットに
おむつや綿棒など一式入れて利用しています。

 

そんな中
ダンボールや空き箱でも
簡単に可愛いストッカーを作れることを
知りました。

 

赤ちゃんのおむつは消耗品ですから
箱外する方もいらっしゃいますよね。

 

なんとそのおむつのダンボールは
オムツストッカーに変身させられるのです!

 

作り方はこちらです。

 

[材料]

  • オムツのダンボール1箱
  • カッター、はさみ
  • マスキングテープ等デコレーション素材
  • 定規 ※50cm以上
  • カッターマット(不要ダンボールで代用可能)
  • グルーガン(ホットガン) 速乾性木工用ボンド、ガムテープで代用可能

 

完成した感じは
オムツを30枚~40枚積み上げられる
細長いオムツサイズの長方形の入れ物です。

 

[作り方]

箱はバラして作ります。

オムツを実際に積み重ねてみて
そのサイズより一回り大きいサイズを
採寸しましょう。

 

③採寸できたら
オムツを積み重ねて入れられるよう
縦長の形にダンボールを組み立てます。

 

オムツを取り出す底の部分は
台形に切り取ると摩擦が少なくて
取り出し易いです。

 

⑤入れ物が完成したら
マスキングテープや英字新聞
今は100均にもインテリアの木目調や
タイル柄のシートなんかが売ってるので
貼り付けると見た目もおしゃれです。

 

おむつのサイズが変わったときに
作り変えも可能ですし
コストもかからず済みます。

 

時間のあるときに作ってみるのもよいですね。

まとめ

手作りオムツポーチ
リビングに置いても可愛い手作りのオムツ収納
をご紹介しました。

オムツ収納のストッカーも
ポーチも手作りできるのはすごいですね!

デコレーションだけでも
オリジナル感が満載です。

ぜひ参考に試してみてくださいね!

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

子育て
スポンサーリンク
主婦導