女の子の初節句っていつなの?早生まれに場合は?自宅でのお祝いの仕方!

女の子が生まれると
初めて迎える3月3日の「桃の節句」が
初節句になりますよね。

 

しかし!

 

赤ちゃん2月生まれと早生まれの場合には
ママも産後の身体は回復しきれていないし
慣れない育児と家事の両立の中で
初節句のお祝いを

 

「今年」にするか「来年」にするかで
悩んじゃいます。

 

時期的にはお宮参りも被ってきそうだし
「どうしたものか悩んじゃう!」
なんてママもいるかと思います。

 

赤ちゃんが2月生まれで早生まれの場合
初節句をする時期を
今年にするのか来年にした方がいいのか
自宅での初節句のお祝いの方法について
の二つをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

2月に生まれたばかりの赤ちゃん!早生まれの場合の初節句は今年?来年?

生まれた赤ちゃん2月生まれの場合
初節句を迎えるのはまだまだ新生児。

 

初節句のお祝いするのに
「絶対にこうしなければならない!」
という決まりやルールは存在しないので
お子さんと何よりもママの様子で
判断するのが一番です。

 

産後間もない
又は床上げしたばかりであったり
不慣れな育児や家事の中で
お祝いをするとなると
結構負担がかかっちゃいますよね。

 

そのため個人的には急いで行わなくても
来年に持ち越しでもいいと思います。

 

結構周りのママさんは
翌年に持ち越す派が多かったです。

 

ちなみに私の娘の場合ですが
生まれて初めて迎えた3月3日の桃の日の頃は
まだ生後3か月。

 

一年待たずして
初節句のお祝いをしたのですが
これは特に盛大に両家を呼んでお祝いするような形ではなく
家族水入らずでお雛様を飾って
料理だけテイクアウトも含めての
ささやかなお祝いで
負担もかからなかったからであって

 

今思えば
「もう一年待ってからでも良かったかな」
と思います。

 

1年待った方が
赤ちゃん自身も1歳前後。

 

一緒に食事を楽しめるし
お祝いできますからね。

 

初節句に関しては地域の風習や
両家でどちらかが
初節句に対しての考え方や
認識が違ったりすると
初節句を行う時期についても
何か言われたりすることもあるかと思います

 

そこは旦那さんの協力のもと
まずはママの体調や赤ちゃんにも
負担がかからないかどうかで
判断しても良いでしょう。

 

また、初節句
お宮参りを済ませた後に
行うものとする考え方もあります。

 

赤ちゃんが3週間以内に生まれた場合や
ママが床上げしていない場合
お宮参りが済んでいない

 

この3つに当てはまる場合には
初節句は来年にするという考え方です。

 

初節句の時期は
早生まれの赤ちゃんの場合には
時期が難しいですが
ルールや決まりはないので

 

夫婦で話し合って
ママの負担にならない
無理のないように行ってくださいね。

 

 

赤ちゃんの初節句!自宅でのお祝いってどうやるの?

子供の初めての節句。

 

生まれて初めてのお祝いは
親にとっても感慨深いものですよね。

 

初節句が近くなると
今まで自分子供だった頃を思い出し
節句の日のお祝いを思い浮かべるものですが

 

自分が親になってから迎える
こどもの「初節句」は別物ですよね。

 

親になってから
初めての「初節句」は準備もお祝いの方法
よくわからなかったりします。

 

でもそこまで難しく考える必要はないですよ。

 

一般的には
男の子であれば5月5日に
女の子であれば3月3日に行います。

 

お祝い飾りを飾って
節句のメニューを用意して
両家の両親や祖父母などを呼んだ場合には
みんなで囲んでお祝いします。

 

自宅で初節句のお祝いを行う場合には
次のことを確認しておきましょう。

・誰を呼ぶのか参加者の確認をする

・スケジュールの調整

・用意する食事メニューの確認や手配

・手土産の用意

・参加できなかった人がいた場合の内祝いの用意

 

自宅で初節句を行う場合には
ママの負担にならないよう
オードブルやデリバリー
お店に予約を入れ、当日に取りに行く
などして食事は用意してもよいでしょう。

 

全て手作りにする必要はないので
大人用にお酒を用意する場合には
それに合うおつまみを少し用意したりしても
いいですね。

 

手を抜くところは抜いて
ゆっくり皆でお祝いしてあげてください。

 

服装についての決まり特にありませんが
せっかくのお祝いの日なので
赤ちゃんにオシャレ着として
袴なんか着せるとグッと雰囲気が出て
思い出にも残りますよ。

 

お祝い飾りをバッグに
用意した料理なんかと一緒に撮ると
記念の一枚になります。

 

自宅だと少し難しいかもしれませんが
お祝いに来てくれた人たち全員で
集合写真を撮って、
後日フォトブックにしてプレゼントしたり
すると結構喜ばれますよ。

 

初めての初節句は無理のない範囲で
赤ちゃんの成長を皆で喜び
願いながら楽しく過ごしてくださいね。

 

 

まとめ

初節句となると
一生に一度のことなので
張り切りがちですが
無理のないできる範囲で行いましょう。

 

絶対なルールや決まりは存在しなので
「我が家流」でも十分大丈夫ですよ。

 

ぜひ参考にしてみて下さいね。