厄年の由来と男女の違い!厄払いしないと何が大変?

暮らし

科学技術の発達した現代にもかかわらず、厄年と厄除けは、日頃の話題にも登ります。

病気、ケガ、事故、離婚、リストラ…のようなワードが厄年という言葉とセットで話題になると、気になってしまいますよね。

厄年とは、災厄、災難が降りかかりやすい年だと言われています。

平安時代から、すでに陰陽道で、「厄難に遭いやすく 諸事に慎み深く 振舞わなければならない」とする年齢、とされてきました。

また、寺社などの役職に就くことができる年齢ということで「役年」とも言われ、役職に着くような、責任のある年齢の人々に、災いが降りかからないように、とお祓いをしたことから、という説もあります。

平安時代から存在し、江戸時代に発展して、現代日本でも広く信じられている厄年です。

「どうせ迷信」、と気にしないで過ごせる方はいいですが、「無視するのもなあ」と多少は気になる方のほうが多いと思います。

 

スポンサーリンク

 厄年はいつ?

厄年は、男女で該当する年齢が違います。

厄年は、大抵は数え年です。(生まれた年を一歳として、あと新年のたびに一歳を加えて数える年齢)

男性が、25歳、42歳、61歳
女性が、19歳、33歳、37歳、61歳

上が、「本厄」と言われている年齢です。

それぞれの年齢の前後に、「前厄」「後厄」が1年ずつあります。

本厄の中でも特に注意を要すると言われる年齢は「大厄」であり、男性が42歳女性が33歳です。

スポンサーリンク

厄払いのしかた

では、厄払いの方法についてですが、年末年始に有名寺社がテレビでCMを流したりするので、ご存知の方もいると思います

厄除けをやってくれる、お寺や神社へお参りをするのがポピュラーですよね。

実は、寺社や宗派などにより、厄年の考え方や厄年とする年齢が、微妙に違うのです。

近隣の寺社でもよい、という考え方もあります。

昨今のパワースポットブームもありますし、「行ってみようかな」と思っている寺社で良いと思います。

厄年はこの年齢である、というような掲示物を、よく神社やお寺でみかけます。

それをチェックして、該当する年齢になったら、その年の早めの内に(初詣とか)お参りするというのが、一般です。

ご祈祷、お祓いをきちんと依頼して、やっていただくのでもよいですし
普通にお参りして、お札やお守りを買うのでもよいと思います。

厄除けのための何らかの行動をしたということで、「厄年だからお参りいったほうがいいかな…」というちょっと気になるポイントを、「厄除け済み」として、済ませるだけでも気がラクになります。

 

厄払いしないと何が大変

男性の大厄は数えの42歳。

満年齢ですと41歳ですから、結婚して子どももいて、家庭を構えている男性も多いと思います。

パパが無頓着でもママが心配しているパターンも、多いのではないかと思います。

男性42歳が大厄とはあながち間違ってはいないなあと、私自身が思っています。

なぜかとうと、この年齢あたりの性は、家庭をささえ、職場では、それこそ「役持ち」の方も多いでしょう。

そして、20代30代と性らしく、元気に働いてきた中で、自覚していない身体変化が、現れて来る年齢とも言えます。

女性が更年期に入っていくのと、似ている感覚とでもいうのでしょうか?

会社員ですと、色んな人に頼られる年代です。

でも、身体の言うことも聞かないと、急に倒れたり、病気になったり、事故になる割合も高くなるのかもしれません。

その経験則から、昔の人はこの年齢に「厄」というものを与え、注意を促すようにしたのかもしれません。

厄年ということそのものが、はっきりとした起源も根拠も無いものです。

上に書いたことも憶測でしかありません。

しかし、なんとなく腑に落ちるところがありませんか?

厄払いしても、また30代までと同じように、「無茶」して良いわけではありません。

私の周りも、40代で体や心の病気になる、自分でなくても家族がなったり、子どもに何か起こったり、という話はよくあります。

 

さいごに

人生80年以上の時代、42歳とはちょうど折り返し点です。

ちょっと立ち止まって、自分のことを大事にして一息つこう。

という、先人の知恵のようにも思えます。

厄年なんて迷信だよ、と突っ走らずに、いったん一息つくきっかけにしていくと、良いのかもしれませんね。