地鎮祭!お供え物にかかる費用はいくら?お供えする量は?

 

地鎮祭
新しく家を建てる土地の神を鎮めて
工事の安全を祈願するもの。

 

着工前の吉日を選んで行います。

 

では、地鎮祭にはどれくらいお金がかかるのか?

 

神主さんにはご祝儀を
祭壇に飾るお供え物や道具などの
費用もかかります。

 

神主さんへは
大体1~5万円程度を包みますが

地域によって色々あるので
業者の担当者に確認するとよいですよ。

 

あと、地鎮祭で使う道具類、お供え物
大体2~3万円程度です。

 

内訳について詳しくご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

地鎮祭の準備!神主さんへのお金は封筒に入れて…

初めてのマイホーム!わくわくしますね!!

 

色んな展示場を見て回り
自分好みのハウスメーカーを見つけて
打ち合わせをして

 

さあ、家を建てましょう!!

 

その前に!
建て主がする最初のイベントは?

 

今から建てる土地のごあいさつ、地鎮祭

 

最近は
日程が合わない、費用がもったいない
などの理由で地鎮祭をしない人も
いるみたいですが

 

これから工事をはじめるけじめとして
ほとんどの所で行っています。

 

しないからと言って
何が起きるというわけではありませんが

もし何かあった時
地鎮祭をしなかったからかも
などと後悔はしたくないですよね!!

 

地鎮祭をする事で
造る人との顔合わせにもなりますし
やって後悔はしません。

 

ザックリと地を鎮める祭りとは分かるけれど
実際何をするの?何が必要なの?

 

多くの方が、地鎮祭の準備を
ハウスメーカーさんに頼んで行っていますが
自分の地元の神社に
お願いすることもできます。

 

ハウスメーカーさんに頼むと
神主の紹介から予約
お供え物などの準備をしてくれ
自分で準備するよりも安くすみます!

 

地元の神主さんに頼むとなると
予約からお供え物なども
全て自分で準備をしないといけなくなるので
大変です。

 

 

ただ、地域の繋がりがあるところは
地元の神社にお願いする事も
頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。

 

実際来ていただいた神主さんへは
ご祝儀を渡します。

 

ご祝儀は封筒ではなく
のし袋に包んでお渡しします。

 

では、のし袋には
どのように書いたら良いのでしょうか?

 

のし袋には
「初穂料」あるいは「玉串料」と書きます。

 

どちらでも正解ですが
地鎮祭の時は
「初穂料」を使う場合が多いそうです。

 

あとは、建て主の名前を書いてくださいね。

 

のし袋の水引きは

印刷されたものではなく
神事のマナーとして
実際に蝶結びされたものを選びましょう!

 

中袋の表面には「金○萬円也」と書き
○のところには漢字で、入れた金額を書きます。

 

裏面には、住所と氏名を左下に書いてください。

地鎮祭を行う意味は?段取りは分からないし費用はいくら?
地鎮祭とは 家を建てる前に、神様に工事の無事を祈願すること。 大体の方はその程度しか分かりませんよね いざ自分がやるとなると どうすれば良いのか見当もつきません。 地鎮祭をするに...

地鎮祭の準備!お供え物の種類と量について!

地鎮祭で準備するものにはお供え物もあります。

 

お供えする物は7点あります。

1.清酒(一升)

お酒は2本用意しましょう。

 

1本は神様に捧げるため
神主さんが持ち帰り

もう1本は神が宿った酒として
建て主が持ち帰ります。

 

お酒には祝儀用の
のし紙をつけてもらいましょう!

 

のしには「奉献」と書きます。

 

 

2.お米

洗米したお米です。

 

前の日に洗って乾かしたものを
準備しましょう!

 

 

3.塩(一合)

お供えとして使うものと
地鎮祭の儀式に使います。

 

4.水(一合)

一合用計量カップ、一杯分ぐらい。

 

5.海の幸

魚。

一般的に鯛のおかしら
頭と尾のあるものだったら他の魚でもよいです。

 

昆布やスルメなどの乾物。
スルメは、寿留女と書いて
寿の文字が含まれているため
縁起がよいとされています。

 

昆布も「よろこぶ」の「こぶ」で
縁起がよいとされています。

 

スルメと昆布は幅が広く
見た目のよいものを選びましょう!

 

 

6.山の幸

果物をお供えするのが一般的です。

 

季節の果物などスーパーで
手に入るもので大丈夫です。

 

 

7.野菜

「地面の上に出来るもの」
白菜、トマト、キュウリなど。

 

「地面の下に出来るもの」
大根、芋、人参など。

 

これらは、もともと建てる人が用意するものでしたが
最近ではハウスメーカーさんや
神主さんが揃えることが増えています。

 

地鎮祭を行った我が家の感想ですが
個人で用意するのは結構大変でしたよ。

 

慣れない土地で、あっちこっち店を回って
頼めるなら頼んじゃいましょう!!

 

他に準備する物は?

  1. しめ縄
    祭壇の回りに張り巡らすもの。

  2. しめ縄を張るために使う。

  3. 盛砂として使う。
  4. かま、くわ、すき
    地鎮祭の儀式に使う。

 

これらは、用意してくれます。

 

私は全部自分で用意しましたが
しめ縄と竹は使っていません。

 

済む地域で違うみたいですね。

 

かま、くわ、すきは
のちに家が建ったら家庭菜園に役立ちますよ!!

 

お供え物は、用意した人が持ち帰ります。

 

ハウスメーカーさんなら
建て主が持って帰ります。

 

美味しくいただきましょう!

 

家を建てるのって家以外にも
結構お金がかかりますね。

地鎮祭の後は上棟式もありますし。

 

一生暮らす家だと思い、あと少し頑張りましょう!!

 

地鎮祭のしきたりとお供え物について、これを知れば大丈夫!
いよいよ、念願のマイホームの着工が始まる! 一生に一度の大きなイベントですよね。 そこで気になってくるのが「地鎮祭」のマナー。 工事の無事と安全 繁栄を祈る「地鎮祭」ですが 何せほとんど...

最後に

地鎮祭は色々マナーがありますが
そんなに肩に力を入れなくても大丈夫!

 

服もラフな格好でかまいません。

 

ハウスメーカーさんの
指示通りにすれば問題ありません。

 

これから一生お世話になる土地!

 

一生幸せに暮らせるよう
土地の神様にごあいさつは大切ですね。