喪中の初詣!行ってはいけないの!?

 

1年の始まりは恒例にしている友人との初詣

 

今回も、友人と計画を立てていたら
「うちは喪中だから行ったらダメだよ」
と家族に言われてしまった、
こんな経験はありませんか?

 

多くの人にとって、
年に一度の楽しみにになっている初詣

 

友人や恋人と行こうと計画していたのに、
家族の指摘を受けてしまいました。

 

どうしよう、行っちゃだめなのかな
と悩んでしまう方もいらっしゃると思います。

 

喪中と、初詣との関係について
簡単にお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

「喪中」の間の決まり事?

身内に不幸があり
それからの1年間、三回忌までを、一般的に
喪中」と言っています。

 

この間、年賀状のやりとりをしないことは
みなさんご存知と思います。

 

しかし、初詣は?

 

と聞かれると
そういえば、どうなのだろう?
と分からなくなる方もいらっしゃいますよね。

 

身内の不幸に関しては
「忌中」と「喪中」という言葉があり
この2つは、内容が違います。

 

忌中(きちゅう)は、四十九日までの期間
喪中(もちゅう)は、1年間の、三回忌まで、というのが
一般的です。

 

初詣に関して、お寺では
四十九日までを忌中期間
神社では、最大50日までを忌中期間
としています。

 

その間は
お祭り、結婚式なとのおめでたい行事には
参加せず、静かに暮らす、とされています。

 

一般には、四十九日の範囲内(忌中の期間)
であれば、初詣は避けた方が良いことになります。

 

それ以降の喪中ならば
初詣をしても、大丈夫なようです。

 

 

 

喪中の初詣!神社とお寺の違い

忌中ではない喪中の時期
初詣に行くとして
普通の初詣と違ったりするのでしょうか。

 

まず、忌中を避けなければならない
としているのは、神社です。

 

「死」は、「穢れ」(けがれ)とされています。

 

穢れを神社に持ち込んではいけないので
この時期に神社に詣でることは
避けなければなりません。

 

また、神社によっては忌中とされる期間にも
違いがあるそうなので
行こうとしている神社に確認しましょう。

 

一方、お寺は
ご先祖様に、新年のご挨拶をする
という意味に捉えるため
たとえ忌中でも、初詣は大丈夫だそうです。

 

喪中の間の初詣
行っても構わないとはいえ
親族を亡くされて

 

そもそもが、自分たちの気持ちが
「お祝い」ムードではありませんよね。

 

華やかな神社周辺や
他の参拝客を見るとご自分の気持ちが
少し沈んでしまうかもしれない
という可能性があります。

 

これは個々人の考えや
その時の気持ちで判断していいことと
思いますが

 

喪中の間は
人気のある神社は避けるとか

 

お寺ならば
初詣の際に、お墓まいりをするなどして
ご自分の気持ちが落ち着く初詣
するのもよいかと思います。

 

初詣の行き先が神社なのか、お寺なのか
で違いがあることをお伝えしました。

 

また、参拝に際しては
ご自分の喪に服している期間や

 

参拝予定の神社が
「いつまでを忌中としているのか」
を確認してから出かけてくださいね。

 

 

初詣のお守りは喪中でも買える?

忌中、喪中の間でも
お守りが欲しい場合、ありますよね。

 

そんな時は、どうしたらよいでしょうか。

 

お守り、お札は
毎年新しいものに替えるものです。

 

しかし、忌中にあたってしまい
神社に行けない場合は
どうしたらいいでしょうか。

 

この場合、他の人に頼んで買ってきてもらって
良いのです。

 

古いお札やお守りの引き取りは
初詣時期にしかやっていない神社が多いので
神社に問い合わせてお願いすれば
郵送などで受け付けてくれるところも
あるそうです。

 

ぜひ、問い合わせてみましょう。

 

喪中でも
新しいお守りやお札を
手に入れること自体は
大丈夫なのですね。

 

 

さいごに

ここまでみてきたように
初詣
ご自分の喪に服している期間によって
可能なことがわかりました。

 

また、お守りやお札に関しても
忌中の場合は、人に頼むなどすれば
入手可能なことがわかりました。

 

科学技術とインターネットが発達しても
人の気持ちは、区切りを必要としています。

 

年中の、さまざまな行事がそうですよね。

 

疑問が湧いたら、その都度調べると
やみくもに避けたりする必要もないことが
わかります。

 

喪中でも初詣をして
亡くなった方の冥福を改めて祈りながら
ご自分たちも

 

新しい年を気持ちよく迎えましょう。

 

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

暮らし
スポンサーリンク
主婦導