お宮参りの初穂料は誰が払うの?その相場と払い方は?

出産も無事終わり
慣れない育児に明け暮れる日々が始まって
1ヶ月が経とうとしているママさんは
そろそろ

 

お宮参り

 

のことを考えないといけなくなり
色々気になることも出てきますね。

 

お宮参りで神社にてご祈祷をしてもらう際
初穂料」を納めます。

 

相場は一般的に5000円から1万円です。

 

それは家族のうち、誰が払うのでしょうか?

 

自分たち夫婦でしょうか?
母方の祖父母でしょうか?
それとも、父方?
考えはじめるとわからなくなってしまいますよね。

 

お宮参り」のお金誰が払うのか
分かりやすくお伝えします。

 

スポンサーリンク

両家そろってお宮参り!初穂料やお祝いの食事は誰が払うの?

昔は、お宮参りといえば
母方の祖父母(赤ちゃんから見た祖父母)が
お金や着物などを用意(お膳立て、と言います)して
父方の祖父母と父親と赤ちゃんが
お参りしたそうです。

 

赤ちゃんは父方の祖母が抱っこします。

 

昔は
赤ちゃんは父方の孫であるという
考え方でしたので
父方のみでお参りしたようです。

 

母親は産後75日から100日まで
産後の「忌明け」が済んでいない
という考え方から
お宮参りには参加しないものでした。

 

出産したばかりの母体を守る意味も
あったでしょうね。

 

この昔のならわしからすると
初穂料は母方の祖父母が準備するのかと
思ってしまいますね。

 

しかし現在では
両家そろってお参りすることも多いことから
必ずしも母方が準備する
ということではなくなってますし
そもそもどこが出す
という厳密な決まりはないそうですので
結局は誰が出してもいい
ということになります。

 

現在では
昔ながらに赤ちゃん、両親、父方の祖父母で
行う場合でも
父方の実家が支払ってくれる場合が多いようです。

 

最近では「お宮参り」自体を
赤ちゃん、両親と両祖父母という
一家勢揃いで行う場合も多くなりました。

 

その場合は
父方が初穂料を準備し
母方の実家が「お宮参り」の着物などを
用意するなど
両家話し合いで「役割分担」したりして
お宮参り当日を迎えているようです。

 

衣装の負担が
初穂料より大きい場合は
食事代を父方が負担したりなど
両家で負担が偏らないように気遣いあっているのが
現代のお宮参りです。

 

 

お宮参りの初穂料!相場と地方によっては他にも…

初穂料は
一般的には、5千円から1万円と言われています。

 

しかし、
神社によって明確に決めていたり
(掲示物に明記してあったり、
ホームページで記載していたりします)
地域や神社によってはもっと低かったり
もっと高かったりする場合もあります。

 

私の時には、社務所の巫女さんが
「5千円です」
と言ってくれたので
5千円を準備しました。

 

地元の神社に行くなら
親御さんや、近所の方
経験のある友人に聞いたり、
神社に直接きいてしまう
など行動しましょう。

 

ホームページではわからないことも
聞いてしまえばスムーズにいきますね。

 

地域によっては
飴を作って近所に配ったり(福岡)
厄除けのためにおでこに
男の子なら「大」
女の子なら「小」と書いたり(大阪の一部の地域)
など、その地域独特の風習があります。

 

特に有名なのが
関西の「紐銭」(ひもせん)です。

 

親戚やご近所などの親しい方から
いただいたご祝儀袋を
赤ちゃんのお祝い着・産着の紐に結びつけるそうです。

 

「一生お金に困らないように」
という祈りが込められているそうです。

 

他には
犬張子というおもちゃでんでん太鼓を
産着にくくりつける地域もあるそうです。

 

 

昔は乳幼児の死亡率も高かったので
健やかな成長を心から祈る気持ちが
このように地域によって
風習として残っているのですね。

 

さいごに

ここまで、お宮参り初穂料誰が払うのか
食事会の負担は誰が負うのか
初穂料の相場やそもそものしきたりなど
についてもお伝えしてきました。

 

子育てに慣れないうちに
ひとつめの大きな行事になるわけです。

 

両家の親の調整にも気を使ったり
なにかと気苦労も起こってしまうかもしれません。

 

しかし、ママはご自分の体調を最優先して
周囲に理解を求めながら、楽しんでください。

 

スムーズに準備が運び
笑顔で当日を迎えられるといいですね。