スポンサーリンク

子育て貯金の目標額!私立と公立の差が激しすぎて今知って良かった!

子どものこと

赤ちゃんが生まれてから

大学を卒業する22歳までに

いくらかかるか知っていますか??

 

教育費だけでも

1人当たり3,000万円にもなる

と言われています。

 

もちろん私立や公立、習い事の有無や

その他普段の生活でもかかりますよね。

 

子育てには

「生活費」と「教育費」の両方が必要です。

 

「生活費」と「教育費」の両方を合わせた

子育て貯金の目標額についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

私立に小学校から入れるといくらかかる?

赤ちゃんを授かったとき

嬉しさと同時に

親としての責任も感じますよね。

 

1人育てていくためには

愛情だけでなく

経済的な負担ももちろんかかってきます。

 

教育費とは

子供が生まれてから社会へ自立するまでに

必要なお金のことをいうのですが

 

いったいいくらくらいかかるんでしょうか?

 

生まれるまでにも

マタニティ用品から出産用品

健診代など結構かかりましたよね。

 

ちなみに産後から22歳までの

生活費の平均が以下の通りです。

 

  • 食費:約670万円
  • 医療費:約141万円
  • 衣類費:約193万円
  • お小遣い:約451万円
  • 子供の私物類:約91万円

 

教育費抜きでも合計約1,549万円!

 

もうこれだけでもすごい額ですよね。

 

ここに教育費が加わると

大変なことになりそうです。

 

ただし同居や兄弟の数

生活環境などによっては

多少前後されるでしょう。

 

冒頭で教育費と生活費を合算した額が

1人当たり3,000万円

と言いましたが

 

教育費だけで3,000万円

生活費で約1,550万円

 

ということは単順に

教育費に生活費をプラスすればよいのでしょうか?

 

子供の歩む道によって変わってきます。

 

こちらに関しても詳しくお話します。

 

公立と私立の比較

まずは幼稚園から高校まで

公立に通った場合の金額です。(目安、平均)

 

幼稚園:3年間の総額

約66万2340円(1年あたり22万780円)

 

小学校:6年間の総額

約182万1397円(1年あたり30万3566円)

 

中学校:3年間の総額

約137万9518円(1年あたり45万9839円)

 

高校:3年間の総額

約117万5267円(1年あたり39万1756円)

 

 

 

次に幼稚園から高校まで

私立に通った場合の金額です。(目安、平均)

 

幼稚園:3年間の総額

約161万918円(1年あたり53万6973円)

 

小学校:6年間の総額

約881万687円(1年あたり146万8488円)

 

中学校:3年間の総額

約383万9621円(1年あたり127万9874円)

 

高校:3年間の総額

約275万5243円(1年あたり91万8414円)

 

幼稚園では年間約90万円

小学校で約660万円

中学校では240万円

高校では約150万円

 

こうして比較してみると

これだけの差があることが分かりました。

 

ここまでで合計1140万違うのです。

 

もう桁が違いますね。

合計金額も約3倍違います。

 

また大学になるとこういう結果になりました。

 

 

  • 短大:約381万4000円
  • 国公立大:約561万3,000円
  • 私立大学(文系):約688万円
  • 私立大学(理系):約803万3,000円

 

短大と1番高額な私立大学理系とでは

約400万円も違ってくることがわかります。

 

小学生から私立理系大学までに掛かる費用は

約2504万9469円だとわかりました。

 

これが1人当たりの金額になるので

教育費だけでも

相当額の貯金目標が必要ですね。

 

 

スポンサーリンク

子供2人分の子育て費!マイホーム資金も入れると‥‥

上記の項目で教育費(私立の場合)や生活費が

1人当たり合計4000万円程

になることがわかったので

2人だと単純計算で8000万円。

 

公立の場合にはもっと下がりますね。

 

ここに憧れのマイホーム資金もいれると

一体いくら貯金があればよいのでしょう?

 

一般には子供が生まれるまでに

世帯著金額500万円があれば

まずは安心と言われているらしいです。

 

そこから、将来先を見据え

1番お金が掛かりそうな時期を見通し

溜めていく他なさそうです。

 

財形貯蓄、先取り貯金、学資保険など

赤ちゃんが出来たら

夫婦できちんとお金の話し合いや

今後の年間目標貯蓄額など

決めておいたほうが良さそうですね。

 

1年を通して

 

手取りの10~15%貯蓄できるとベストです。

 

ただ家計を圧迫しすぎないように

注意は必要です。

 

家計の貯蓄と、教育費に関しては

児童手当全額貯金、奨学金借り入れ

などでなんとかなるでしょう。

 

マイホームを検討している過程は

それとは別にマイホーム資金として

頭金に500~1000万あると安心です。

 

ただし、こちらも

家計を圧迫しないように気をつけましょう。

 

住宅購入の際には

「返済できる金額」を割り出し

必要な「支出」「貯蓄額」「返済額」を決めて

購入可能物件価格を決めましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

私立小学校から私立大学までは

1人当たり約4000万かかることがわかりました。

 

赤ちゃんが生まれるまでに

500万円ほど貯蓄があると安心ですね。

 

また、そこにマイホーム資金の頭金として

500~1000万あると住宅購入が

現実になりそうです。

 

お子さんの人数が増えれば

かかる費用も

それなりに増えてくることになるので

 

将来を見据えて今からしっかりと

日々の生活を見直して

コツコツ貯金しておくことが大切ですね。

子どものこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
主婦導