キッチン掃除で大変な油汚れ!簡単に落とせて、清潔に保つやり方!!

毎日お料理をすると
絶対にキッチンって汚れますよね。

 

コンロも、壁も、床も、シンクも
全部が汚くなります。

 

壁にコンロに換気扇にグリル。

 

特にコンロ周辺の油汚れ
油が飛び散ったりしていて
放っておくと臭いもつくし
汚れも落ちにくくなってしまいますよね。

 

掃除をしたい気持ちはあるのだけど
どの方法なら一番汚れが落ちるのかもわからないし
どこからどうやって掃除したらいいのかもわからない!
なんて人もいると思います。

 

とくに油汚れ
油と埃とくっついて頑固な油汚れになっているので
落とすのも大変なのです。

 

そこで
この頑固な油汚れをどうやって落とすのか
私が普段やっている方法
キッチンの「水周り」と「火周り」別
掃除仕方をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

キッチン掃除のやり方で清潔に保てる?

キッチンと言ってもコンロに換気扇カバーに
シンクにガス台に壁に・・・
と「気力」と「体力」
があるときにしかできないような
手間がとてもかかっちゃうんですよね。

 

重い腰がなかなか上がりません。

 

キッチン掃除には大きく2つあります。

 

「水周りの汚れ」と「火周りの汚れ」です。

 

「水周りの汚れ」は、シンクももちろんそうですが
食材や食器を洗った後に出た生ごみや雑菌が
繁殖してできるドロドロ汚れ
水垢があります。

 

これらは臭いの原因にもなりますので
きれいにしちゃいましょう。

 

「火の周りの汚れ」は

調理中にできた油汚れ
吹きこぼれたときにできる焦げ付き
がありますよね。

 

放置すると頑固にこびり付いて落ちにくくなるし
床にも壁にも近くの家電にも広がっている場合もあるので
これもお掃除する必要があります。

 

水周り掃除の仕方

まずは「水周り掃除」のやり方です。

  • 食器用洗剤
  • スポンジ
  • キッチンハイターなど塩素漂白剤
  • クエン酸、重曹

 

これらの道具を使ってお掃除をしていきます。

 

シンクや蛇口は結構洗剤できれいになるので
しっかり洗って水で流したら
仕上げに布で水分を拭き取りましょう!

 

ここがポイントです。

 

排水溝は
「キッチンハイター」や「カビキラー」を
シュシュっと吹きかけて
しばらく放置しておき
最後にすすぐだけでピカピカになります。

 

1日の調理
食器洗いが終わった後に
シンクを少し洗って
排水溝のごみを取り除き
漂白しておくだけで
かなり清潔に保つことが可能ですよ。

 

火周り掃除の仕方

 

次に「火の周りの掃除」ですが
こちらを用意しましょう。

  • 食器用洗剤
  • スポンジ
  • 重曹などのアルカリ性洗剤
  • キッチンマジックリンなどの油汚れ専用洗剤

 

コンロ周りのはねた油汚れはすぐに落ちるので
重曹を水で溶いて作った重曹スプレーなどを
吹きかけ布で拭き取ればOK。

 

これはレンジフードや換気扇まわりでも使えます。

 

壁や床は
食器用洗剤を少しつけて
布で拭き取れば落ちます。

 

洗剤が残らないよう
しっかり水拭きしてくださいね。

 

レンジの中は
アルカリ性の性質を持った重曹がおすすめですよ。

 

「お水200に対し重曹大匙2」
を入れて溶かして重曹水を作り
これをひいた布を1分温めてから
ふき取るだけでピカピカです!

 

放っておけば頑固な汚れになるし
何となくキッチンが臭うようになりますが
日々調理の後にちょこっと手間をかけて
週末や体力気力のある時に
まとめてお掃除するだけで
きれいな状態をキープできます。

 

自分のペースで良いので、参考にしてみて下さいね。

 

 

キッチンの油汚れをさっぱり綺麗に!汚れを取るのに便利な洗剤やグッズ

コンロや壁などに飛び散った頑固な油汚れ

 

この油よごれを簡単に落とす方法は
実はいくつかあります。

  • ぬるま湯に漬け置いておく方法
  • 洗剤を吹きかけて貼付する方法
  • 洗剤やブラシでこすって油を浮かして落とす方法
  • 重曹と石鹸の混合洗剤を使って落とす方法
  • リームクレンザーを使って落とす

 

たくさんの方法がありますが
油汚れをすっきり落としたいときに
効果的な洗剤が「アルカリ性洗剤」なんです。

 

例えば市販のもので言えば
「マジックリン」や「スクラビングバブル」
「超電水クリーンシュシュ」
などが結構落ちますよ。

 

また、「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」も有効です。

 

私も毎日キッチンだけは
使ったあと少しですが、綺麗にしています。

 

臭いがつくのが嫌なので。

 

結構手間なお掃除
楽に落としたい私がたどり着いた方法が
「セスキのお掃除シート」です!

 

セスキって皮脂汚れも落ちるんですよ。

 

タンパク質を分解する力が
重曹よりも強いのです。

 

簡単にお手入れができるのに
レンジもガス台下の汚れや隙間のべとべとも
かなり落ちます。

 

もちろん壁の汚れもきれいにすっきりです。

 

ゴシゴシこすらなくても
どんどん汚れが落ちてきれいになるから
掃除が楽しくなってきて
他のところもピカピカにした!
との声も多いらしいです。

 

換気扇カバーにも、クロスも、コンロ脇の壁も
細かい油跳ねにも万能で
ピカピカになります。

 

他にもキッチンのお掃除をする上で
必須アイテムになるのがこちら!

  • 柔らかいスポンジ、布
  • 台所用中性洗剤
  • クリームクレンザー
  • 歯ブラシ、竹串
  • セスキ

 

これがあれば、
基本的にはどの部位でも
きれいにすることが可能です。

 

ただここで注意が必要なのが
「金属たわし」や「酸性・アルカリ性洗剤」です。

 

金属たわしは天板を傷つけてしまったり
洗剤は使い方によって素材を傷めてしまうので
注意が必要ですよ。

 

これらのことを踏まえて
これらお掃除グッズで
キッチンの汚れ落としをぜひ試してみて下さいね。

 

 

まとめ

毎日ご飯を作るところだから
清潔に保ちたいキッチン。

 

なかなか手間のかかる掃除だけど
きれいにできたら何となく気持ちも
スッキリしますよ。

 

日ごろから
キッチンを使った後は少し拭いたりなど
お手入れをして
清潔にしておきましょうね。