ペットボトルを「繰り返し使用」してはいけない3つの理由とは?

ペットボトルを再利用して

水筒がわりに使っていませんか?

 

空いたペットボトル

お茶を入れて持ち歩くなんて、普通だと思ってました。

 

 

でも子供が産まれて「衛生面」が気になるようになって・・・。

水洗いしただけのペットボトル大丈夫なのかな?と思うようになりました。

 

 

同じようなことで

お悩みの方も

きっといらっしゃることと思います。

 

 

そこで、

ペットボトルに飲み物を繰り返し入れて

使用することは

衛生的にアリか?ナシか?

調べてみました!

 

 

スポンサーリンク

ペットボトルを繰り返し使うと不衛生になる理由 3つ

ペットボトル飲料を

販売しているメーカーによると、

ペットボトル繰り返し使用することは

「おすすめしていません」

だそうです。

 

未開封のときには

菌もなく安全なペットボトルですが、

繰り返し使用すると不衛生になるから

だそうです。

 

どのような理由で

不衛生になってしまうのか、

例を挙げてみましょう。

 

 

1、唾液にふくまれる雑菌のため

ペットボトルはたいてい

飲むときに直接口をつけて

飲みますよね。

するとペットボトルの口や、

そこにふれるキャップで雑菌が増えていくそうです。

 

とくにキャップのふたの凸凹は

雑菌がたまりやすいのだそうです。

この雑菌、水洗いでは

落ちていかないというから厄介です。

 

2、ペットボトルに傷がつくと雑菌が増えるから

繰り返し使うとなると

様々な方法でペットボトル

洗うことになります。

 

ブラシ等でこすったときに

傷がはいると、

その傷口が雑菌の格好のすみかになってしまいます。

 

3、ペットボトル容器にふくまれる物質が悪影響だから

高温の場所に置いてあったり、

直射日光があたると

ペットボトル容器にふくまれる物質が溶け出し、

体内に蓄積して人体に悪影響をおよぼす

可能性もあるそうです。

表面が傷ついて、劣化していくと

より溶け出しやすくなるとも言われています。

 

この溶け出す物質ですが、

出荷されただけのものであれば

安全基準をクリアしているので、

過剰に心配しなくても良い、

ということは申し添えておきます。

 

 

このように3つの理由で、

ペットボトル繰り返し使用すると

不衛生になる、とのことです。

 

私は経験がありませんが、

不衛生なまま使ってしまい、

腹痛や嘔吐に悩まされた人もいるようです。

 

 

 

ペットボトルを使い回しするなら何回まで?

ペットボトルは基本的に

1回のみの利用を想定して作られているので、

メーカーはあくまでも

繰り返しの使用をすすめていません。

 

水筒の代わりに

使用するのはやめておいた方がよいのですが、

それでも

「もったいない」

「自己責任できちんと洗えば大丈夫では?」

という方もいらっしゃるでしょう。

 

 

もし(自己責任で)

繰り返し使用するのであれば

5~6回を目安にするといいそうです。

 

たとえば平日仕事の日に

使用するのであれば、

その間はきれいに洗って

きちんと乾かす。

週末には新しいペットボトルに交換する。

と覚えておくと良いでしょう。

 

ただし、

少しでもイヤなにおい、

蓄積された汚れ、

ぬめぬめした感じ、

に気が付いたら

そのペットボトル

捨てる(リサイクルに出す)ように

した方が安全です。

 

 

 

まとめ

 

一度で捨ててしまわない、

もったいない、

再利用しよう、とする気持ちは

素晴らしいものです。

 

しかし

それで病気になってしまっては

自分も家族もハッピーではありませんよね。

「もったいない」と思っていたはずなのに、

治療費が余計にかかってしまっては

元も子もありません。

 

ペットボトル

衛生的に繰り返し使用することは難しい、

ということを頭に入れておいて、

もし使用する場合は

細心の注意をはらうようにしてください。

 

繰り返し使用したい場合は

コップを使って飲むようにして

直接口をつけないようにする、

など工夫してもいいかもしれないですね。

 

 

私も今まで無頓着でしたが、

たまたま運よく

病気にならなかっただけ、

と気を引き締めて、

ペットボトルと付き合っていきたいな、

と思います。