ステンレスのやかんの汚れが掃除の仕方でピカピカに変身!

やかんって変形しているし
注ぎ口は細いし
内側も外側もどちらも洗いにくいな・・・

 

あなたも、一度や二度は
そんな風に思ったことが
あるのではないでしょうか?

 

今回は、ステンレスやかん
ピカピカにする方法を伝授します!

 

これを読んだら、きっとすぐに
やかん
掃除
をしたくなることでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

やかんの内側にはクエン酸!

やかんといえば台所で使いますよね。

 

外側ははねた油がついていたり
内側は茶渋で茶色く染まっていたり・・・

 

使うたびにちゃんと洗っているつもりでも
日々の蓄積でこびりついているんですよね。

 

これはどうにかしたい!!

 

というわけで、まずは
やかんの内側を
きれいにしてみましょう。

 

やかんの内側はクエン酸できれいにします。

 

やかんなどは直接口に含むものを入れるので
いくらきれいになるからといってもあまり
強い洗剤などは使いたくない!
のが本音。

 

その点、クエン酸なら
梅干しやレモンなどにも含まれている成分で、安全で安心ですにおいもありません。

 

しかも掃除方法はとっても簡単です。

 

やかんに水とクエン酸を入れて
沸騰させるだけです。

 

水1Lに対してクエン酸は小さじ1
の割合で入れましょう。

 

沸騰してから10~15分くらい煮立たせてから
火を止めて数時間放置します。

 

数時間後にやかんの中の水を捨てて
スポンジで軽くこすりましょう。

 

これで茶渋程度の汚れが簡単に取れます。

 

これは電気ケトルにも応用できます。

 

放置する時間は控えめにして
クエン酸入りの水を捨てた後に
もう一度水道水を満水まで入れて
沸騰させてください。

 

私は内側に関してはやかんより
電気ケトルの方が気になっていたので
やかんよりもクエン酸掃除の頻度が高いです。

 

手軽にできるのでおすすめです。
あなたもぜひチャレンジしてみてください。

 

 

やかんの外側には重曹!

やかんの外側は重曹を使いましょう。

 

最近なにかと使える重曹は私のお気に入りです。

 

重曹の粉は研磨する働きがあるので
やかんの外側に重曹の粉をふりかけて
スポンジで擦りましょう。

 

あまり力を入れて擦らないように注意
してください。

 

軽くこするだけでも十分綺麗になります。

 

私は
今までやかんの外側は
普通の洗剤で洗うことしかしていませんでした。

 

10年ほど
その状態で放置していたやかん
初めて重曹で擦った時は
ものすごく感動しました。

 

こまめに中性洗剤で洗っていても
飛んできた油は知らぬ間に蓄積されていて
洗った直後でもベトベト感が取れない
こともありました。

 

これは取れない汚れなのだと
半分諦めていました。

 

ですが
重曹で軽く擦るだけで油のベタベタ感はまったくなくなりました。

 

もちろん
10年放置していたやかんですから
新品のピカピカさは取り戻せませんでしたが
触ったらツルツルするのは
気持ち良いですし
掃除する前よりはあきらかにやかんが
ピカピカと輝いています。

 

力を入れなくてもきれいになるのは
女性にとってかなり助かりますね

 

重曹以外に特別な材料は要りませんから
気軽に試してみてください。

 

重曹パワーに驚くこと間違いなしです。

 

 

ステンレスのやかんの頑固な汚れは重曹?クエン酸?

重曹で擦ってある程度はきれいになったけれど
でもまだ汚れがこびりついているの・・・

 

そんな時は重曹水です。

 

重曹水を作って1晩
やかんをその中につけておきましょう。

 

長時間つけておくことで
こびりついている汚れを浮かせる
ことができます。

 

次の日に重曹水からやかんを出して
重曹の粉をふりかけて軽く擦ってみてください。

 

きれいに汚れが落ちることでしょう。

 

やかんの注ぎ口は変形していたり
細い部分があって
手が届かずうまく洗えないこともあります。

 

そんな場合も
つけおきしておくと
汚れが落ちやすくなります。

 

掃除が難しい部分ですが
歯ブラシなど細長いものを活用して
擦りましょう。

 

ま、100円ショップには
いろいろな掃除グッズがありますから
さまざまな形のブラシを準備しておいて
それで擦るのも良いですね。

 

100円だと思うとブラシが汚れても
気楽に処分しやすく衛生面でも安心です。

 

頑固な汚れさえきれいになるなんて
重曹パワーってすごいですね。

 

頼れる重曹は常備しておいて
思いついた時に
すぐに掃除ができるようにしたいですね。

 

 

アルミ製のやかんにが大変なことに!

この掃除方法は
ステンレスやかんの場合です。

 

アルミ製のやかんに重曹を使うと
黒ずんだりして
きれいになるどころの話ではなくなります。

 

材質が分からないものには
重曹を使った掃除は避けましょう。

 

取り返しがつかなくなったら大変です。

 

やかんの内側はクエン酸を
やかんの外側は重曹を使うと
簡単に汚れを落すことができます。

 

クエン酸は塩素系の洗剤と混ぜると危険です。

 

クエン酸を使用する時には
使っても良い環境か確認してから
使うようにしましょう。

 

重曹は研磨効果があるので
あまり強く擦らないように気をつけましょう。

 

軽く擦るだけでも驚くほどきれいになります。

 

汚れが落ちない時は
重曹水を作って数時間つけおきしましょう。

 

つけおきすることで汚れが浮きあがるので
軽く擦るだけできれいになります。

 

 

さいごに

何かと使えるクエン酸と重曹。

 

ずぼら主婦にとって強い味方になること間違いありません。

 

手軽に掃除できるので
こまめに使って
いつでも清潔な台所を維持したいですね。