地鎮祭のしきたりとお供え物について、これを知れば大丈夫!

いよいよ、念願のマイホームの着工が始まる!

 

一生に一度の大きなイベントですよね。

 

そこで気になってくるのが「地鎮祭」のマナー。

 

工事の無事と安全
繁栄を祈る「地鎮祭」ですが
何せほとんどの人が初めての経験。

 

やっぱりマナーやしきたりは気になりますよね。

 

そこで今回は
地鎮祭のしきたりやお供え物、マナーについて
ご紹介いたします。

 

 

スポンサーリンク

地鎮祭の奉納酒!本数とのしの表書き!

地鎮祭」とは
その土地の神様に家を建てることを知らせ
許可をしてもらい
建築工事の安全や家庭の繁栄を祈願する儀式です。

 

地鎮祭では「奉納」が必要となります。

 

の種類については
いわゆる「日本
を用意するのが昔からの伝統です。

 

間違ってもウイスキーやワインはダメですよ!

 

神式・仏式の地鎮祭は日本オンリーです。

 

銘柄についての決まりは特にないものの
縁起が良いと言われる

 

「松竹梅」や「白鶴」が

 

地鎮祭の奉納がよく使われているそうですよ。

 

地鎮祭にはおが必要だから持ってきてね~

なんて言われますが
そもそもおといっても
何?を持っていけばよいのかわかりませんよね。

 

だって種類はあるし
詳しくない人からしたら
何をどのくらい用意したらいいの?
なんて悩むことだってあるでしょう。

 

わからなければ
「松竹梅」や「白鶴」
を持っていけば間違いないでしょう。

 

また一般的には
同じ日本の銘柄の一升瓶を
2本用意する必要があります。

 

近頃は、箱に2本入っている状態で
売っているお店や通販も多いので
それを準備すれば大丈夫ですよ。

 

相場についても特に決まりはないので
自分たちの予算の範囲で用意しておきましょう。

 

のしの表書きには
「奉献」または「奉納」
と書いてくださいね。

 

初めてのことで
の相場・のしの表書きや書き方など
わからない人はたくさんいるとおもいますので
是非こちらを参考にしてみてくださいね。

 

地鎮祭を行う意味は?段取りは分からないし費用はいくら?
地鎮祭とは 家を建てる前に、神様に工事の無事を祈願すること。 大体の方はその程度しか分かりませんよね いざ自分がやるとなると どうすれば良いのか見当もつきません。 地鎮祭をするに...

 

地鎮祭ののし袋!金額と相場とのし袋を選ぶポイント!

初めての地鎮祭

 

神主さんに渡す
「初穂料」っていくら包めばいいの?

 

のし袋ってどうしたらいいの?

 

こんな疑問も出てきますよね。

 

一般的な地鎮祭の際に渡す金額の相場ですが
だいたい2~5万円と言われ
ほとんどの人が3万円に落ち着くそうです。

 

神社によっては金額が決められているところも
あるそうなので
その場合には従いましょう。

 

それからのし袋

 

のしの表面にはどう書けばよいの?
かという疑問についてですが

 

のし袋には
「玉串料」または「初穂料」
と書くようにしましょう。

 

どちらでも間違っていないので
どっちでも構いません。

 

もうここはお好きなほうにしてくださいね。

 

この時ののし袋を選ぶポイントは
「あわじ結び」の水引の形の袋にしてくださいね。

 

「あわじ結び」は
結び切りと同様に
ほどくのが困難な形をしています。

 

これには
「末永くお付き合いしたい」
という意味があるので
「慶事」や「弔事」に使うのがおすすめです。

 

地鎮祭の水引は
末永く幸せが続く
「あわじ結び」にしてくださいね。

 

ここで注意してほしいのが
店頭にはたくさんの種類の
のし袋があります。

 

実際に水引が結んであるものもあれば
水引が印刷されているものもあります。

 

地鎮祭の場合には
印刷された水引はふさわしくないので
やめましょう。

 

印刷された水引は
「1万円程度の金額までに使う」
というのがマナーなので、気を付けて下さいね。

 

地鎮祭の服装はどうしたら良い?失敗しないマナーとは!
地鎮祭の時って 服装はどうすれば良いのでしょうか。 あまり経験しないので分からないですよね。 浮いた格好で参加する羽目になっても困ります。 この記事では 地鎮祭の服装に関してのマナーと ...

まとめ

地鎮祭のしきたりについてご紹介しました。

 

地鎮祭の奉納には、日本を2瓶。

 

水引は「あわじ結び」の印刷されていない
実際にきちんと結ばれているもの。

 

金額は2~5万円が相場
であることがわかりました。

 

これから地鎮祭を行う方は
ぜひ参考にして
素敵なマイホームを建てましょう。