主婦の一日の家事は平均175分?家事効率をよくするこんな方法!

専業主婦でも兼業主婦でも
毎日必ずやっているが家事です。

 

炊事に洗濯に掃除に
ここに育児が加われば
いくら時間があっても足りないくらいです。

 

やらなきゃいけない事が多すぎて
家事が苦手な人にとっては
こなすだけでも一苦労

 

これだけあると一体家事
費やしている時間平均どのくらい
か気になってきますよね。

 

その家事をどのくらいの配分で
どうしたら効率よくできるのかも
同時に知りたいですよね。

 

料理が苦手
掃除もあまり上手く時間を使えない。

 

そんな家事にかける時間が気になる人や
効率よく家事が上手くこなせない人に
おすすめしたいのが

 

家事効率化」です。

 

ちょっとしたことで
今まで時間をかけてやってきた家事
スムーズに効率よくできる方法と
主婦の平均家事時間についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

主婦の平均家事時間は一体どのくらい?

家事って言っても
大きく分ければ掃除に洗濯に炊事と
分けることができますが

 

「洗濯する→干す→取り込む→
畳む→アイロンがけ」

 

のように細分化すると
やるべきことが増えて

 

「目に見えない家事」がたくさんあるのです。

 

もちろん、専業主婦なのか兼業なのか?

 

はたまた
子供がいるいないによっても
やることや時間が増えてきますよね。

 

1日は24時あるけれど
世の主婦たちは
この24時間のうち
一体どのくらいの時間家事をしているのか
調べてみました。

 

インターネットの調査によれば
主婦の1日の平均家事時間

 

「175分」。

 

1週間で「1225分」

 

これだけの時間
家事に費やしているということがわかりました。

 

1日175分ということは
1日の平均は約3時間

 

半分以上が料理に時間を費やしているそうです。

 

3時間という数字をみると
なんとなく「それだけ?」と
思ってしまいがちですが

 

これを毎日休むことなく
ずっと続けていると週末には結構クタクタ。

 

疲れちゃって
あんまり動きたくなくなったり
ご飯づくりも放棄したくなります。

 

結構、家事って重労働です。

 

一つ一つの家事動作を
細分化してかかった時間を書き出してみると
私は3時間では収まりませんでした。

 

買い物をしたり
子供がいればお世話もしなければならない

 

仕事をしているなら
仕事以外の約3時間家事をする

ということになると

 

主婦はほぼフルで一日中
何かしら仕事をしていることになります。

 

この家事時間3時間には
休憩はもちろん含まれていないので

 

例えば仕事が8時間
家事3時間
通勤に往復1.5時間
買い物に1時間
睡眠に6~7時間とすると
自分の風呂やトイレを含む
自分時間なんて全然ありません。

 

どうにかして、
自分時間の確保と家事
もう少し要領よくこなしたいですよね。

 

平均家事時間が約3時間
これを効率よくできる方法については
私のやってる方法をお伝えしますね。

 

 

ラクできるだけラクしちゃおう!効率の良い家事方法!

一言に家事と言っても
やるべきことが次々と出てくるわけですが
一つ一つ本当に時間がかかるし

 

イレギュラーな予定が入ったりし
番狂わせですよね。

 

そこでで
きるだけ家事効率よく無駄なく時短できる
家事のタスクを減らせる方法をご紹介します。

 

「ついで」「ながら」「すきま」家事法

「ついで」家事
同じ作業を一緒に行うことです。

 

例えば朝食を準備する過程で
夕食にも使う素材があれば
朝のうちに一緒に終わらせてしまう。

 

「ながら」家事
複数のことをしながら同時に行うことです。

 

「すきま」家事
空いた時間にタスクをこなすこと。

 

少し工夫するだけで
タスクが減るのでおすすめです。

 

買い物は宅配やネットスーパー法

例えば幼稚園バスの待ち時間
ネットスーパーで
買い物をしていく時間の短縮ができます。

 

おまけに家にまで届けてくれるので
本来なら1時間ほどかかるお買い物時間
短縮できます。

 

また
「生協」や
「パルシステム」

 

などの宅配を利用すれば
こちらも週に決まった時間
注文したものを届けてくれるし
週5日のうち3日分の献立キットが
あったりもするので
メニューを考えたりする手間も省けて

 

「今日は何にしようかな?」

 

という悩みも減ります。

 

家事代行や家電のフル活用法

少し費用が掛かってしまいますが
最近よく聞く
家事代行サービス」を利用するのもお勧めです。

 

普段手の行き届かない部分の掃除や
料理の作り置きなど
家事にかかる3時間がぐっと減り

 

家事をしなきゃ」感がなくて済みます。

 

月に数回など
リフレッシュを兼ねて頼むのもありです。

 

また、今はかなりすごい機能をもつ家電が
数多くあります。

 

掃除ロボットや食洗器
衣類乾燥機など家事負担を減らせて
時短にもつながり便利なものばかりです。

 

こちらもぜひ活用してみてくださいね。

 

家事のシェア法

これは一人暮らしの場合を除きますが
家族で協力して家事をシェアする方法です。

 

洗濯ものは各々で畳んだりしまったりする
ごみ捨て担当を決めるなど
家事分担とも言いますが協力を得て
少しでも負担を減らし
その分自分時間を確保をしたり
他の家事時間を使うなど有効活用しましょう。

 

まとめ

家事は得意不得意があります。

 

でも避けては通れない
生活をする上で必要なことです。

 

完璧にすべてをこなそうとはせずに
できる範囲で頼れるところは頼り
いい具合に
手を抜きながらやってみてくださいね。