断乳のコツ!?昼から夜へと分けて始めるやり方で自然と卒乳に

 

昔は1歳になると

断乳しなさい

という考え方が強かったみたいですが

 

最近は好きなだけ飲ませてあげたらいい

という考え方です。

 

ですが、仕事に復帰などの理由から1歳頃に

断乳するお家も多い事でしょう。

 

しっかりと断乳に向けての準備をするには

どういう生活を送れば良いのか?

昼と夜の断乳時期の過ごし方を

先輩ママたちがお伝えします。

 

 

 

スポンサーリンク

知って良かった断乳のやり方!先輩ママが教える寝かしつけ!

子どもがいるママさんの悩みの種の一つ

それは断乳です。

 

断乳はこちらの都合なので

やはり卒乳よりはなかなか大変です。

 

赤ちゃんが自然とお乳を欲しがらなくなり

そのまま飲まなくなるのが卒乳

つまり赤ちゃんの都合です。

 

断乳とは

何か理由があってお乳をやめること

こちらの都合です。

 

まず昼間の断乳について話します。

 

昼の授乳をやめるには、どうしたらいいか。

 

1番有効なのは出かけてしまうことです。

 

子どもの楽しめるところに出かけ

外でたくさん遊ばせてあげましょう。

 

そうすることで

出かけている間は

お乳を欲しがらない可能性が高いですし

疲れさせてしまえば寝かせるのも楽です。

 

お乳を飲まないことで

水分不足になることがありますので

気をつけてこまめに

水分を飲ませてあげましょう。

 

昼間にお乳を飲まず

夜の寝かし付けの時だけになれば

次の段階です。

 

完全に断乳をする日を決めるときは

必ずそこから3日ほどは

スケジュールを空けておきましょう。

 

できればパパさんのお仕事もお休みで

子どもの相手を手伝ってもらえるときの方

がおすすめです。

 

なぜかというと

断乳を始めて3日ほど過ぎると

子どもももらえないことを理解し

落ち着く傾向にあるんです。

 

そのかわりその3日は

なんとかあげないように

工夫が必要なんですね。

 

お盆などの

長期の休みを利用する方が多いそうです。

 

日が決まったら

その日までは好きなだけ飲ませてあげて

かまいません。

 

断乳数日前になったら

カレンダーを見ながら子どもに

もうすぐおっぱいは終わりだということを

話しましょう。

 

この日に終わりだとわかるように

印をつけておいてあげるといいと思います。

 

そして毎日あと何日だね、と子どもと話し

子どもに心の準備をさせてあげましょう。

 

これをするのとしないのだと

ずいぶんと変わってきます。

 

1歳にもなると

こちらの話も

ずいぶんとわかるようになってきます。

 

いきなりおっぱいダメ!といわれると

どうして?!となりますが

ある程度先に予告しておくことで

少しではありますが

子どもも受け止める準備が出来てきます。

 

そして断乳当日

ついにこの日がやってきた!

 

ここからは子どもとママさんの我慢比べです。

 

夜に寝やすいよう

昼間はたくさん遊んで疲れさせます。

 

それですんなりと寝てくれればいいですが

そうはいかないでしょう。

 

この1日でなんとか出来たらいいですが

そんなにすんなりいくのはごく一部。

 

実際はお乳欲しい!眠たい!で

イライラしまくりの大泣きでしょう。

 

ここで大事なのは

どれだけ泣いても絶対にあげないこと。

一度折れてしまうと

次も泣けばくれると思って

余計に断乳が難しくなります。

 

泣いたら抱っこで揺すってあげたり

絵本を読んであげたり

子どもが落ち着くよう

に色々試してみましょう。

 

子どもが落ち着く音楽などをかけてやるのも

効果的ですよ。

 

背中をさすってあげて安心させてあげたり

歌を歌ったり

その子によって落ち着く条件が違いますから

思いついたことは全てやってあげましょう。

 

 

 

パパも協力!1歳児断入時の夜泣き対策!

断乳時の夜泣きは本当に大変です。

 

ここはパパの力も借りましょう。

 

ママの顔を見ると

おっぱいを思い出して泣き出す子もいます。

 

いっそことここはパパに任せ

ママは別の部屋で寝てしまうのも手です。

 

子どもの泣き声

パパの戸惑いが部屋越しに伝わってきても

そこは我慢!

 

夜泣きは一生続くわけではありません。

 

ここ数日を乗り越えたら!と割り切って

思いっきり泣かせちゃいましょう。

 

ママはその泣き声に

罪悪感を抱かずにはいられない

かもしれません。

 

しかし、これは子どものためでもあります。

 

あまり思い詰めないようにしましょう。

 

パパは大変ですが

いつもママはこうやって

子どもを見てくれているのだと

感謝を感じながら

ママの代わりになってあげてください。

 

 

まとめ

子どもの断乳は大きな試練となります。

 

ママと子どもだけのイベントではありません。

 

家族全員で協力をして

この試練を乗り越えましょう。

よろしければポチッとお願いします。


人気ブログランキング

子育て
スポンサーリンク
主婦導