子供が義実家へ行きたがる、聞く耳持たないばあばに困る母親必見!

子供には、将来大人になったときに困らないようルールやマナー、必要最低限のことは躾(しつけ)をしたいものです。

 

親だから、ついつい口うるさく言ってしまうのは社会に出たときに、恥をかかない為なのに。

 

でも子供は「じゃあ、ばあばの家に行くから!」と言い、義実家行きたがるんです。止めても、一人でかけだして行ってしまいます。

 

子供義実家行きたがるのは、私が母親として言い過ぎなの?

でも、今のままだと子供がわがまま言い放題で我慢を知らない子供になっちゃう、

義実家では、特にばあばが聞く耳持たず・・・。

 

こんな時、どうすれば良いのか、母親として出来る事をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

子供が義実家へ行きたがるのは食べたいものだけを食べていいから

 

孫だし、親としての責任はないばかりに可愛い可愛いで甘やかし放題になってしまう方もいらっしゃいますよね。

 

自分の親になら「それはダメ!」「やめて」と言えるけれど、相手が義両親となる話は別です。

 

子供が成長するにつれてママの意志だけではどうすることも出来ないし、無理に引き離すようなこともしたくない。

 

子どもが義実家行きたがるのって私(ママ)が怒りすぎるからなのか、でもあまりにも甘やかされすぎてわがままにもさせたくない・・・

 

義実家行きたがる頻度が多いのは、好きなことさせてくれるから。

 

一番困るのが、食べたいものだけを食べさせている!

これ、ホント困りますよね。

義実家には、いつ孫が来ても良いように買い置きのお菓子がわんさかありませんか?

家では禁止しているチョコレートだったり。

 

子供がほしがるからと言って、ご飯の直前までお菓子を食べさせる事もしばしば。

 

食事のタイミングでやられると、ご飯をきちんと食べてくれなくなり、食生活が乱れます。

お腹がすいたと言い、期限も悪くなるし、太ってしまいます。

 

食生活が崩れてしまうと、生活リズムやしつけ全てに悪影響になっちゃいます。

 

だからといって、行くなとも言えないですよね。

 

 

子供が義実家へ行きたがる頻度は?多いとわがままで手に負えない子供になる?

ばあばの子供への甘やかし行為が、あまりにも常識外れで、目に余るなら「これだけはNG」と、キッパリ・ハッキリ伝えましょう。

 

性格によっては角が立ちますが、言わなければ、エスカレートしてしまいますよ。

 

一番和やかに済ませられる方法は、旦那さんに相談して言っておいてもらうのがベストでしょう。

 

ただこれ、は効き目うっすいんですよね、

 

だから私は“しおらしく“

「お義母さん、子供の食事の時間になりますから、持って帰りますね。」

と言って、持ち帰り続けました。

 

そんなこと言い続けていたら、一人でかけだして義実家へ行った子供が、お菓子を持って帰って来るようになりました。

 

持ち帰ったお菓子をどうするのかって?・・・想像にお任せします^^

 

あっ、義実家に言うのはいいですが、子供にだけは当たらないようにして下さいね。

 

 

義実家であろうが、自分の実家であろうが、頻繁に行きたがるというのはわがままで手に負えない子供になるというのは、可愛い孫にはやはり甘くしてしまうことがそういわれる所以です。

 

家ではママやパパが親の責任としてしっかり躾をして「ダメなものはダメ」と言いますよね。

 

子どもが癇癪を起こそうが泣こうがわめこうが「だめ」と言えるはずです。

 

しかし義実家の祖父母ともなれば可愛い可愛い孫ですよね。

 

親がダメと言ったことでも、一つ返事で許してしまったり親が何か言えば庇ってくれることもあるでしょう。

 

ともなれば子供からしたら「おじいちゃんおばあちゃんなら何を言っても大丈夫」「いいんだ」と勘違いしてわがままにもなりかねます。

 

しかも義実家に行く頻度が多ければ多いほどその傾向は強くなります。

 

もちろんしっかりと孫に対してでもNOを言えるおじいちゃんおばあちゃんもいますが、やはり大半はついつい甘やかしてしまうのがじじばば。

 

私の娘はまだ2歳とちょっとなので会う頻度も少なく理解もそこまではしていないと思っていましたが、久しぶりに会ったおじいちゃんおばあちゃんにお菓子やら玩具やら買ってもらって以来「ばあばんち行きたい」と言うようになりました。

 

どこ家も一緒ですよね。

 

でもこれはママがきちんと自宅で躾をしていれば大丈夫です。

 

義実家でも実家でも祖父母って孫に対しては親でもないし責任がないので、自分に変わって甘やかさせてもらいましょう。

 

 

子供が義実家に行きたがるのは、時期が過ぎればなくなります

母親じゃなければいけない事、母親じゃなければできない事が必ずやってきます。

私が経験済みだから、強く言えます^^

 

子供からすれば、毎日毎日小言を言われたり叱られる嫌なことがある方よりは、たくさん甘やかしてくれて優しいおばあちゃんやおじいちゃんの方がいいと思うのは当然ですよね。

 

私自身、厳しい両親でしたので幼少時はやさしい祖父母が大好きでした。

 

だって何よりも怒られないですもの。

 

好きなものもくれるし、子どもにとって祖父母はママよりも優しい甘やかしてくれる存在。

 

『ママ嫌い。すぐに怒るんだもん』『おじいちゃんとおばあちゃんの方がいい!』なんて子供に言われてしまうかもしれませんが、そんな言葉、さらっとスルーしましょう。

 

小さいうちは義実家にも甘やかしてくれるし欲しいものはくれるし怒られないし、子どもにとっては嫌なことがないから行きたがりますが、成長するにつれて友達同士で遊ぶ頻度が増える、義実家へ行くよりも楽しいことを見つけたりします。

 

そうなれば行きたがることも減ると思います。

 

何より、あなたは子供の母親です。

子供のどんな小さな変化も見逃さないことを、子供自身が分かっていて、安心出来るのはやっぱり母親なのです。

 

今だけだと思って少し辛抱すること。

 

ママは母親としてのスタンスを崩さず割り切ってしまいましょう。

 

 

まとめ

 

子どもはママが怒るから義実家行きたがるというよりは、行ったら何かいいことがある、欲しいものが貰えるといった要因の方が大きいでしょう。

 

ママとしてはモヤモヤしたりイライラしてしまいますが、小さいうちだけだと割り切って、スタンスを崩さずしっかり躾ていきましょう。