ジャングルジムが危険遊具!?子供が遊ぶ遊具の危険ポイント

子育て

幼稚園にあるくらいだから、この遊具は安全なのだろうと思いますよね。

どこの幼稚園にも遊具はあり、子供たちは幼稚園での遊具が大好き!

滑り台、ジャングルジム、鉄棒、ブランコなどなど、遊具を見ただけで目をキラキラさせて、さあ、これからどんな遊びをしようか、とわくわくしています。

しかし、幼稚園にあるからと言って安全とは限りません。

幼稚園遊具でも危険もいっぱいですよ。

 

幼稚園に通うお子様が、自宅近くの公園で遊具を使うときに、ママが見守る時のポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

安全な遊具のポイント

良い遊具とは、

○子供の体力、意欲、想像力を成長させるもの
○安心、安全であるもの
○すぐれたデザイン性のあるもの

というポイントを押さえたもの、ではないかと思います。

子供たちは私たち大人が、思いつきもしないような遊びを考え出して、大人をびっくりさせます。

それは遊具を何かに見立てた、ごっこ遊びであったり、大人が予想できないような、危険な使い方であったり…

私の子供が通う幼稚園でも、危ない場面を見た事があります。

それなりに高さのあるすべり台の上から、いつの間にか飛び降りる遊びが始まっていたり、お家の形をした遊具の屋根によじ登ったりしていました。

幸いすぐに先生が気づいて、事故には至りませんでしたが、ハラハラしますよね。

自由な発想で遊ぶことは良いことですが、突拍子もない遊び方で、重大な事故が起きてしまっては大変です。

スポンサーリンク

優れた遊具とは

遊具における安心、安全についての、重大な考え方を知っておきましょう。

遊具には、「リスク」と「ハザード」という考えがあります。

「リスク」は、遊びの楽しさに伴う危険で、挑戦する意欲をかきたててくれる、予測できるものです。

「ハザード」は、あってはならない危険、死亡事故や重症事故につながる危険です。

優れた遊具とは、「ハザード」が取り除かれて、適度な「リスク」で、学び成長していくものです。

遊具を選ぶときは、「ハザード」と「リスク」の考え方を参考にしてみてください。

遊具で起きる事故やトラブルは事前に回避

遊具には危険がつきものです。

幼稚園では、子どもたちを遊ばせる時には、必ず先生が一緒で、危険がないよう目を光らせています。

たくさんのクラスの子どもたちを、一斉に出す時には、全員の先生で見守ります。

ご家庭でも、子どもたちに、勝手に遊ばせるということは、しないようにしましょう。

事故やトラブルが起きやすいポイントを押さえることで、トラブルを回避することが出来ますよ。

滑り台

ただ滑るだけと思いきや、結構危険です。

だいたいの滑り台は、滑ってすぐは転落防止で、壁のようになっていますが、真ん中くらいからはありません。

年少さんの子が、真ん中に差し掛かった時に、横から落ちると言うことが考えられます。

横で支えるなど、補助がなければ、頭を打ち付けるなど、大けがをする可能性があります。

下から登ってこようとする子どもと、滑ってきた子がごっつんこ!、たんこぶを作っることも考えられます。

他の子が滑ってくるから登らないように、その子には声をかけてあげるなど、ママやパパが見守る事が必要です。

ジャングルジム

これは遊び方を間違えると、大きな怪我につながる危険が、最も高いです。

年長にもなると、ジャングルジムのジムのてっぺんで手を離し、「見て見て〜全然こわくない〜!」、なんて調子に乗ることだってあります。

てっぺんともなると、かなりの高さです。

2メートルを超えます。

この上から落ちたら、手を骨折することもあります。

高くまで上がってしまったら、一言、「落ちないように気をつけてねー!」と、必ず声をかけましょう。それだけで、危険度が違ってきますよ。

鉄棒

ジャングルジムに比べて、落ちてもそこまで高さはありません。

それでも鉄棒に座るなどして、落ちるなど考えられます。

実際にはそれよりも意外に多いのは、頭をよくぶつける事です。

鉄棒で回った後態勢を戻す時に、おでこをゴチン!という子が多い多い、たんこぶができた子もいます。

後は前に誰かがいるのに、お構いなしに前回りをして、思いっきり足が当たる、というトラブルも考えられます。

待つときはココ!と地面に線を書いて、それ以上近づかないように上手に誘導してあげましょうね。

ブランコ

ジャングルジムに次いで危険度が高い遊具。

自分でこいだものの、止めることができなくて泣いたり、落ちたりする子どももいます。

しかし、それ以上に怖いことが、ブランコが動いている前を横切った子の頭に、ブランコが直撃するような事態です。

頭を切るなどしますし、危険です。

これは家の近くの公園なんかでも、同じ事が言えますので気をつけましょう。

あげ出すとキリがないですが、大きなところはこのようなものです。

幼稚園では、先生たちがある程度、そういったトラブルを想定しながら、子どもたちを見ています。

雨の日に室内で体力が有り余ってる、外出自粛による運動不足対策として、鉄棒運動は家で楽しめますよ。

遊具で遊ぶときは目を離さない

普段公園でお子さんを遊ばせているなら、しっかりお子さんを見てあげてくださいね!

遊ばせている間、携帯をいじったり、他のママ友としゃべったり。

そういう時間も大切ですが、みなさんが思っているより、遊具には危険が潜んでいます。

もちろん、ビクビクしろと、いうわけではありません。

しかし、やはり警戒はしておかないと、どんなところで大きな怪我につながるか、わかりません。

危機感は常に持ちながら、必要ならば側で支えてあげてくださいね。

外では遊べない、家のおもちゃに飽きてしまった、ということもありますよね。トイサブするのも飽きさせない手ですよ。

トイサブ

まとめ

思わず大人も遊びたくなるような遊具を、幼稚園や保育園、公園で見かけることが多くなりました。

ただの遊び場としてではなく、連続性や物語性、回遊性など各メーカーが工夫をこらして、考えているのでしょう。

今の子供たちが羨ましいくらいです。

子供たちがどんな反応で、どんな顔で遊ぶのか、思い出に残る一場面にふさわしい遊具なのか。

そんなことも考えて、遊具を選んでみてはいかがでしょうか。

■子供との遊びに困ったら

>>連休は暇!子供と2人でもお出かけしてもお金を使わない場所4選!

■合わせて読みたい

>>大型連休の夫が子供と遊ばずイライラする!もし仕返しするなら方法は?

>>水遊び用オムツで温泉はアリ?赤ちゃんを大浴場に入れるのは非常識?

>>夫と子供だけの帰省で楽できる!?皆がウィンウィンの関係を保つコツ!

>>【帰省のマナー】滞在費を渡すってホント?義実家に1泊した体験談