タイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100の違いを比較!どっちがおすすめ?

スポンサーリンク
生活家電

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」の違いを比較して、どっちがおすすめなのかまとめています。

タイガー魔法瓶の圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPL-G100」と「JPI-G100」は、どちらも5.5合のご泡火炊きの炊飯器で、土鍋で炊いたお米を味わえるのが特徴。

どちらも2021年6月発売で「JPL-G100」はタッチパネル方式を採用した最上級モデル、「JPI-G100」は従来と同じくボタン操作で機能を少し抑えた下位モデルです。

タイガー圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」二つの機種の大きな違いは、

JPL-G100は、炊飯の仕上げと保温の進化でお米の甘みを引き出し操作はタッチパネル式。
JPI-G100は、遠赤9層特厚釡(特厚 約3mm)を採用で少量でもしっかりおいしく炊けるタイプ。

といった違いがあります。

他にもタイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100を比較して、内鍋炊き方操作メニューを含めた8つの違いを、ご紹介しています。

この記事では、タイガー圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」の違いを比較して、どっちがおすすめなのかを、わかりやすくまとめています。

また、共通機能についても合わせてご紹介していますので、メリットデメリットを考慮してご購入なさって下さいね。

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPL-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼圧力IHジャー炊飯器<ご泡火炊き>「JPI-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

タイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100の違いを比較の違いを比較

タイガー圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」の違いを比較しています。

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、どちらもおいしく炊きあげる事が出来ますが、主な違いについては、内鍋、炊き方、操作方式、価格です。

「JPL-G100」と「JPI-G100」の7つ違いを比較
  1. 内なべの違い
  2. 炊き方の違い
  3. 操作方式の違い
  4. 炊き分けの違い
  5. メニューの種類の違い
  6. お手入れの違い
  7. 年間電気代の違い
  8. 価格の違い

その他の細かな違いも含め、こちらではさらに詳しくお伝えしていきますね。

また、口コミや評判も気になる方はこちらからご確認いただけます。

楽天市場でタイガー圧力IHジャー炊飯器炊きたて「JPL-G100」の口コミ評価を見る

楽天市場でタイガー圧力IHジャー炊飯器炊きたて「JPI-G100」の口コミ評価を見る

内なべの違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、内なべの違いがあります

内なべの違い
  • JPL-G100: 本土鍋
  • JPI-G100: 土鍋蓄熱コーティング

どちらも土鍋をうたっていますが、「JPL-G100」は、本土鍋で三重県四日市市で作られている萬古焼(ばんこやき)の土鍋を使用しています。

「JPI-G100」は、コーティングを施す事によって、本物の土鍋の使用感を再現して作られています。

「JPL-G100」は、

6層コーティングで、内側は土鍋専用フッ素加工になっています。

これにより、最高温度約280度の高火力により、お米本来の甘みを引き出します。

また、遠赤効果によりお米をじっくり芯まで加熱し、旨みを引き出します。

さらに土鍋ならではの細かく均一な泡がお米一粒一粒を優しく包み込み、ふっくらした炊き上がりになります。

「JPI-G100」は、

内側には「遠赤土鍋コーティング」、外側には「土鍋蓄熱コーティング & かまどコーティング」が施されています。

これらのコーティングにより、土鍋の蓄熱性を備え、細やかな泡立ちで沸騰します。

そのため、土鍋で炊いたように、芯からふっくら炊き上げることができますよ♪

「JPL-G100」の本土鍋ならお焦げが楽しめることがメリットですが、それなりに重さがありますので非力な方にはデメリットになります。

「JPI-G100」は、土鍋で炊いたような味を楽しめるのはメリットですが、土鍋のお焦げまではならないのがデメリットです。

炊き方の違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、炊き方が違います。

炊き方の違い
  • JPL-G100: ご泡火炊き、丹精仕上げ、おひつ保温
  • JPI-G100: ご泡火(ごほうび)炊き

「JPL-G100」は、ご泡火炊きと丹精仕上げ・おひつ保温が出来るのに対し、
「JPI-G100」は、ご泡火(ごほうび)炊きのみになります。

「JPL-G100」は、
炊飯時の蒸らし工程で、新たに「間欠呼吸」を採用したモデル。

高温を維持しながら仕上げることで、お米本来の甘みを引き出すという。

さらに、木製のおひつを手本にした「おひつ保温」も新たに呼吸回数を増やし、より本物のおひつに近づかせたとのことだ。

「JPI-G100」は、
泡立ちを高める加工を施した釜底部分を改良し、釜底の表面積を約12%アップ。(2020年モデル「JPI-A100」との比較)

約6500個の細かな凸により、さらに広範囲の泡でお米をやさしく包み込む「ご泡火(ほうび)炊き」を実現しています。

操作方式の違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、操作方式に違いがあります。

操作方式の違い
  • JPL-G100: タッチパネル搭載
  • JPI-G100: 大型クリア液晶

「JPL-G100」は、操作が簡単なタッチパネル搭載のバックライト液晶なのに対し、
「JPI-G100」は、大型クリア液晶バックライトはオレンジです。

どちらも画面サイズは従来モデルより液晶サイズ200%文字サイズ150%アップしており、説明書に頼らなくても、直感的に操作が可能です。

「JPL-G100」は、タッチパネル方式になったことによりボタンが少なくスッキリした印象はメリットですが、濡れた手で操作がしにくいのはデメリットになります。

「JPI-G100」は、ボタンによる操作に慣れている方にはメリットですが、今流行のタッチパネルでないことはデメリットです。

炊き分けの違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、炊き分けに違いがあります。

炊き分けの違い
  • JPL-G100: 銘柄巧み炊きわけ
  • JPI-G100: 少量旨火炊き

「JPL-G100」は、一合料亭炊きと70種類の銘柄巧み炊きわけが搭載なのに対し、
「JPI-G100」は、少量でもおいしく炊ける少量旨火炊き可能です。

どちらも0.5合から内蓋目盛りはありますが、通常の少量加熱ではベチャとした炊き上がりになっていた方も多いのでは?

少量のお米では、おいしく炊く事は難しいこととされていたんです。

「JPL-G100」は、「一合料亭炊き専用土鍋中ぶた」を使用することにより、0.5合の少量のお米でも料亭のような炊き立てご飯を味わうことができます。

さらに、「銘柄巧み炊きわけ」も前機種から進化し、70銘柄を炊き分けることが可能にりました。

「JPI-G100」は、少量でも旨みを引き出す加熱を金属釜で、0.5合から2合までの少量をおいしく炊きあげる事が出来ます。

メニューの種類の違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、メニューの種類に違いがあります。

メニューの種類の違い
  • JPL-G100: しゃっきり、ややしゃっきり、標準、ややもっちり、もっちりの5段階の炊き分け、3段階の火かげん調節、2種類の麦めし、3種類の炊き込み
  • JPI-G100: 少量高速、冷凍ごはん、すし・カレー、麦飯

「JPL-G100」は、しゃっきり、ややしゃっきり、標準、ややもっちり、もっちりの5段階の炊き分けで、チャーハン・カレー・白米・おにぎり・お弁当に合った仕上がりが可能。

3段階の火かげんを調節で、おこげが可能。

3種類の炊き込みメニューで、麦・雑穀・玄米に合わせて炊き込みが可能

「JPI-G100」は、少量高速冷凍ごはんすし・カレー麦飯と、普段使いに便利なメニューが搭載されています。

少量高速メニューで、お茶碗1杯が最短約15分で炊き上がり可能。

冷凍ごはんメニューで、冷凍ごはんはパサつきやベタつきを解消し、いつでも炊きたての美味しい仕上がりが可能。

すし・カレーメニューで、水分少なめの炊き上がりで簡単にすしやカレーに合うご飯を炊くことが可能です。

冷凍ごはんはパサつきやベタつきを解消し、いつでも炊きたての美味しい仕上がりになります。

お手入れの違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、お手入れに違いがあります。

お手入れの違い
  • JPL-G100: 本土鍋、マグネット式着脱内ぶた
  • JPI-G100: 内鍋、着脱式内ぶた、スチームキャップ

「JPL-G100」のいつものお手入れは、2点の洗いが必要で、内ぶたは食器洗い洗浄機に対応です。

「JPI-G100」のいつものお手入れは、内鍋、着脱式内ぶた、スチームキャップの3点で、スチームキャップは食器洗い乾燥機に対応です。

年間電気代の違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、価格が違います。

年間電気代の違い
  • JPL-G100: 1080 W 、年間電気代 2270.7 円
  • JPI-G100: 1200 W 、年間電気代 2362.5 円

「JPL-G100」は、最大消費電力 1080 Wで、年間電気代 2270.7 円です。

「JPI-G100」は、最大消費電力 1200 W で、年間電気代 2362.5 円と電気代が少しお高め。

年間電気代の計算は、年間消費電力から電気代を換算したものです。
メーカーサイトに掲載されている「年間消費電力量(kWh/年)」をもとに、1kWhあたり27円(税込)として算出しています。

価格の違い

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」は、価格が違います。

今までの違いを確認して頂くとお分かりだと思いますが、「JPL-G100」の方が「JPI-G100」より本体価格の設定が高めです。

楽天やyahoo!ショッピングに出店している家電Shopは公式ショップより安く販売していることも多いです。

ポイントの付き方が人によって違うので、バナーをクリックして最安値を確認してくださいね!

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPL-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPI-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼さらにお得に購入する方法についても、下記項目でご紹介しています。

タイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100の共通機能

タイガー圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」の共通機能もお伝えします。

タイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100の共通機能
  1. どちらも5.5合炊き
  2. カラー展開は2つ
  3. 土鍋で炊いたような仕上がり
  4. 内なべの保証
  5. 予約機能

その他の共通機能を詳しくお伝えしますね。

どちらも5.5合炊きは同じ

本体サイズは、290x220x351 mmで重さは7.4 kgです。

252x211x302 mmで、重さは5.4 kgと、見た目の大きさはごく一般的な炊飯器です。

内釜の重さで少し違いがありますが、どちらも5.5合炊きは同じです。

カラー展開は2つ

カラーはミネラルブラックとエクリュホワイトの2カラー展開。

どちらもカラーは同じです。

土鍋で炊いたような仕上がり

遠赤効果を高めて土鍋のような細やかな泡立ちで沸とうし、おいしさを引き出しすことで、土鍋で炊いたような仕上がりになります。

内なべの保証

内なべの保証がついていて、「JPL-G100」は5年補償、「JPI-G100」は3年保証です。

「JPL-G100」には土鍋には割れとフッ素コーティングはがれに5年間の保証が付いていますし、「JPI-G100」はフッ素コーティングはがれに3年間の保証が付いています。

予約機能

炊飯器には必須の保温やタイマーはどちらもしっかりと搭載されていますよ

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPL-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPI-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

タイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100をおすすめしたい人

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」をおすすめできるのはこんな人です。

「JPL-G100」をおすすめしたい人
  • 外食を控えお家ご飯を充実させたい方
  • いろんな銘柄のお米を試し、お米本来の味の美味しさを楽しみたい方
  • お焦げ好きな方
「JPI-G100」をおすすめしたい人
  • 手先が乾燥しがちでしっかりボタン操作で使いたい方
  • 土鍋ご飯は外食で済ませ、家では家のご飯として楽しみたい方
  • そこまで炊飯器に価格を出せない方

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPL-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPI-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

タイガー土鍋圧力IH炊飯器JPL-G100をふるさと納税でお得に

タイガータイガー圧力IH炊飯器5.5合「JPL-G100」はふるさと納税対象商品となっております。

ふるさと納税を利用すると、実質2,000円の負担でお得に購入できますよ。ぜひ検討してみてくださいね(。・ω・。)

ふるさと納税がはじめての方はこちらをチェック↓寄付金上限目安の計算が簡単に出来ます

CHECK>>ふるさと納税はじめてガイド[楽天]

また、ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるのをご存じでしょうか(・∀・)

Amazonではチャージ機能を使うことで、タイガー炊飯器炊きたてご泡火炊きJPI-G100をよりお得に購入することができます。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができますよ。

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%


Amazonでよくお買い物する方は使わないと損した気分になりますよ!

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

タイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100の違いまとめ

タイガーの圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」の2種類の違いを比較しました。

タイガー魔法瓶の圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPL-G100」と「JPI-G100」は、どちらも5.5合炊きで、土鍋素材をコーティングした、金属釜の内なべを採用したモデルです。

どちらも2021年6月発売で「JPL-G100」はタッチパネル方式を採用した最上級モデル、「JPI-G100」は従来と同じくボタン操作で機能を少し抑えた下位モデルです。

タイガー圧力IH炊飯器5.5合炊き「JPL-G100」と「JPI-G100」二つの機種の大きな違いは、

JPL-G100は、炊飯の仕上げと保温の進化でお米の甘みを引き出し操作はタッチパネル式。
JPI-G100は、遠赤9層特厚釡(特厚 約3mm)を採用で少量でもしっかりおいしく炊けるタイプ。

といった違いがあります。他にもタイガー圧力IH炊飯器5.5合JPL-G100とJPI-G100を比較して、細々した違いを、ご紹介してきました。

それを踏まえて、よくご検討下さいね。

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPL-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

▼圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>「JPI-G100」はこちらから購入できます

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

楽天カードはお持ちですか?

今なら新規入会で5000ポイントもらえるキャンペーンをやっています^^

この商品を実質5000円オフ、5000円以下のものなら実質無料でお買い物ができるのでとてもお得ですよね^^

時期によってはさらにプラスでポイントがもらえちゃいます

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが、常に3倍になります♪

持っていて損はないのでもしお持ちでなかったら、この機会に作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます
>>楽天カード新規入会

生活家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
主婦導