なぜ腹帯するの?由来と昔からの正しいさらしの巻き方!

 

腹帯にはどのような意味があって

なんのためにするのか

ご存じでしょうか?

 

腹帯をすることで

大きくなってきたお腹をささえ、

お腹の冷えや衝撃から守る役割

だけではないのですよ。

 

腹帯に岩田帯をお使いならさらしの巻き方。

他にも腹帯は様々な種類がありますので

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

戌の日に腹帯?いつからいつまで巻いておくの?

戌の日、腹帯、帯祝い、

妊娠して初めて聞く人もいると思います。

 

戌の日というのは腹帯を巻く日です。

 

戌の日ってあの犬のこと?

正解ですよ。

 

昔はお産で命を落とすこともありました。

 

犬は多産でお産も軽いことに

あやかろうという願いからです。

 

犬は悪霊を防ぎ

狐狸から子供を守るといわれていた

動物でもあります。

 

妊娠5ヶ月目というと

お腹が大きくなってきて、

小さく胎動も感じられる頃です。

 

『安産祈願』を受けるのが戌の日と

している方もいるようですが

決まりはありません。

 

『安産祈願』は岩田帯を準備し

神主さんに祝詞をあげてもらい、

「無事安産でありますように」と

神社で行うお祓いのことです。

 

戌の日というのは腹帯を巻く日ですので

安産祈願を受けるのが戌の日と

いうわけではありません。

 

『安産祈願』に行くならば

体調を考慮して日程を決めましょう。

 

神社に問い合わせて予約が必要か

希望の日に祈願を行っているか

問い合わせましょうね。

 

『安産祈願』を受ける神社に

初穂料の準備も必要です。

 

決められているところと

「お気持ちで」と

決まっていないところもあります。

 

前もって神社に確認してください。

 

金額は一般的に
5,000円から10,000円が相場です。

 

先ほど『岩田帯』を準備してと

お伝えしましたが

 

『岩田帯』とは

帯祝いに妊婦がお腹に巻く腹帯のこと

いいます。

 

白いさらし布でできています。

 

戌の日に腹帯を持参して、安産祈願を受け

その日に腹帯を巻く流れが多いです。

 

『戌の日に腹帯を巻く』と聞きますよね

この一連の流れを言っています。

 

体調などで、あまり出歩けない場合など

事前に家族が安産祈願を受け

腹帯を清めてもらい

妊婦さんが戌の日に腹帯を巻く事もあります。

 

5ヶ月目だと妊娠週数でいうと

16から19週の間ですね。

 

出産間近までつける人が多いですが

窮屈で外す方もいます。

 

特に決まりはありませんよ。

 

『帯祝い』は

あくまでも家庭でのお祝い事になります。

 

安産祈願に持参した腹帯をお祓いしてもらい

帯祝い(戌の日)に

その腹帯を巻くという流れでも良いですね。

 

 

 

 

ずれない楽な腹帯の巻き方!さらし以外にマジックテープ式も

岩田帯は伸縮性が無く

巻くと窮屈に感じられます。

 

江戸時代などは

縄を縛るように強く締めていたようですが

今ではその圧迫を

推奨していない医師もいらっしゃるので

ほどよく押さえる締め方が良いですね。

 

海外などでは腹帯のようなものがありません。

 

出産するまでに

「必ず」つけなくてはいけないというよりも

つけておくことで良い点がありますよ

という感じですね。

 

冬や夏でも冷房が効いていたりすると

身体は暖かいのに

大きなお腹の下の方を触ると

ひんやりしている事があったりします。

 

気付いていないうちに

冷えている事があるのです。

 

あと、どんどんお腹が大きくなっていくと、

引力に引かれるように重くなります。

 

腹帯で支えると

楽だと感じがする意見が多いですね。

 

腹帯のメリットとデメリットがあります。

 

メリット

  • お腹を固定して正しい姿勢を保つ
  •  お腹をふいの衝撃から守る
  •  冷え症を防止する
  •  妊娠線の予防になる
  •  産後の開いてしまった骨盤を早めに戻す

 

デメリット

  • 蒸れやかゆみなどの皮膚トラブル
  • 夏場は暑い
  • 着脱が手間
  • 身体が締め付けられるのが苦しい

 

 

 

岩田帯の締め方

まず、巻くときはお腹を見ながら

前屈みで締めてしまうことが多いです。

 

これは正しい巻き方ではありません。

 

前屈みで締めると

正しい姿勢にしたときに

窮屈になってしまうので

 

必ず正面を向いて

鏡を見ながら正しい姿勢で巻きましょう。

 

初期・中期

おへそは見える状態で

2センチほど下に腹帯があるのが

正しい位置です。

 

後期

初期・中期よりも

少し下の位置に腹帯をします。

 

お尻全体を巻いてしまうと

おトイレが行きにくくなりますので

お尻の割れ目にかかるくらいの

位置より下には巻かないようにします。

 

後期はきつく締めてはいけません。

 

どうしても大きく丸いお腹に巻くので

挟み込むと外れやすくなります。

 

安全ロックピンで止めるようにしましょう。

 

腹帯と呼ばれるものは

「岩田帯」だけではありません。

 

腹巻タイプ、パンツ・ガードルタイプ

ベルトタイプなどあります。

 

腹巻タイプ

妊娠初期からすこしお腹が出てきた頃なら

腹巻タイプで充分です。

 

お腹の冷えを防いで伸縮性のあるものなら

圧迫感がありません。

 

パンツ・ガードルタイプ

私はこれを使用していました。

夏用に薄いタイプもあります。

 

お腹の膨らみ部分は柔らかく伸びる素材で

大きいお腹の下にくるあたりは

支える素材になっているので

日常生活がしやすかったです。

 

ベルトタイプ

お腹の膨らみや腰回りの曲線に合わせて

マジックテープで調節ができる

ベルトタイプは

 

岩田帯よりも窮屈ではなく

しっかりと支えてくれます。

 

腹巻タイプ、パンツ・ガードルタイプ

ベルトタイプには

色柄がオシャレで

手軽なものがありますので

自分に合った腹帯

探してみると良いでしょう。

 

 

 

まとめ

安産祈願、戌の日に腹帯を巻く

帯祝い、強制ではないですが

家族にとってとても

「めでたいならわし」です。

 

家族で赤ちゃんを迎えることの感謝など

とてもあたたかい行事になります。

 

つわりが重い方は行事だからと無理せずに

体調を1番に帯祝いを行いましょう。